解 説

三橋 曉  

 熱心な映画ファンならずとも、“マカロニ・ウェスタン”という言葉をご存じだろう。イタリア製の西部劇映画を最初にそう呼んだのは、映画解説者の故・淀川長治氏だそうだが、ヨーロッパでは“スパゲッティ・ウェスタン”という呼び方もあるらしい。
 その語感どおりに当初は紛い物の扱いだったが、当時下火だったハリウッド西部劇の本歌取りにより、イタリア映画界は大きな成功を収めた。立役者はローマ出身の監督セルジオ・レオーネで、代表作の「荒野の用心棒」「夕陽のガンマン」がなければ、マカロニ・ウェスタンの世界的ブームはなかったろう。
 その奥義は、単なるモノマネに終わらない他国文化を換骨奪胎する技術とセンスにあって、映像の様式美や哀愁漂う音楽、人間味豊かな脚本など、あくまでイタリア流を貫いた職人芸の勝利でもあった。そして、そんなイタリア流の好例が、もう一つここにある。マウリツィオ・デ・ジョバンニの〈P分署捜査班〉シリーズである。
 持ち前の暴力描写やケレン味あるガンプレイの創案などにより、娯楽性の高いエンタテインメントを目指したマカロニ・ウェスタンに対し、この警察小説シリーズの特長は、イタリア人の気質や国民性とも深い関わりがある家族主義の色濃さにある。登場人物間の感情のやりとりや、人としての思いやりの細やかさに重きを置いたシリーズのヒューマンな味わいも、そこに由来する。マカロニやスパゲッティと同様に食卓に並ぶ料理に喩えるなら、温かく風味豊かな野菜スープ(ミネストローネ)ではないだろうか?

 さて、ここにご紹介する『P分署捜査班 寒波』は、マウリツィオ・デ・ジョバンニによる『集結』『誘拐』に続く〈P分署捜査班〉シリーズの第三作である。原題をGelo per i bastardi di Pizzofalcone(「ピッツォファルコーネのろくでなしたちに凍てつく寒さを」の意)といい、本国イタリアでは二〇一四年、大手出版社のエイナウディ社から刊行された。二〇一九年には英語版も出ているが、本書を含めこのシリーズの翻訳はすべて原著のイタリア語版を底本としているそうだ。
 ところでこの作品を手にされるのは、必ずしも順を追ってシリーズを読んでこられた方ばかりではないだろう。もちろん、本作からいきなり入られても、P分署ことピッツォファルコーネ署の面々は読者を温かく迎えてくれる筈だが、実は署長をはじめとする七人がこの分署に籍を置いているのには、いささかワケがある。まずはそのあたりを軽く紹介してみよう。
 シリーズの舞台であるナポリにピッツォファルコーネ署という市警の分署は存在しないが、ピッツォファルコーネという地名は実在する。シリーズ第一作『集結』の謝辞でも筆頭に挙がっていた先達の作家エド・マクベインは、アイソラというニューヨークを模した架空の町に〈87分署〉を置き、刑事たちの活躍の舞台とした。一方、ピッツォファルコーネ署が管轄するこの市街地は、サンタ・ルチアの港を目の前に、彼方にヴェスヴィオ火山を望む風光明媚な土地で、教会などの名所旧跡もあるが、ナポリでもっとも治安の悪い地区だと読者に紹介される。
 発端は、少し前にこの地区で起きた麻薬取締事件をめぐり、深刻な不正が発覚したことだ。ギャングから押収した大量のコカインを四人の捜査官が闇市場で捌き、私腹を肥やしていたのである。やむにやまれぬ事情のあった者もいたが全員が逮捕され、監督責任を問われた署長も辞職に追い込まれた。P分署も存続の危機に立たされるが、国家警察(ポリツィア)のお偉方は、四十代とまだ年若いパルマを新署長に抜擢し、捜査体制の立て直しを図ることにした。
 しかし、老練で署の生き字引きのような副署長のピザネッリや、情報収集が得意で一児の母親でもあるカラブレーゼらの残留組はともかく、張り切り屋のパルマを除けば、新たに補充された人員は他分署の鼻つまみ者ばかり。そんな七人の“ピッツォファルコーネのろくでなしたち”が挑んだのが、『集結』『誘拐』の両事件だった。
 前途多難を思わせる新P分署の新たな船出だったが、チーフ格のロヤコーノは捜査班を牽引し、資産家の女性殺し(『集結』)を解決に導き、美術館から少年が消えた事件(『誘拐』)の真相も解き明かしてみせた。そして、この『寒波』では、季節がめぐり冬となっている。歩道が凍るほどの寒さに見舞われたある朝のこと、いつものように遅刻すれすれに滑り込んできたアラゴーナが仲間の前で軽口を叩いていると、いきなり机の電話が鳴った。新たな重大事件の始まりである。

 本部経由の通報を受け、ロヤコーノ警部とディ・ナルド巡査長補が駆けつけたのは、古い集合住宅(アパートメント)の三階で起きた二重殺人事件の現場だった。被害者は生化学の若手研究者ビアージョとその妹グラツィアで、それぞれが別々の部屋で事切れていた。第一発見者でビアージョの友人レナートや、同じフロアに住む男性同士のカップルの証言から、事件の日の昼間、玄関ホールでビアージョが男と言い争っていたとの情報が得られる。
 その頃P分署では、巡査長のロマーノと若手のアラゴーナも、厄介ごとに頭を悩ませていた。父親からの性的虐待が疑われる十二歳の生徒について、近隣の中学校のベテラン教師が相談に訪れていたのだ。最初こそドラマを見過ぎた少女の悪ふざけか女教師の妄想だろうと真剣に取り合わなかったが、校長室に呼び出された当人との面談が、そんな二人の先入観をあっさりと打ち砕いてしまう。
 二重殺人と虐待疑惑の二つの事件を同時並行で語っていくというシリーズでおなじみのスタイルは、警察小説には珍しくないモジュラー型だが、実はもう一つ、物語の水面下で語られていく事件がある。『集結』『誘拐』の二作の中でも触れられた、P分署管内で進行中の自殺を偽装した連続殺人である。
 面白いのは、その事件が一種の倒叙ミステリになっており、警察側でそれを察知しているのは、副署長のピザネッリただひとりという点だ。しかも、その彼とて殺人犯の正体に気づいておらず、犯人が誰かを知るのは読者だけという設定なのである。複数の作品にまたがる犯罪者といえば、〈87分署〉シリーズのデフ・マンが連想されたりもするが、その似て非なる犯人像もきわめてユニークだ。
 一方、前任者の不始末で世間や仲間から“ろくでなしたち”と貶められ、何をするにしても捨て鉢だったピッツォファルコーネ署の刑事たちにも、変化の兆しがある。マフィアの内通者とレッテルを貼られたロヤコーノはじめ、行きすぎた暴力を問題視されるロマーノや、署内で発砲事件を起こしたディ・ナルドも、捜査官としての自信を取り戻しつつあり、お調子者のアラゴーナまでもが、鋭い直感を発揮する機会が増えていく。袋小路に陥った虐待の件を、厳しい局面から打開するのも彼の機転がきっかけとなる。
 物語は、そんな刑事たちの横顔を浮き彫りにしながら、彼らが捜査のプロフェッショナルとして事件に取り組む姿を追っていく。仲睦まじい兄妹を殺め、姿を消した人物は誰か? その正体をめぐり事態が混沌としていく中、時折り挟まれていく謎めいた独白の章が、フーダニットの興味で読者を挑発する効果をあげている。
 やがて容疑者は、被害者たちと縁浅からぬ三人の人物に絞りこまれていくものの、決定的な証拠は得られない。真価を問われる“ろくでなしたち”だが、市警上層部の命じる捜査権返上のタイムリミットが迫ってくる。しかしそれと時を同じくして、私生活においても、それぞれの人生を左右しかねない運命の一夜が彼らに訪れようとしていた。

“ろくでなし”と呼ばれた刑事たちの再生の物語であるこのシリーズで、彼らにとってのピッツォファルコーネ署は、吹き溜まりであり、冷や飯を食うことになる場所の筈だった。しかし新たな職場は、期せずして彼らの心の拠りどころとなっていく。スキャンダルにまみれた分署とわけありの刑事たちという負と負の組み合わせが、なんともファンタスティックな化学反応を巻き起こしたのである。
 家族とは、生まれ育った家族と、婚姻で築かれる家族の二種類があると言われる。しかし捜査班の刑事たちのほぼ全員が、親子や夫婦という家族関係と縁がないか、それにまつわる喪失感や軋轢(あつれき)に苛まれている。シリーズでは、公の捜査活動と彼らの個々が私生活で抱える孤独や苦悩が交互に描かれるが、難事件の捜査はチームワークやファミリーの結束をもたらし、捜査班という職場が脛(すね)に傷を持つ彼らにとって大切な居場所となっていく。
 水を得た魚という比喩もあるとおり、刑事たちはP分署の一員となったことで、自分らしさ、すなわち優れた捜査官の才能を取り戻していく。そういう意味でこの〈P分署捜査班〉シリーズは、本来の家族においてその磁場を失った者たちが、正義という共通目的で結びつきながら、もう一つの家族を模索していく物語だともいえるだろう。

 なお、この〈P分署捜査班〉シリーズの関連作として、ロヤコーノがP分署へ配属される以前の過去が語られるという未紹介のIl metodo del coccodrillo(「クロコダイルのメソッド」)という作品がある。その内容については、作者の略歴等と併せて、『集結』『誘拐』の巻末解説に詳しく紹介されている。興味のある方は、そちらをご覧いただければと思う。
 また、気になる次回作だが、Cuccioli per i bastardi di Pizzofalcone(「ピッツォファルコーネのろくでなしたちに仔犬を」)と題し、P分署の面々は、ゴミ箱に捨てられた赤ん坊と死んだウクライナ人メイドの死をめぐる事件に遭遇し、街角から小動物たちが消えていく謎にも頭を悩ませるらしい。春を迎えたナポリで活躍する彼らとの再会が、早くも待ち遠しく思える。




■三橋曉(みつはし・あきら)
書評家。創元推理文庫での解説にウォルシュ『ウィンダム図書館の奇妙な事件』、スワンソン『そしてミランダを殺す』、セイヤーズ『大忙しの蜜月旅行』、近藤史恵『タルト・タタンの夢』など多数。

集結 P分署捜査班 (創元推理文庫)
マウリツィオ・デ・ジョバンニ
東京創元社
2020-05-29


誘拐 P分署捜査班 (創元推理文庫)
マウリツィオ・デ・ジョバンニ
東京創元社
2021-05-10


寒波: P分署捜査班 (創元推理文庫)
マウリツィオ・デ・ジョバンニ
東京創元社
2023-02-20