Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

装幀の森

ユリイカ「総特集=J・R・R・トールキン」、佐藤達夫『植物誌』…「装幀の森」第九回 柳川貴代-かみのりんかく-【〈紙魚の手帖〉vol.14(2023年12月号)掲載】

『ピラネージ』『人魚の嘆き・魔術師[復刻版]』『美しき瞬間』…「装幀の森」第八回 柳川貴代-もじのしょうそく-【〈紙魚の手帖〉vol.13(2023年10月号)掲載】

『風配図 WINDROSE』『ヒュパティア』『覚醒せよ、セイレーン』…「装幀の森」第七回 柳川貴代-よそくのゆくえ-【〈紙魚の手帖〉vol.11(2023年6月号)掲載】

『悪口と幸せ』『Row&Row』『家怪』…「装幀の森」第六回 アルビレオ-タイトルロゴ迷宮〈2〉-【〈紙魚の手帖〉vol.10(2023年4月号)掲載】

『タイム・オブ・デス、デート・オブ・バース』『植物少女』『「争い」入門』…「装幀の森」第五回 アルビレオ-扉を開けて-【〈紙魚の手帖〉vol.09(2023年2月号)掲載】

『不安なモンロー、捨てられないウォーホル』『ペーパー・リリイ』『心の壊し方日記』…「装幀の森」第四回 アルビレオ-ピンク七変化-【〈紙魚の手帖〉vol.08(2022年12月号)掲載】

『語学の天才まで1億光年』『エモい古語辞典』『日本語を味わう名詩入門1』…「装幀の森」第三回 アルビレオ-憧れイラストレーター-【〈紙魚の手帖〉vol.07(2022年10月号)掲載】

『自閉症のぼくは書くことで息をする』『星屑』〈世界ショートセレクション〉…「装幀の森」第二回 アルビレオ-タイトルロゴ迷宮〈1〉-【〈紙魚の手帖〉vol.06(2022年8月号)掲載】

『雌犬』『ユ・ウォン』『むずかしい女性が変えてきた』…「装幀の森」第一回 アルビレオ【〈紙魚の手帖〉vol.05(2022年6月号)掲載】

東京創元社ホームページ
記事検索
最新記事
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


創立70周年


東京創元社特設サイト