Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

『ロボット・アップライジング』『輝石の空』『ノヴァ・ヘラス』『チェコSF短編小説集2』…紙魚の手帖vol.12(2023年8月号)書評 鯨井久志[海外SF]その1


二〇二二年八月以降に刊行された海外SFから注目作を取り上げる。

 まず何と言っても紹介したいのが、『ロボット・アップライジング AIロボット反乱SF傑作選』(創元SF文庫 一四〇〇円+税)だ。近年、創元SF文庫から良質なテーマ別海外アンソロジーが続々と訳出されているが、その中でも本書は特に傑作が並ぶ作品集となっている。不穏さをたたえながらもどこかユーモラスなチャールズ・ユウの佳品「毎朝」や、父親からもらったクリスマスプレゼントのロボットが妙な動きを……というアーネスト・クライン「オムニボット事件」など粒ぞろいだが、その中でもイチオシはアレステア・レナルズ「スリープオーバー」。不老不死を目指してコールドスリープについた研究者が目覚めた未来世界では、異次元の存在との情報戦のリソースとして人類の大半が眠らされていて……という冒頭から、およそ短編の尺とは思えないほどのスケールとアイデアが詰め込まれた傑作。長編の長さでもぜひ読んでみたい。その他、コリイ・ドクトロウやイアン・マクドナルドといった実力派作家の作品に加え、「人工知能」という用語を初めて提唱したことでも知られる、プログラミング言語「LISP」の開発者ジョン・マッカーシーによる短編といった変わり種も。


 東京創元社からは前人未到の三年連続ヒューゴー賞受賞作である《破壊された地球》三部作の完結作、N・K・ジェミシン『輝石の空』(小野田和子訳 創元SF文庫 一五〇〇円+税)も。数世紀ごとに〈第五の季節〉と呼ばれる天変地異が起こる世界で、オロジェンという地震を起こすことのできる能力者にして虐(しいた)げられる身分に置かれた人々の物語だ。完結作である今作では、ともにオロジェンである母娘(おやこ)が立場を超えて争う中で世界の謎が明かされていく。骨太な世界設定とストーリーで、すべての虐げられる立場の人々をエンパワメントしてみせる、二〇一〇年代のSF史に名を残すであろう大作だ。


 非英語圏の良作も多く刊行されている。早川書房、東京創元社に次ぐ第三のSF出版社としての地位を確立しつつある竹書房からは、『シオンズ・フィクションイスラエルSF傑作選』に続く第二弾として、『ノヴァ・ヘラス ギリシャSF傑作選』(フランチェスカ・T・バルビニ、フランチェスコ・ヴァルソ編、中村融他訳 竹書房文庫 一三六〇円+税)が出た。翻訳も担当している中村融(なかむら・とおる)氏が、非英語圏各地域のアンソロジーを渉猟(しょうりょう)したうえで「頭ひとつぬけていた」と評価したことから刊行が決まったアンソロジーである。ギリシャSFの成立を巡る序文にはじまり、ある種英語圏のSFでは読めない、異国情緒ただよう(無論、その陰には地球温暖化や難民問題といった現実の課題が存在する)作品が多数集まる。バグダッドとアテネが拡張現実上で重なり合う、どことなくチャイナ・ミエヴィル『都市と都市』風なミカリス・マノリオス「バクダッド・スクエア」や、〈大洪水〉後の世界で蔓延する謎の病気とその治療法を題材としたディミトラ・ニコライドウ「いにしえの疾病(やまい)」のあざやかな結末が記憶に残る。


 平凡社からは、これまた第二弾となるチェコSFアンソロジー『チェコSF短編小説集2 カレル・チャペック賞の作家たち』(ヤロスラフ・オルシャ・Jr.、ズデニェク・ランパス編、平野清美編訳 平凡社ライブラリー 一九〇〇円+税)が登場。今回は副題にもある通り、チェコスロバキアのSFファンダムが主催する「カレル・チャペック賞」の受賞作等を集めたアンソロジーだ。英米のクラシックSFを思わせる懐かしい匂いのする作品も多いなか、フリークスのシェイクスピア劇団が宇宙を巡業していくさまを、フリークスの少年の視点から描いたイジー・オルシャンスキー「エイヴォンの白鳥座」が目を惹く。宇宙版『異形の愛』とでもいうべきユニークな作品で、チェコSFの豊饒さを感じさせる一作。チェコSFの歴史を詳細にまとめた編者による解説も興味深い。



■鯨井久志(くじらい・ひさし)
書評家・翻訳家。1996年大阪府生まれ。〈S-Fマガジン〉などで書評やインタビュー、翻訳を担当。訳書にスラデック『チク・タク・チク・タク・チク・タク・チク・タク・チク・タク・チク・タク・チク・タク・チク・タク・チク・タク・チク・タク』がある。

紙魚の手帖Vol.12
ほか
東京創元社
2023-08-12


ロボット・アップライジング AIロボット反乱SF傑作選 (創元SF文庫)
ダニエル・H・ウィルソン
東京創元社
2023-06-12


輝石の空 〈破壊された地球〉三部作 (創元SF文庫)
N・K・ジェミシン
東京創元社
2023-02-13


『シュレーディンガーの少女』『回樹』『わたしたちの怪獣』『あなたは月面に倒れている』…紙魚の手帖vol.12(2023年8月号)書評 渡邊利道[国内SF]その2


二〇二二年八月以降に刊行された国内SFから注目作を取り上げる。

 松崎有理(まつざき・ゆうり) 『シュレーディンガーの少女』(創元SF文庫 定価八六〇円+税)は、「ディストピア×ガール」というコンセプトの連作短編集。六十五歳で死ななければならない世界での歳の差バディもの、超健康社会での肥満者公開デスゲーム、数学禁止の異世界に転生した数学苦手少女の冒険、秋刀魚(さんま)が絶滅した未来で夏休みの課題に挑む少女、南の島で人身供犠(じんしんくぎ)になる少女と超大質量回転ブラックホールからエネルギーを取り出す宇宙人の乙女、ゾンビになるパンデミックが蔓延(まんえん)する渋谷(しぶや)で量子ロシアン・ルーレットに興じる少女たち、など、過酷な世界をしたたかに生き延びる女性たちを描く六編を収録。コミカルで残酷でエモーショナルな作品集。


 斜線堂有紀(しゃせんどう・ゆうき)『回樹(かいじゅ)』(早川書房 一六〇〇円+税)は、ミステリやホラーで異才を発揮している新鋭の初めてのSF短編集。表題作と書き下ろしの「回祭」は、愛情を転移させる奇妙な物体〈回樹〉をめぐる真実の愛の物語。他に、骨に刻んだ文字に超越的な力を見る「骨刻」、映画の魂を解放するために過去の名作を葬らなければならない未来をハートウォーミングに描く「BTTF葬送」、人間の死体が腐敗も損壊もしなくなった世界で起きたテロ事件の顚末(てんまつ)「不滅」、奴隷制度下の十八世紀ニューヨークに宇宙人が降り立ち混乱を巻き起こす「奈辺」の六編を収録する。どの作品も人間心理の痛いところを容赦なく突いてくるので注意が必要だ。


 久永実木彦(ひさなが・みきひこ)『わたしたちの怪獣』(東京創元社 一八〇〇円+税)の、短編単独で初めて日本SF大賞の最終候補作となった表題作は、高校生のヒロインが運転免許を取得した日に妹がDV父を殺害し、折りよく突然現れた怪獣のために破壊されている東京へと、事件を隠蔽(いんぺい)するため遺体を捨てにいく物語。他に、時間跳躍技術を使って過去の自然災害や事故での死者を防ぐ非正規職員のささやかな犯罪小説「ぴぴぴ・ぴっぴぴ」、血を求める孤独な女子高校生と吸血鬼の交流「夜の安らぎ」、ゾンビに囲まれた映画館でホラー映画を観る「『アタック・オブ・ザ・キラートマト』を観ながら」の四編を収録。どれも壊れた世界で陰鬱に生きる人々を繊細な冷たい優しさで包み込むように描いた印象的な作品集だ。


 倉田(くらた)タカシ『あなたは月面に倒れている』(東京創元社 一九〇〇円+税)は、作者のここ十年の短編の精華を集めた作品集。スパムメールが人間のようなものの姿をとって家に訪ねてくる「二本の足で」、核戦争後の世界で、日本に“あるもの”を探す子供たちの日誌「トーキョーを食べて育った」、ほとんど意味のわからない言葉を話す猫たちが住むかつての我が家に思い出の絵を取りにいく「おうち」、AIの発展で意味を失っていく芸術家への挽歌(ばんか)を宇宙SFに昇華した「再突入」、多様性が保証され身体改変などが自由に行われる世界の真相が露(あらわ)になる「天国にも雨は降る」、立体工作が可能な、地球の形についての増殖する文章「夕暮にゆうくりなき声満ちて風」、記憶喪失の男に異星人が語りかけてくる「あなたは月面に倒れている」、ごとんという音とともに落ちてくる「生首」、鬼と底なし沼と城が出てくる「あかるかれエレクトロ」の九編を収録。前半はテクノロジーで変容した世界でも変わらない人間の営みを描いた正統的SF、後半は読み方を読者がそれぞれに考え発明する必要がある実験的な作品が主体で、どれもめちゃくちゃ面白い。



■渡邊利道(わたなべ・としみち)
作家・評論家。1969年生まれ。文庫解説や書評を多数執筆。2011年「独身者たちの宴 上田早夕里『華竜の宮』論」が第7回日本SF評論賞優秀賞を、12年「エヌ氏」で第3回創元SF短編賞飛浩隆賞を受賞。

