Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

人気の異世界青春医療ファンタジイ『竜の医師団』(庵野ゆき、創元推理文庫)登場人物&竜のキャラクターアイコンをプレゼント!


2月、3月と連続刊行の『竜の医師団』(創元推理文庫)は巨大すぎる竜の病気を治療し、健康を保つ(ことで人々の暮らしを平穏に保つ)医師団に入団した少年たちの成長を描く異世界青春医療ファンタジイ。
竜は豊穣をもらたすと同時にその大きすぎる身体は様々な自然災害ももたらす。背中が痒いといって転がれば山のひとつやふたつは潰れ、空を飛んで着地に失敗すれば川は氾濫し、新しい湖ができる。
竜にとって人間はありんこ同然の大きさ。それでも愛の生物である竜は人間の医療を受けいれる。なんだかんだと我が儘を言いつつも……。
そんな竜の病と医療をリアルに描くのは、『水使いの森』で第4回創元ファンタジイ新人賞優秀賞を受賞した庵野ゆき先生。フォトグラファーと医師の共同ペンネームです。

今回『竜の医師団2』の刊行を記念して、イラストレーターの岩本ゼロゴ先生が描かれた登場人物&竜のSNS用アイコンをプレゼントします。

《アイコン使用に当たっての注意事項》
・アイコン画像は400×400ピクセルのjpg画像です。それぞれの画像をクリックし、ダウンロードして保存のうえお使いください。
・アイコン使用は個人での利用に限ります。画像の改変や商業利用、公序良俗に反する使い方は禁止です。
・アイコンの著作権は岩本ゼロゴ先生・庵野ゆき先生・東京創元社に帰属します

《アイコンとキャラクター紹介》

竜の医師団アイコン_リョウ
【リョウ・リュウ・ジ】
カランバスでは虐げられし民であるヤポネ人の少年。孤児院の院長先生の勧めで〈竜ノ医師団〉受験に挑む

竜の医師団アイコン_レオ
【レオニート・レオニトルカ・オパロフ】
オパロフ家の子息だが、家を捨てて〈竜ノ医師団〉受験に挑む。〈真珠ノ民〉

竜の医師団アイコン_リリ
【リリ】
〈竜ノ巣〉生まれの少女。最年少の12歳で入団。〈重機班〉の〈開発部〉に所属

竜の医師団アイコン_ニーナ
【カイナ・ニーナ】
竜血管内科長。かなりの変人。〈赤ノ人〉

竜の医師団アイコン_タマル
【タマル】
〈死ノ医師団〉の医師

竜の医師団アイコン_ディドウス
【ディドウス】
カランバスの竜。世界最大、最高齢。気難しい。

竜の医師団アイコン_ドーチェ
【ドーチェ】
ディドウスの娘、故竜



くらりがお友達とB・S・ジョンソンの『老人ホーム』について語りあう


お友達のジャン=ジャック・ニャン吉(以下J=J・N)がなんだか混乱した顔つきで、文庫本を読んでいるけど、あっちを開いたりこっちを開いたりしているので、どうしたのかニャと思って訊いてみたニャ。

くらりたちと『老人ホーム』

「どうして、そんなふうに行ったり来たりして読んでるのかニャ?」
「ああ、くらりくん。この本、面白いんだ。ある夜の出来事を書いた物語なんだけど、そこには9人の人がいて(老人ホームの8人の入居者とひとりの寮母さん)、9つの章に分かれてる。一人ひとりそれぞれ同じページ数で書かれているんだ。で、それぞれの章の、例えば3ページ目の3行目を見ると、その時の同じ場面なんだけど、それぞれの人の視点で描かれているわけなんだよ」
「?」
「たとえばさ、くらりくんが今日の今のことを日記に書くとするだろ? そうすると、『J=J・Nが怖い顔をして変な本の読み方をしていたから心配になったニャ。読んだところをすぐに忘れちゃうのかニャ……? 大丈夫かニャ? おそるおそるぼくは訊いてみた。するとJ=J・Nは、その本の面白さを説明してくれたニャ』とか書くよね?」
「うん」
「でも、その時のことをぼくが日記に書くとしたら、『ぼくがB・S・ジョンソンの《老人ホーム》を大いに楽しみながら読んでいたら、くらりくんが、妙に怯えたような顔をして訊いてきた。まるでぼくがおかしくなって、読んだことをすぐに忘れてしまうから、行ったり来たりして本をひっくり返して読んでいるんじゃないかと心配しているようだった。これは滑稽千万。でも、彼は彼なりに、ぼくのことを案じてくれているというわけか……それにしても笑えるよ、くらりくんは。そしてこの小説も実に面白い』」
「ふーん」
「この場面を友人の編集者が見たとしたら彼女はこう書くかも。『あっ、生意気にもJ=J・NはB・S・ジョンソンの《老人ホーム》なんて読んでる……。ちゃんと楽しみ方を知ってるようだ。あっちこっち行きつ戻りつしながら面白そうに読んでいる。そこにやって来たくらりが、何か怖いものでも見たような顔をして、彼に質問した。もしかしたらJ=J・Nが変になってしまったとでも思ったのかも。くらりはJ=J・Nが大好きだから心配になったんでしょうね』とかね。
 これをふたりを知らないよその人が見ると『目つきの悪い猫が二匹、〈おわあ。こんばんは〉、〈おわあ、こんばんは〉とかいい合っていた。おかしなことに一匹はまるで本を読んでいるかのように文庫本をもてあそんでいる。いったいあれは何だったんだ?』とかね。同じ時に同じ場所にいて、同じものを見たってそれぞれ感じたり考えたりすることは別だからね。
 つまり、この小説は同じ夜のある時間帯に同席していた9人が、それぞれどう思っていたか? 何を考えていたか?(何も考えていなかったか?)を書いたものなんだ。
 老人たちはそれぞれ健康状態も、認知度も異なっていて、ほとんど普通に生活している人もいれば、言葉が出てこない人もいる。ほとんど、眠っているような人もいる……という状況なんだって。
 この本は今度創元ライブラリに入ったんだけど、以前は海外文学セレクションという単行本だったんだ。前に出た時は、ほとんど眠っているような意識が飛んでいる(?)人のページは、単語がポツンポツンとしか書かれていなかったり、真っ白なページもあったりで、これは乱丁ではないか? という問い合わせもあったんだって。
 同じものを見ていても、まあ素敵と思っている人もいれば、なんだこれは?と思っている人もいる。何も感じない人も、眠っている人もいる……。人生そのものだね、くらりくん」
「なんだか、悲しいようなおかしいような複雑な気持ちになったニャ。でも人生は面白いね。あ、またぼくたちでも《人生》と言っていいのかにゃ? という疑問にぶち当たってしまったニャ」


