【新刊ラインナップ説明会2024の動画はこちら!】

2月15日(木)に、東京創元社が2024年に刊行する注目の新刊を紹介するイベント「新刊ラインナップ説明会2024」を開催しました。今回はイベント内でゲストを招いて紹介した新刊と、創立70周年フェアの目玉企画の一つ「アニバーサリーカバー」についてご紹介いたします。

撮影可能ブースのくらり

まず国内ミステリのジャンルでご登壇いただいたのは丸山正樹先生です。2月29日の発売に先駆け、ドラマ&映画化で話題の『デフ・ヴォイス』の創元推理文庫版を先行販売しました! シリーズ続編の『龍の耳を君に』『慟哭は聴こえない』や、スピンオフ作品『刑事何森 孤高の相貌』も同じく創元推理文庫で入手できますので、ぜひお買い求め下さい。

丸山正樹先生
『デフ・ヴォイス』スライド

同じく国内ミステリでは、デビュー作にして「このミス」など4冠に輝いた『屍人荘の殺人』の著者・今村昌弘先生にお越しいただき、2024年初夏刊行予定の『明智恭介 最初でも最後でもない事件(仮)』をご紹介いただきました。タイトルからもお分かりになる通り、本作の主人公はシリーズ屈指の人気キャラクター・明智恭介です!

今村昌弘先生
『明智恭介短編集』スライド

海外ミステリのジャンルでは、これまでエリー・グリフィスの『見知らぬ人』『窓辺の愛書家』などを翻訳された上条ひろみ先生にご登壇いただきました。上條先生には2024年夏に刊行するクリスティン・ペリンの『白薔薇殺人事件(仮)』を紹介いただきました。同書は東京創元社が今年自信を持ってオススメする犯人当てミステリの大傑作です!

上條ひろみ先生
『白薔薇殺人事件』スライド

SFジャンルでは、創元SF短編賞受賞作「ランドスケープと夏の定理」でデビューした高島雄哉先生にご登場いただきました。高島先生の最新作はアニメ『SYNDUALITY Noir』およびゲームで展開される「SYNDUALITY」シリーズの前日譚『はじまりの青 シンデュアリティ:ルーツ』です。こちらは3月中旬に発売予定です! アニメやゲームと合わせてお楽しみ下さい!

高島雄哉先生

2024年の目玉は新刊だけではございません!
4月、7月、11月に全国の書店様で「創立70周年フェア」を開催いたします。
フェアの全貌は後日ご紹介いたしますが、今回は一足先にフェアの目玉企画の一つである「アニバーサリーカバー」についてご紹介いたします。
周年を記念して、発売以降長く愛され続けている名作を、箔押しを施した「アニバーサリーカバー」として期間限定でお届けします。4月の銘柄は、

アニバーサリーカバー

アーサー・コナン・ドイルの『緋色の研究』、宮部みゆき先生の『パーフェクト・ブルー』、H・G・ウェルズの『宇宙戦争』の3点です! デザインは読者の方には馴染み深いであろう、東京創元社の文庫のカバーを外した表紙をモチーフにしております。
「アニバーサリーカバー」企画は7月、11月のフェアでも開催します。今後はどんな名作が豪華カバーになるのか、お楽しみにお待ち下さい! フェアの詳細は近日公開予定の特設サイトでお知らせいたします。

新刊ラインナップ説明会終了後は司会の池澤春菜さんとゲストの皆様と一緒に写真撮影も行いました。

集合写真

創立70周年の新刊やフェア企画に、ぜひご期待下さい!


デフ・ヴォイス (創元推理文庫)
丸山 正樹
東京創元社
2024-02-17