紙魚の手帖Vol.12
小田 雅久仁ほか
東京創元社
2023-08-12


シュレーディンガーの少女 (創元SF文庫)
松崎 有理
東京創元社
2022-12-12


わたしたちの怪獣 (創元日本SF叢書)
久永 実木彦
東京創元社
2023-05-31




『プロトコル・オブ・ヒューマニティ』『LOG-WORLD』『NOVA〈2023年夏号〉』『SFアンソロジー 新月/朧木果樹園の軌跡』…紙魚の手帖vol.12(2023年8月号)書評 渡邊利道[国内SF]その1


二〇二二年八月以降に刊行された国内SFから注目作を取り上げる。

 長谷敏司(はせ・さとし) 『プロトコル・オブ・ヒューマニティ』(早川書房 一九〇〇円+税)は、個人的に二〇二二年の国内SFベストワンに推したい傑作。バイク事故で片足を失った将来を嘱望(しょくぼう)される若手ダンサーが、友人の起業家が立ち上げたダンス・カンパニーにおいて、AIで制御された義足を着けてロボットと共演する新たな試みに誘われる。そんな中、父親が認知症になり、父子二人きりの過酷な介護生活が始まる。人間のダンスで表現される「人間性」が、いかなる「手続き」によって成り立っているかをAIを利用して見つめ直しながら、しだいに「人として普通のこと」ができなくなっていく父親の、それでも残る「人間性」に直面する物語は、冒頭から一片の緩みもなく緊張感が持続する。クライマックスのダンスシーンは圧巻だ。


 八杉将司(やすぎ・まさよし)『LOG-WORLD』(SFユースティティア 二六〇〇円+税)も、人間の認知と身体性をめぐる本格SF。地球外知性によるデータベースが月で発見され、文明が格段に進歩した二十一世紀半ばの世界。過去の人間の記録である「LOG-WORLD」でなぜだか第一次世界大戦中のヨーロッパにいたあるインド人の意識にアクセスした十八歳の新田瑞樹(にった・たまき)は、傍観するだけだと言われていたのに、そのインド人の意識と記憶が消滅し、自分の意志で身体を自由に動かすことができるようになっていて、そればかりか目の前であのアドルフ・ヒトラーが戦死するのを目撃する。アクセスは中止されるが、LOG-WORLDの中の瑞樹と現実世界の瑞樹が分裂して存在することに。物語はその後過去パートと未来パートが並行するかたちで、改変された歴史の行方と、そもそもLOG-WORLDとは何なのか、という謎が解明されていく。過去パートでは哲学者フッサールが登場し、瑞樹と議論を繰りひろげる思弁SF的展開も面白いが、分裂した瑞樹の「自己たち」と未来で一人だけの妻・雨子(あまね)の間で描かれるロマンスの要素も見逃せない。


 大森望(おおもり・のぞみ)責任編集『NOVA〈2023年夏号〉』(河出文庫 一二〇〇円+税)は、二〇〇九年から始まった書き下ろしSFアンソロジーの最新巻で、執筆者全員が女性という「日本SF史上初」の一冊。現実と仮想の境界が揺らぐ不気味でほんわかしたゲーム小説「セミの鳴く五月」(高山羽根子【たかやま・はねこ】)、時代小説のスタイルで書かれた犬張子のロボット小説「犬魂の箱」(吉羽善【よしばね・ぜん】)動物視点のファースト・コンタクトSF「プレーリードッグタウンの奇跡」(溝渕久美子【みぞぶち・くみこ】)など十三編を収録。他にもダイエットSFやら宇宙ロバSFやらバラエティー豊かな日本SFの現在形が味わえる。

 井上彼方(いのうえ・かなた)編『SFアンソロジー 新月/朧木果樹園(おぼろきかじゅえん)の軌跡』(Kaguya Books 二七〇〇円+税)は、SF企業VGプラス(バゴプラ)が立ち上げた掌編SFコンテストとオンラインマガジンの寄稿者を中心に編まれたアンソロジー。その理念は、日本SF界のジェンダー不均衡の是正、新人賞以外の入り口を作る、オンラインで短編SFを読むカルチャーを作ること。書籍版である本書は、「時を超えていく」「日常の向こう側」「どこまでも加速する」「物語ることをやめない」という四つのパートのテーマに分かれた短編二十五作を収録。女性生物学者がサンゴの殻に奇妙なDNAの断片群を発見するバイオSF「偉業」(一階堂洋【いっかいどう・よう】)、故郷の星が滅亡に瀕し、ディアスポラの末地球にやってきた優しい異星人「静かな隣人」(もといもと)、シナイ半島のハイテク検閲官を描く「火と火と火」(十三不塔【じゅうさんふとう】)など、宇宙SFやハイテクSFから幻想文学、実験文学的なものまで、ジャンルを拡張する企(くわだ)てと勢いのあるアンソロジーだ。



■渡邊利道(わたなべ・としみち)
作家・評論家。1969年生まれ。文庫解説や書評を多数執筆。2011年「独身者たちの宴 上田早夕里『華竜の宮』論」が第7回日本SF評論賞優秀賞を、12年「エヌ氏」で第3回創元SF短編賞飛浩隆賞を受賞。

紙魚の手帖Vol.12
ほか
東京創元社
2023-08-12


東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり