Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

【4月10日発売!】ジャナ・デリオン〈ワニ町〉シリーズ最新作『嵐にも負けず』(創元推理文庫)刊行記念、最新作の文庫本を3名様にプレゼント!


ジャナ・デリオンの〈ワニ町〉シリーズ最新作『嵐にも負けず』(創元推理文庫)が4月10日(水)に発売されることを記念し、この最新刊が当たるプレゼントキャンペーンを実施いたします!

【『嵐にも負けず』あらすじ】
新町長シーリア就任のせいで、シンフルの町はいまだ落ち着かない。長年、行方不明だったシーリアの怪しい夫も現われ、不穏さは増すばかり。そんななか、ハリケーンが襲来、困難な状況をあまたくぐり抜けてきたフォーチュンも、自然災害にはお手上げだ。なんとかやり過ごしてほっとしたのもつかの間、嵐はとんでもない置き土産を残していっていた……。今度は、偽札に殺人?! フォーチュンに公私ともども最大級の危機が迫る! 型破りすぎな老婦人ふたりの助けを借りて、フォーチュンは町と自分の窮地を救えるか? 待望の〈ワニ町〉シリーズ第七弾!

〈ワニ町〉シリーズは、アメリカの作家ジャナ・デリオンが2013年から発表しているミステリ小説の通称です。おそるべき戦闘能力を駆使して任務で暴れすぎたため、ルイジアナ州の小さな町シンフルで身を隠すことになったCIAスパイの主人公フォーチュンが、静かなはずの町で次から次へと起こる事件に、町に住む老婦人アイダ・ベルとガーティとともに巻きこまれていくという、とにかく楽しいミステリなのです。日本ではすべて島村浩子先生による翻訳で、現在『ワニの町へ来たスパイ』『ミスコン女王が殺された』『生きるか死ぬかの町長選挙』『ハートに火をつけないで』『どこまでも食いついて』『幸運には逆らうな』と、第6作まで刊行済み。日本では第1作の題名を略して〈ワニ町〉という通称で呼ばれています。

今回は最新刊の発売を記念して、その第7作『嵐にも負けず』の文庫本を3名様にプレゼントいたします。

応募方法は以下の通りです。

1:東京創元社の公式X(旧Twitter)アカウント(@tokyosogensha)をフォローする
2:下記の投稿をリポスト!


※応募締切は4月8日(月)昼12時です!
※条件を満たした方の中から「3名様」を抽選で選ばせていただきます。
※非公開アカウントは集計できないため、抽選の対象外となります。
※ご当選者のみに、4月8日(月)18時までにダイレクトメッセージ機能を使ってご連絡差し上げます。文庫を発送するため、ご住所とご本名をお伺いいたします。ご了承ください。
※当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。発送は発売日以降になる可能性もございます。
※いただいた個人情報は本の発送以外の目的には使用しません。

ふるってご応募ください!







嵐にも負けず (創元推理文庫)
ジャナ・デリオン
東京創元社
2024-04-10


伊吹亜門×羽生飛鳥×戸田義長 交換日記「歴史本格ミステリ探訪」第1回:伊吹亜門


歴史本格ミステリ探訪_バナー


3月 伊吹亜門(第1回)

東京創元社から難しい依頼が来た。創元出身の時代ミステリ作家3人を集めて、交換日記をしてみないかというのだ。私の他は羽生飛鳥(はにゅう・あすか)先生と戸田義長(とだ・よしなが)先生で、幸い親しくお付き合いをさせて貰っているお二人ではあるものの、いかんせんこれまでの人生で交換日記などしたこともないため、何をどう書いたらよいものか暗中模索の状態である。読者諸氏におかれましては何卒温かい目で見守って頂きたく、どうぞよろしくお願いします。
さて、前口上はこれぐらいにして早速本題に取り掛かろう。

   *

先日、佐賀在住の竹本健治(たけもと・けんじ)先生からお招きにあずかって、拙著『刀と傘』(創元推理文庫)を課題本とした佐賀ミステリファンクラブの読書会に参加した。以前大谷大学で行われた竹本先生の講演会でお声掛けを頂き、コロナ禍のせいで延期となっていたものが漸(ようや)く開催と相成ったのだ。滅多に無い機会であり、何より私は九州の土地柄が大好きなので、喜び勇んで西下した次第である。
5月に文庫化予定の『雨と短銃』(創元推理文庫)の再校ゲラに取り組みつつ、新幹線で新大阪から博多へ。急ぎ乗り換えた「リレーかもめ」で一路佐賀を目指す。麗らかな早春の陽射しに、鳥栖(とす)の山並みは目に染みるようだった。
会場となる公民館は、佐賀駅から歩いて10分ばかりの距離だった。旅行鞄を片手にぶらぶらと歩いた先では、竹本先生はじめ会員の皆さんに温かく迎えて頂いた。
2018年発足の佐賀ミステリファンクラブは、下は20代から上は70代まで、九州各地より多くの推理小説愛好家たちが集う会だった(竹本先生ご夫妻も会員なのだ)。活動としては毎月開催の読書会の他、創作・評論を発表する場として「雨中の伽(とぎ)」という会誌を年2回発行している(こちらはAmazonからも購入可能なので、興味を持たれた方はチェックしてみよう)。今回は実地参加17名にオンライン参加2名と大盛況だった。ありがたい限りです。
さて肝心の読書会である。「作家が老いた兆候は、矢鱈と自作について語り始めることと全国に記念碑を建て始めること」と山田風太郎(やまだ・ふうたろう)の随筆で読んで以来、私はどうにも自作について言及することを小っ恥ずかしく感じていたのだが、流石に今回ばかりは許されるだろう。収録作についての感想を拝聴しながら、執筆時の裏話や私のミステリ遍歴などあれやこれやとお話しした。読書会後には懇親会にも参加をさせて頂き、佐賀の美味しい料理やお酒に舌鼓を打ちつつ、本格ミステリについて種々語り合った。

佐賀城本丸歴史館

翌日、打って変わった薄ら寒い霧雨の下、私は雨傘を揺さぶり揺さぶり、佐賀城本丸歴史館を訪れた。
今回の佐賀旅行にはもうひとつ目的があった。今年は江藤新平(えとう・しんぺい)の没後150年であり、かの地では「没後150年特別展 江藤新平——日本の礎を築いた若き稀才の真に迫る」なる企画が開催中だったのだ(ちなみにこの日も竹本先生ご夫妻にご一緒させて頂いた。大変ありがとうございました)。
2月刊行の『紙魚の手帖 vol.15 FEBRUARY 2024』に、3年ぶりとなる〈刀と傘〉シリーズの新作読み切り短編「仇討禁止令」を発表した。是非このまま続けていきたいと思っているので、そのための題材捜しも兼ねていた訳だ。
この特別展では、江藤さんの人生を「脱藩~永蟄居(えいちっきょ)」「戊辰戦争~維新政府黎明期」「司法省設立~参議就任」「佐賀戦争」と大きく4つに分け、江藤さん自身のみならず周囲の人物の書簡や日記なども共に並べることで、それぞれの時期を多角的な視点から解説していた。
蘭学寮時代の化学結晶のスケッチや、司法省の予算が通らなかったことに憤慨して提出された長さ3メートル(!)にも及ぶ辞表の写しなど、どれも興味深い内容だったのだが、私が特に印象的だったのは、江藤新平所有と伝わるシルクハットだった。

江藤新平所有のシルクハット
【画像は展示風景。右下が江藤新平の私物だというシルクハット】

現存する江藤さんの写真はいずれも和装であり、それゆえ江藤新平に洋装のイメージはない。しかし、よく考えるとこれはいささか奇妙である。江藤さんは早い時期から海外に目を向けていた開国交易論者なのであって、そんな人物が西洋の諸文化を忌避したとは考えにくい。それにも拘わらず、洋装の写真が一枚も残されていないのは何故なのか——これは使えそうなネタだなと直感した。いつか書くかも知れませんから、気長にお待ちください。
いったい、今とは異なる時代でミステリを書こうと思い立った際、私はこのように核となる歴史エピソードを選んで、そこから物語を膨らませていくことが多い。
先日も、某社のお仕事で千利休(せんの・りきゅう)が登場する短編ミステリを書いた。これとて偶々(たまたま)手に取った『へうげもの』(山田芳裕/講談社)がべらぼうに面白く、利休の出てくるミステリを書きたくなったからに他ならない。決まっているのは「千利休を登場させる」ということだけであり、動機・トリックは勿論のこと、舞台設定や他の登場人物などそれ以外の全ては呻吟しながら捻り出さなければならなかった。もっと他に楽なやり方があるような気もするのだが、これ以外の方法を知らないものだから今更どうしようもない。飛鳥先生や義長先生の作品の創り方はどうなのだろう? 差支えなければお尋ねしたいところです。
そのような次第なので、ミステリの種となりそうな事件・人物を見つけた時の喜びはひとしおだ。他の作家さんの作品でも、史実の扱いが上手い作品に出くわすと嬉しく、そしてああ自分で気が付きたかった! と悔しくなる。ここ最近で特にそれを感じた作品は、今月文庫化されたばかりの『蝶として死す 平家物語推理抄』(羽生飛鳥/創元推理文庫)だった。
本作は、太政大臣・平清盛(たいらの・きよもり)の異母弟である平頼盛(よりもり)を探偵役に据え、平家一門の興亡と密接に絡み合った5編の時代本格ミステリを収録した連作短編集だ。
平家のなかでもどちらかと云えば異端の人である頼盛を探偵役に持って来たチョイスが憎い。歴史の授業で習うような人物ではないが、都落ちに際しては一族と運命を共にせず、あえて鎌倉の源頼朝(みなもとの・よりとも)を頼ることで最後まで生き延びたという面白い人なのだ。果たしてこの逃避行が卑劣な裏切りだったのかという点こそ、本書で解き明かされる最大の謎でもある。
都入りした木曾義仲(きそ・よしなか)に依頼(脅迫?)された頼盛が、五つの首無し屍体から義仲の恩人を探し出す第15回ミステリーズ!新人賞受賞作「屍実盛(かばねさねもり)」など、5編のいずれも時代本格として優れた本格ミステリなのだが、なかでも伊吹亜門のイチ推しは、清盛が密偵として都に放った童子の惨殺事件を追う第1話「禿髪(かぶろ)殺し」である。
この結末には舌を巻いた。大いなる歴史的事実の裏にひとりの人間の矮小な思惑が潜んでいる展開は、私が大好きな時代本格の傑作『ラスプーチンが来た』(山田風太郎/ちくま文庫)を思い出させるものだった。時代ミステリファンならば必読の一冊だろう。
さて、気が付けばいつの間にやら規程の文字数を大幅にオーバーしていた。果たしてこんな感じで良いのだろうか? 次回担当の飛鳥先生は、もっと面白いお話をしてくれることでしょう。今回で懲りず引き続きご愛顧のほどをよろしくお願い申し上げて、初回のご挨拶といたします。


紙魚の手帖Vol.15
ほか
東京創元社
2024-02-13




■伊吹亜門(いぶき・あもん)
1991年愛知県生まれ。同志社大学卒。2015年「監獄舎の殺人」で第12回ミステリーズ!新人賞を受賞、18年に同作を連作化した『刀と傘』でデビュー。翌年、同書で第19回本格ミステリ大賞を受賞。他の著書に『雨と短銃』『幻月と探偵』『京都陰陽寮謎解き滅妖帖』『焔と雪 京都探偵物語』『帝国妖人伝』がある。

刀と傘 (創元推理文庫)
伊吹 亜門
東京創元社
2023-04-19


■戸田義長(とだ・よしなが)
1963年東京都生まれ。早稲田大学卒。2017年、第27回鮎川哲也賞に投じた『恋牡丹』が最終候補作となる。同回は、今村昌弘『屍人荘の殺人』が受賞作、一本木透『だから殺せなかった』が優秀賞となり、『恋牡丹』は第三席であった。『恋牡丹』を大幅に改稿し、2018年デビュー。同じ同心親子を描いたシリーズ第2弾『雪旅籠』も好評を博す。その他の著作に『虹の涯(はて)』がある。江戸文化歴史検定1級。

恋牡丹 同心親子の事件帳 (創元推理文庫)
戸田 義長
東京創元社
2018-10-22


■羽生飛鳥(はにゅう・あすか)
1982年神奈川県生まれ。上智大学卒。2018年「屍実盛(かばねさねもり)」で第15回ミステリーズ!新人賞を受賞。2021年同作を収録した『蝶として死す 平家物語推理抄』でデビュー。同年、同作は第4回細谷正充賞を受賞した。他の著作に『揺籃の都 平家物語推理抄』『『吾妻鏡』にみる ここがヘンだよ!鎌倉武士』がある。また、児童文学作家としても活躍している(齊藤飛鳥名義)。
 

【3月29日発売!】刑事と詐欺師の姉妹が密室殺人に挑む! 三角和代/J・L・ブラックハースト『スリー・カード・マーダー』(創元推理文庫)訳者あとがき[全文]




   訳者あとがき

 バディやコンビものの作品はふたりの設定にギャップがあればあるほど、いい。
 まじめ君とうっかり君、手練れの先輩と初々しい後輩(この形容は入れ替わるとまた味わいがある)、侵略した側とされた側。本書『スリー・カード・マーダー』は正反対の姉妹が語り手で、姉は警官、妹は詐欺師だ。
 しかも、本書の特徴はそれだけではない。不可能犯罪の巨匠ジョン・ディクスン・カーのファンにもぜひぜひ読んでいただきたい密室殺人ものでもあるのだ。

 舞台はイギリス有数の海辺の行楽地ブライトン。最初の被害者はなんと空から降ってくる。地面にたたきつけられたその男は、バス停前のフラット五階の自室から飛び降り自殺を図ったかと思われたが、喉がぱっくりと切り裂かれていた。それなのに被害者の部屋を調べると、そこには誰もおらず、玄関ドアは内側から封じられているなど、逃走ルートも見当たらない。さらには血痕らしきものもなく……。
 捜査を担当するのは重大犯罪班(イースト・サセックス州、ウエスト・サセックス州、さらにはサリー州において、主に殺人事件の捜査を担うスペシャリスト)のテス・フォックス警部補だ。三十代後半、正義感の強いまじめな性格である。彼女はさまざまな事情で家族や友人と疎遠になっており、この行きづまりを打開するには仕事で成功するしかなかった。しかもこれは昇進間もない彼女が初めて指揮する事件で、さらに正式な警部へと昇進する格好のチャンスでもあった。
 しかしそんなテスを打ちのめす事実が判明する。被害者は彼女が記憶から消したいあの事件――警察に入る動機となったうえ、どうしても明るみに出すことはできない事件の関係者だったのだ。そして本件は捜査陣にとって悪夢のような不可能犯罪であるという予感。こうなると、捜査を進めるには絶対に話を聞くしかない人物が頭に思い浮かぶ。縁を切った腹違いの妹、セアラ・ジェイコブズである。
 三十二歳のセアラは父フランクが率いる詐欺師集団の中核メンバーだ。すりかえ、早業なんでもござれ、変装も得意なイリュージョニストである。古典ミステリが好きで謎解きが大好き、頭の回転が速く、陽気でふざけてばかり、人生はゲームといったふうに生きている。テスのように善悪について悩むこともない。司令塔として大がかりな詐欺の指揮を執るようにもなっているが、街なかで当たり屋のペテンを仕掛けたり、会計時にいんちきしたりといった現場のスリルこそが詐欺の醍醐味だと思っている。自由に生きているように見える彼女だが、秘密厳守の稼業のため交友範囲はほぼ身内だけで、じつは孤独だ。幼い頃に母を亡くしている彼女は十五年前に、それまで存在を知らなかった姉テスと出会って大喜びした。けれど、みずからの軽率な行動が原因で、姉とは袂を分かつことになってしまった。自分が悪いとわかっていても、〝姉に捨てられた〞と思わずにいられない。でもいまとなっては、稼業の掟として警官の姉とかかわるわけにはいかないのだ。
 一方のテスもあの犯罪王フランクが父だなどと警察内部の者たちに知られれば、いや、今回の被害者と自分とのかかわりが暴露されただけでも、昇進どころか人生の終わりだ。セアラに接触するのもリスクになるが、背に腹はかえられない。
 かくしてふたりは再会を果たすが、刑事と詐欺師では考えかたがあまりにも違っておたがいに反感を覚える。しかし、事情を知ったセアラも、それならば自分たちを守るために協力するしかないという点では意見が一致し、姉妹で事件に取り組んでいく。

 本書の読みどころはなんといっても、ミステリ好きなら誰でも心躍る〝密室もの〞の部分だ。正反対の立場にある姉妹の設定が効いていて、しっかり者のテスが警察ならではの捜査力を生かして証拠固めをし、才気煥発でひらめきに優れたセアラが推理をするという役割分担になっている。不可能犯罪にしか見えない事件をこの姉妹がどう解いていくのか、読者のみなさんもぜひ推理してみてほしい。それから密室だけではなく、思いもよらない展開も待っているのが『スリー・カード・マーダー』の鍵でもあるので、お楽しみに。
 謎解きと同じくらい、セアラのおこなう何種類もの詐欺のシーンもミステリファンには楽しんでもらえそうだ。本書の状況は主人公の姉妹にとって結構危機的なのだけれど、セアラの言動のおかげで大笑いのシーンもある。
 テスは不器用で、友人と呼べるのは直属の部下で癖の強いイケメン部長刑事くらいだ。そのうえ手がけるのは透明人間による犯行とささやかれる難事件なのに、昇進のライバルであるもうひとりの警部補は隙あらばテスの気持ちを削ろうとしてくるなど、味方がほぼいない状況である。一方、怖いものなしのセアラは信頼できる〝ファミリー〞にかこまれているが、友人らしい友人はおらず、孤独を感じている点では姉と同じ。ふたりとも相手の生きかたには感心していないけれど、交流を続けるうちにいつしか互いに影響を受けていく。そんな姉妹のかかわりの変化についても、注目だ。
 舞台であるブライトンという街にもご注目いただきたい。個人的に地方色の豊かな話が好みなので、街のさまざまな描写は文字で読んでも観光気分になれて、訳出に際して調べものが楽しいったらなかった。
 そんな本書はすでにテレビ放映権がアメリカを拠点とする製作会社ガスピン・メディアに購入されており、連続ドラマ化が予定されているから、そちらも大いに期待したい。

 このように愉快で新しい不可能犯罪ミステリを送りこんできた著者J・L・ブラックハーストは、八冊の心理サスペンスを上梓しているジェニー・ブラックハーストの別名義だ。
 彼女はブライトンからは少し離れた中西部の内陸の町シュロップシャーで生まれ育った。読書、それも古典ミステリと不可能犯罪ものが大好きで、ミステリ談義を楽しみ、自分でも創作しながら成長したようだが、作家というのはロックスターのような夢の存在で、地に足の着いた職につかねばと考えていたそうだ。職業心理学の修士号を取得し、衣料品店のマネージャーに。ところが二〇一一年、息子が生後一カ月のとき人員整理され、自分のアイデンティティを取りもどしたくて、本格的な執筆活動を開始。努力は実り、消防署の管理アシスタントとしてふたたび働いていた二〇一四年にHow I Lost Youでデビューを果たす。同作はニールセン賞銀賞に輝き、イギリス国内におけるKindleのナンバーワン・ベストセラーとなったほか、ドイツではシュピーゲル誌のベストセラー・リストにランクインした。その後、専業作家となり、現在もシュロップシャーで夫、ふたりの息子、二匹のビーグル犬と暮らしている。

 本シリーズは、今年の九月、本国で第二弾のSmoke and Murdersの刊行が予定されている。イギリスには十一月五日、十七世紀の火薬陰謀事件に由来して各地で焚き火と花火の祭典ボンファイア・ナイト(ガイ・フォークス・ナイトとも)を催す伝統があり、テスの管轄には国内最大規模の祭典で有名な街ルイスがある。この祭典において焚き火で燃やされたガイ・フォークス人形のなかから遺体が発見され、ふたたびテスとセアラが謎解きに取り組む、という内容とのこと。なにそれおもしろそう。あとがき後派のみなさんはうなずいてくださるだろうが、訳者も続きが気になって仕方がないので、この二作目を読める日を心待ちにしているし、読者のみなさんにも早くお届けしたいところだ。
 最後に、今回も的確なサポートでお世話になった東京創元社の編集者の桑野崇氏、本作を象徴する三枚のカードが踊る素敵なカバーをデザインしてくださった中村聡氏、日本版の本作りにかかわったみなさんに心からの感謝を捧げる。

 二〇二四年二月



本記事は2024年3月刊のJ・L・ブラックハースト/三角和代訳『スリー・カード・マーダー』(創元推理文庫)訳者あとがきを全文転載したものです。(編集部)



■三角和代(みすみ・かずよ)
西南学院大学文学部外国語学科卒。英米文学翻訳家。カー「帽子収集狂事件」、ブラウン「シナモンとガンパウダー」、グレアム「罪の壁」、タートン「イヴリン嬢は七回殺される」など訳書多数。

スリー・カード・マーダー (創元推理文庫)
J・L・ブラックハースト
東京創元社
2024-03-29


東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


創立70周年


東京創元社特設サイト