今年もアンソニー・ホロヴィッツの新作をお届けする時期がやってまいりました!
 
ナイフをひねれば

『メインテーマは殺人』『その裁きは死』『殺しへのライン』に続く〈ホーソーン&ホロヴィッツ〉シリーズ最新刊『ナイフをひねれば』(原題:The Twist of a Knife)を2023年9月に刊行します。
 
『カササギ殺人事件』以来、年末ミステリランキングで4年連続1位に選ばれたミステリ界のトップ・ランナーが贈る、最高の犯人当てミステリです。
 
毎年、最高水準の新作を発表してきた著者アンソニー・ホロヴィッツですが、今年もその期待は全く裏切られません!
なお、語り手とワトスン役をつとめる自分自身に次から次にトラブルをもたらすことで定評のあるこの〈ホーソーン&ホロヴィッツ〉シリーズ、最新刊はその到達点ともいえる内容となっています。
 
そんな『ナイフをひねれば』へ、みなさまに熱いご感想コメントをお寄せいただきたく、発売前ゲラ読みキャンペーンを実施します。
募集人数は30名で、応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。
 
募集期間は、2023年7月28日(金)~8月3日(木)です。
 
※ゲラは、最終稿前のものです。
 
【あらすじ】
「われわれの契約は、これで終わりだ」探偵ホーソーンに、彼が主人公のミステリを書くのに耐えかねて、わたし、作家のホロヴィッツはこう告げた。翌週、ロンドンで脚本を手がけた戯曲の公演が始まったが、いきなり酷評する劇評を目にしてしまう。ところが当の劇評家が、わたしの短剣で殺害される。かくして逮捕されたわたしには分かっていた。自分を救えるのは、あの男だけだと。〈ホーソーン&ホロヴィッツ〉シリーズの新たな傑作!
 
■ご応募について
・応募資格
8月7日(月)頃に発送する『ナイフをひねれば』のゲラをお読みいただき、8月28日(月)までに感想などのコメントをいただける方
 
・応募URL
以下のURLのフォームからお申し込みください。
 
『ナイフをひねれば』ゲラ版先読み応募フォーム
 
・応募期間
2023年7月28日(金)~8月3日(木)
 
・募集人数
30名
(応募多数の場合は抽選とします)
 
・結果発表
当選者にはメールでお知らせしたうえ、ご登録いただいたご住所へゲラをお送りします。
 
・コメントについて
コメントは、こちらでご用意させていただくフォームに、2023年8月28日(月)までにご記入ください。
 
※いただいたコメントは、書籍の帯、書店用POP、チラシ等の販促物の他、ホームページおよびTwitter、Facebook等で使用させていただく場合があります(コメント締切の8月28日の前よりご紹介させていただくことがございます)。
 
※ご自身のブログ、Twitter等への書き込み・ご紹介については大歓迎いたします。Twitterで本書のご感想をつぶやかれる場合は、ハッシュタグ「#ナイフをひねれば」をご活用ください。変更がある可能性がございますので、ゲラからの本文の引用はご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
 
■書誌情報
タイトル:『ナイフをひねれば』
著者:アンソニー・ホロヴィッツ
訳者:山田蘭
判型:創元推理文庫
予価:1,210円 (本体価格:1,100円)
予定ページ数:464ページ
装幀:Will Staehle / 中村聡
刊行:2023年9月上旬
 
■著者紹介
アンソニー・ホロヴィッツ/Anthony Horowitz
イギリスを代表する作家。ヤングアダルト作品〈女王陛下の少年スパイ! アレックス〉シリーズがベストセラーに。また、人気テレビドラマ『刑事フォイル』の脚本、コナン・ドイル財団公認の〈シャーロック・ホームズ〉シリーズの新作長編『シャーロック・ホームズ 絹の家』などを手掛ける。
アガサ・クリスティへのオマージュ作『カササギ殺人事件』では『このミステリーがすごい!』『本屋大賞〈翻訳小説部門〉』の1位に選ばれるなど、史上初の7冠に輝く。
さらに〈ホーソーン&ホロヴィッツ〉シリーズ『メインテーマは殺人』『その裁きは死』でもすべてのランキングで1位に選ばれ、3年連続で年末ミステリランキングの完全制覇を達成。また『メインテーマは殺人』は本格ミステリ作家クラブ設立20周年企画「2010年代海外本格ミステリ ベスト作品」に選出。『カササギ殺人事件』の続編である『ヨルガオ殺人事件』でも3つのランキングで1位に選ばれ、前人未到の4連覇を成し遂げた。
 
■訳者紹介
山田蘭/Lan Yamada
英米文学翻訳家。アンソニー・ホロヴィッツ『カササギ殺人事件』『ヨルガオ殺人事件』『メインテーマは殺人』『その裁きは死』『殺しへのライン』、ジャニス・ハレット『ポピーのためにできること』、D・M・ディヴァイン『悪魔はすぐそこに』、ポール・ギャリコ『トマシーナ』、ルイス・ベイヤード『陸軍士官学校の死』、ラドヤード・キップリング『ジャングル・ブック』など訳書多数。
 
【会社概要】
株式会社 東京創元社
〒162-0814
東京都新宿区新小川町1-5
http://www.tsogen.co.jp
 
【お問い合わせ先】
tss@tsogen.co.jp
 

その裁きは死 ホーソーン&ホロヴィッツ・シリーズ (創元推理文庫)
アンソニー・ホロヴィッツ
東京創元社
2020-09-10