老人ホーム 一夜の出来事 (創元ライブラリ)
B・S・ジョンソン
東京創元社
2024-02-29


カバーイラストのふたりの名前は?――『はじまりの青 シンデュアリティ:ルーツ』入門講座



お久しぶりです。SF班(弟)です。

ときに皆さま、雨はお好きでしょうか……。
豪雨や霧雨、遣らずの雨など、雨にもいろいろございますが、本日ご紹介するのは猛毒の青い雨が降りそそぐ世界を舞台とした長編SF小説――高島雄哉さんの『はじまりの青 シンデュアリティ:ルーツ』(創元SF文庫)です。

現在放映中のTVアニメ「SYNDUALITY Noir」と、ゲーム「SYNDUALITY Echo of Ada」を中心として展開される大型SFプロジェクト〈SYNDUALITY〉(シンデュアリティ)の公式小説である本作。

いままさにアニメをご視聴中の皆さまも、まだご覧になっていない皆さまも、
「シンデュアリティってなに?」
「シリーズ作品との関わりは?」
「カバーイラストのふたりは誰なの?」

などなど、気になるポイントがたくさんおありのことと思います。

〈SYNDUALITY〉シリーズについて整理するために、まずは本作とゲーム、TVアニメを、それぞれの舞台となる年代ごとにまとめました。

2099年~ 小説『はじまりの青 シンデュアリティ:ルーツ』の舞台
2222年~ ゲーム「SYNDUALITY Echo of Ada」の舞台
2242年~ TVアニメ「SYNDUALITY Noir」の舞台

ゲーム「SYNDUALITY Echo of Ada」の舞台となるのは、2222年の地下都市国家〈アメイジア〉崩壊から少しの時間が経った時代。プレイヤーは人と見紛う姿をしたヒューマノイド〈メイガス〉とともに、二足歩行メカ〈クレイドルコフィン〉に乗り込み、外敵〈エンダーズ〉や他のプレイヤーたちとの戦いを繰り広げます。

対して、TVアニメ「SYNDUALITY Noir」の舞台は、ゲームから時が下った2242年。伝説の地〈イストワール〉を目指す青年「カナタ」と、彼が見つけた謎めいたメイガス「ノワール」との冒険が描かれます。

そして……最も古い時代にまで未来史を遡り、シリーズ世界をその「はじまり」から物語るのが、本作『はじまりの青 シンデュアリティ:ルーツ』です。

物語のはじまりとなるのは21世紀末の2099年。超高層都市を築くまでに発展していた旧文明は、突如降り出した青い雨によってまたたくまに崩壊してしまいます。

当時9歳だったエリロスとアイは、この滅亡をからくも生き延び、搭乗型機動装置〈クレイドル〉のパイロットである〈ドリフター〉として、貴重な資源を回収し、外敵〈エンダーズ〉をしりぞけながら成長していきます。

あらたな文明の誕生と発展をめぐるストーリーは、エリロスとアイの娘たちによって引き継がれ、ゲーム「SYNDUALITY Echo of Ada」の直前となる2222年まで、全4世代にわたって繰り広げられます。

固い友情と血縁によって結ばれた、8人の登場人物たちの顔ぶれを見てみましょう。

  登場人物一覧

第一世代
 エリロス……尖塔都市〈ラミナ〉の住人。のちにドリフター
 アイ……尖塔都市〈ラミナ〉の住人。のちにドリフター

第二世代
 エオーナ……地上コミュニティ〈パトリア〉のドリフター
 アサ……地上コミュニティ〈パトリア〉の建築師

第三世代
 エウディア……地下都市〈アメイジア〉のドリフター
 アメ……地下都市〈アメイジア〉の数学師

第四世代
 エリス……地下都市〈アメイジア〉のデータネット配信者
 アオ……地下都市〈アメイジア〉のドリフター

尖塔都市から地上コミュニティ、そして地下都市国家へと、世代とともに舞台が移り変わっていく中で、子孫たちはあたらしい文明の担い手となって活躍し、クレイドルで荒野を駆けるドリフターのほかにも、建築士ならぬ「建築師」、数学者ならぬ「数学師」など、さまざまな職業が現れます。

カバーイラストに描かれた、壊れたクレイドルの腕部に腰掛けるふたりは第四世代にあたり、金髪のキャラクターが「エリス」、黒髪のキャラクターが「アオ」です。
成熟を迎えたアメイジア社会で彼女たちが直面する危機については、ぜひ本編をお確かめください。

シリーズ作品を経て本作を読むのも、本作を読んでからシリーズ作品に挑むのも、どちらも多くの発見があるはず。
ファン必読の公式小説として、ポストアポカリプス社会の未来史を描いたSF作品として、どうぞお楽しみください!

東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


創立70周年


東京創元社特設サイト