発売即重版決定!! 櫛木理宇による圧倒的戦慄のサイコサスペンス、
『執着者』(創元推理文庫)によせられた書店員さんの感想第2弾をご紹介します。


syutyakusya


平凡な会社員の女性に突如降りかかった、老人による執拗なつきまとい。何か隠している恋人、深刻に捉えない警官……誰もこの地獄から助けてくれない。一方、若夫婦が都内の自宅で老人に襲撃され、夫は死亡、妻は攫われる事件が起きる。二つの事件に関連する老人は何者なのか、そしてその目的とは。圧倒的筆力で読者を放さない、戦慄のサイコサスペンス。『老い蜂』を改題文庫化。解説=古山裕樹


地獄を書くのも上手ければ、希望の糸を描くのも上手い。
櫛木先生の凄味を見せつけられました。
苦しいのに救いを求めてページをめくる手が止められない。
ラストまで辿り着いた時の気持ちを共有したい、味わっていただきたいです。
(A.Kさん/大垣書店京都本店) 

はじめはなにが起きているのか分からない恐怖。
誰も助けてくれない恐怖。とにかくこわくてたまらなかった。
怖くて助けてほしくて読む手を止められなかった。
(伊賀理江子さん/福岡金文堂志摩店) 

ストーカーする老人がものすごく怖くて、
でも途中で止めると余計に怖いのでビクビクしながら読んでいたのですが、
捜査が始まってからは怖いのを忘れてのめり込んでいきました。
「老人だから」と被害を深刻なものとしてとらえてもらえないのがリアルで恐ろしかったです。
(玉井佐和さん/丸善丸の内本店) 

小さなひとりの老人によりもたらされる非日常。
そのギャップに直接的なダメージと精神的なダメージが加速する。
その描写はとても不気味で絶望感や虚無感に蝕まれていく心をとてもリアルに感じました。
事件の真相が徐々にカタチ作られていく様子は驚きの連続。
最後の最後まで気を抜く隙を与えてもらえませんでした。
読み応えありまくり。おもしろかったです。
(山道ゆう子さん/未来屋書店宇品店) 

得体の知れない恐怖にさらされているのに周りには理解されない状況が、
とても恐ろしく思えました。彼女たちがどれほど怖かったことでしょう……。
真相に近づいていくにつれて、予想と違う事ばかりが起きて、
でも最後には「全部繋がっていたんだ……!」という衝撃とある意味での感動。
とても面白かったです!
(井上さん/喜久屋書店橿原店)  

サイコキラーやドメスティックに特化した "黒”理宇氏かと思いきや、
めちゃくちゃ読ませる警察ミステリーで一気読み必至でした!
老人だけに注視していると足元をすくわれる。
ぜひシリーズとして続編も読みたい!
(阿久津さん/TSUTAYA黒磯店) 

女性からしたら、年寄りであっても男性は男性で。
男性の力に対して、女性の非力さは歴然としている。
その恐ろしさが、男性に伝わらないという状況がリアルに書き出されていて心の底から怖かった。
その恐怖が伝わらない事の無力感やるせなさが諦めが見事に描き出されていた。
(山本智子さん/文真堂書店ビバモール本庄店) 


書店員さんの感想第1弾はこちら!



■書誌情報
書名:『執着者』(しゅうちゃくしゃ)
著者:櫛木理宇(くしき・りう)
判型:創元推理文庫
定価:902円 (本体価格:820円)
ページ数:434ページ
写真:Jonathan Kitchen/Getty Images
装幀:舘山一大
刊行:2024年1月19日

■著者紹介
櫛木理宇(くしき・りう)
1972年新潟県生まれ。2012年『ホーンテッド・キャンパス』で第19回日本ホラー小説大賞読者賞を受賞。同年、『赤と白』で第25回小説すばる新人賞を受賞する。著書に〈ホーンテッド・キャンパス〉シリーズ、〈依存症〉シリーズ、『死刑にいたる病』『虜囚の犬』『氷の致死量』『少年籠城』などがある。

執着者 (創元推理文庫)
櫛木 理宇
東京創元社
2024-01-19