Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

宇田川拓也

久青玩具堂『まるで名探偵のような 雑居ビルの事件ノート』、霞流一『エフェクトラ 紅門福助最厄の事件』…紙魚の手帖vol.12(2023年8月号)書評 宇田川拓也[国内ミステリ]その2

井上悠宇『不実在探偵の推理』、森川智喜『動くはずのない死体 森川智喜短編集』…紙魚の手帖vol.12(2023年8月号)書評 宇田川拓也[国内ミステリ]その1

五条紀夫『クローズドサスペンスヘブン』、島田荘司『ローズマリーのあまき香り』…紙魚の手帖vol.11(2023年6月号)書評 宇田川拓也[国内ミステリ]その2

深木章子『灰色の家』、大崎梢『27000冊ガーデン』…紙魚の手帖vol.11(2023年6月号)書評 宇田川拓也[国内ミステリ]その1

『彼女はひとり闇の中』『東大に名探偵はいない』…紙魚の手帖vol.10(2023年4月号)書評 宇田川拓也[国内ミステリ]その2

『友が消えた夏 終わらない探偵物語』『星くずの殺人』…紙魚の手帖vol.10(2023年4月号)書評 宇田川拓也[国内ミステリ]その1

大島清昭『地羊鬼の孤独』、道尾秀介『DETECTIVE X CASE FILE #1 御仏の殺人』…紙魚の手帖vol.09(2023年2月号)書評 宇田川拓也[国内ミステリ]その2

青本雪平『バールの正しい使い方』、戸田義長『虹の涯』…紙魚の手帖vol.09(2023年2月号)書評 宇田川拓也[国内ミステリ]その1

矢樹純『不知火判事の比類なき被告人質問』、古野まほろ『侵略少女 EXIL girls』…紙魚の手帖vol.08(2022年12月号)書評 宇田川拓也[国内ミステリ]その2

東川篤哉『仕掛島』…紙魚の手帖vol.08(2022年12月号)書評 宇田川拓也[国内ミステリ]その1

東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり