Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

紙魚の手帖

貫井徳郎、待望の新連載スタート! 『紙魚の手帖vol.15 FEBRUARY 2024』

アーデン『塔の少女』、ヒグエラ『最後の語り部』、ビジョルド『魔術師ペンリックの仮面祭』…紙魚の手帖vol.12(2023年8月号)書評 三村美衣[ファンタジイ]その2

ノヴィク『テメレア戦記7』、フォード『クォークビーストの歌』、ステッドマン『スカンダーと幻のライダー』…紙魚の手帖vol.12(2023年8月号)書評 三村美衣[ファンタジイ]その1

『地球の果ての温室で』『ガーンズバック変換』『吸血鬼は夜恋をする』『SFの気恥ずかしさ』…紙魚の手帖vol.12(2023年8月号)書評 鯨井久志[海外SF]その2

『ロボット・アップライジング』『輝石の空』『ノヴァ・ヘラス』『チェコSF短編小説集2』…紙魚の手帖vol.12(2023年8月号)書評 鯨井久志[海外SF]その1

『シュレーディンガーの少女』『回樹』『わたしたちの怪獣』『あなたは月面に倒れている』…紙魚の手帖vol.12(2023年8月号)書評 渡邊利道[国内SF]その2

『プロトコル・オブ・ヒューマニティ』『LOG-WORLD』『NOVA〈2023年夏号〉』『SFアンソロジー 新月/朧木果樹園の軌跡』…紙魚の手帖vol.12(2023年8月号)書評 渡邊利道[国内SF]その1

『風配図 WINDROSE』『ヒュパティア』『覚醒せよ、セイレーン』…「装幀の森」第七回 柳川貴代-よそくのゆくえ-【〈紙魚の手帖〉vol.11(2023年6月号)掲載】

D・M・ディヴァイン『すり替えられた誘拐』…紙魚の手帖vol.12(2023年8月号)書評 村上貴史[翻訳ミステリ]その2

ロス・トーマス『愚者の街』、ミシェル・ビュッシ『恐るべき太陽』…紙魚の手帖vol.12(2023年8月号)書評 村上貴史[翻訳ミステリ]その1

東京創元社ホームページ
記事検索
最新記事
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり