Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

ホロヴィッツ『ナイフをひねれば』、スワンソン『8つの完璧な殺人』…紙魚の手帖vol.13(2023年10月号)書評 村上貴史[翻訳ミステリ]その1


 まずは、各種ミステリ・ランキングにて四年連続一位を獲得(かくとく)しているアンソニー・ホロヴィッツの『ナイフをひねれば』(山田蘭訳 創元推理文庫 一一〇〇円+税)から。著者自身が視点人物となり、ロンドン警視庁の顧問(こもん)である元刑事ダニエル・ホーソーンによる事件捜査に同行し、その謎解きを小説にしていくという枠組みのシリーズで、著者を取り巻く現実が作中に色濃く投影されている点が特色。本書はその第四弾だが、冒頭で早速このコンビに動きがある。ホロヴィッツがホーソーンに対して、彼を探偵役とするミステリを書く契約を終わりにしようと申し入れたのだ。そんなホロヴィッツの目下(もっか)の関心事は、自作の戯曲(ぎきょく)『マインドゲーム』の公演である。五ヶ月に及ぶ地方巡業で好評を博したその戯曲が、いよいよロンドンのウエスト・エンドで上演されるのだ。当日劇場で観劇し、観客の反応が良好であると感じたホロヴィッツだが、その夜に不愉快な出来事を体験する。公演初日を祝うパーティに乗り込んできた著名な劇評家(げきひょうか)が、強烈な悪意に満ちた評を記したのだ。そればかりではない。翌日、その劇評家がホロヴィッツの持ち物である短剣で刺された死体として発見され、彼は殺人容疑で逮捕されてしまう……。


 ホーソーンとのコンビ解消、戯曲の初日は観客の好反応から一転して劇評家による酷評(こくひょう)、さらに刺殺事件、なんとも目まぐるしい序盤である。しかも一人称の視点人物であるホロヴィッツが逮捕され、留置場(りゅうちじょう)に入れられてしまうのだ。物語は一体どう展開するのか。この大ピンチにおいて、ホロヴィッツは一度だけ許された電話の権利で〝友人〞に支援を求めた。こうした経緯でホーソーンは劇評家刺殺事件の捜査に乗り出すことになる。彼は、ホロヴィッツの逮捕に起因(きいん)するタイムリミットに急(せ)かされつつ、事件の関係者を(ときに列車で何時間もかけて移動して)訪ね歩き、捜査を進める。その過程で劇評家をはじめとする関係者たちの過去が徐々に明らかになっていくのだが、その過去と過去の結びつきが、あるいは過去と現在の結びつきが、実に刺激的なのだ。些末(さまつ)なものと思っていた情報が他の情報と結びつくことで重要な情報に化(ば)ける凄味(すごみ)であったり、そもそも、あの情報とこの情報を重ね合わせるというホーソーンの着想の(すなわち著者ホロヴィッツの設計の)凄味であったり、良質な謎解きミステリの醍醐味(だいごみ)を満喫できるのである。期待に違(たが)わぬ出来映(できば)えだ。そのうえで、このシリーズの一作となることを十二分に意識した謎解きを行うホーソーンの姿を読むこともできて、シリーズ読者として歓喜の極(きわ)みだ。また、〈ホーソーン&ホロヴィッツ〉コンビの行く末(ゆくすえ)が気になる方も多いだろうが、それについてもきちんと言及されているのでご安心を。

 続いてピーター・スワンソンの『8つの完璧(かんぺき)な殺人』(務台夏子訳 創元推理文庫 一一〇〇円+税)を紹介しよう。

 
 ボストンのミステリ専門店を訪れたFBI捜査官のグウェンは、店主のマルコムが一〇年ほど前に公開したブログ記事に言及した。その記事でマルコムは、〝完璧なる殺人〞を描いたミステリを八つ紹介していた。発表年代順に、ミルン『赤い館の秘密』、アイルズ『殺意』、クリスティ『ABC殺人事件』、等々(などなど)。グウェンによれば、これらのミステリと共通点があると思われる殺人が、現実に起きているのだという……。

『そしてミランダを殺す』『だからダスティンは死んだ』などで複数の視点を切り替えながら読者を巧妙に誑(たぶら)かしてきた著者だが、今回はマルコムの一人語りで物語を綴(つづ)っている。自分のリストに基(もと)づいて殺人が行われているらしいという、なんとも落ち着かない状況に置かれた彼は、グウェンに一応は協力するのだが、そこはさすがスワンソンのミステリの主人公である、すべてを語るわけではない。捜査官に隠し事をするのである。そんな彼の隠し事を知りながら読者は、グウェンの捜査の進展を――予想もしなかった方向にねじれていく様を――読み進むことになる。この著者に振り回される読書体験のなんと愉(たの)しいことか。しかも今回の作品には、バラエティに富(と)んだ八つのミステリが実際の殺人にどう反映されるかという興味も備わっているのだ。なかにはアイラ・レヴィンの戯曲『死の罠(わな)』のように模倣(もほう)が困難な作品もある。殺人の真相究明に加えて、著者が先達(せんだつ)の名作群をどう扱うかという魅力もある本書は、従来のスワンソンの著作(いずれも高評価だ)にも増して複雑な味わいを堪能(たんのう)できる良作だ。

 なお、注意点が一つ。本書では、マルコムが選んだ八作品と、クリスティ『アクロイド殺害事件』の真相が明かされている。本書の性質上やむを得ないのだが、気になる方は、版元(はんもと)サイトでの立ち読み機能などを利用して、本書冒頭の注意書きを御一読戴(いただ)きたい。


■村上貴史(むらかみ・たかし)
書評家。1964年東京都生まれ。慶應義塾大学卒。文庫解説ほか、雑誌インタビューや書評などを担当。〈ミステリマガジン〉に作家インタヴュー「迷宮解体新書」を連載中。著書に『ミステリアス・ジャム・セッション 人気作家30人インタヴュー』、共著に『ミステリ・ベスト201』『日本ミステリー辞典』他。編著に『名探偵ベスト101』『刑事という生き方 警察小説アンソロジー』『葛藤する刑事たち 警察小説アンソロジー』がある。

紙魚の手帖Vol.13
桜庭 一樹ほか
東京創元社
2023-10-10




8つの完璧な殺人 (創元推理文庫)
ピーター・スワンソン
東京創元社
2023-08-12


中学時代ミステリーズ!新人賞に初投稿、高校時代に最終候補、そして名称変更前の最後の機会に受賞――『ぼくらは回収しない』(真門浩平)刊行!


文学賞や年末のミステリランキングでも注目される作家を多数輩出した
短編ミステリの新人賞「ミステリーズ!新人賞」。
第19回の受賞者、真門浩平(まもん・こうへい)さんの作品集
『ぼくらは回収しない』が発売になりました。

IMG_9371 (1)

『ぼくらは回収しない』真門浩平
(ミステリ・フロンティア/仮フランス装)

数十年に一度の日食が起きた日、名門大学の学生寮で女子学生が亡くなった。密室状態の現場から自殺と考えられたが、小説家としても活躍し、才気溢れた彼女が死を選ぶだろうか?
三年間をともに過ごしながら、孤高の存在だった彼女と理解し合えないまま二度と会えなくなったことに思い至った寮生たちは、独自に事件を調べ始める――。第19回ミステリーズ!新人賞受賞作「ルナティック・レトリーバー」を含む五編を収録。大胆なトリックと繊細な心理描写で注目を集め、新人賞二冠を達成した新鋭による、鮮烈な独立作品集。


真門さんがミステリーズ!新人賞に初めて応募したのは、なんと中学生のとき!!
そこから受験生だったときも含めて10年近く毎年応募し続け、
「ミステリーズ!新人賞」が「創元ミステリ短編賞」に
名称変更する前の最後の機会(19回)に同賞を受賞しました。

同賞の選考会では

大倉崇裕氏「動機の特異性や事件での厳しい経験を抱えつつも、
懸命に生きていく主人公など、ぐっと心に迫るものが描き切られている」

大崎梢氏「ひとつめの推理をひっくり返しての真相解明という、
ミステリ小説の醍醐味がある」

米澤穂信氏「さらなる飛躍を予感させる、次作も読みたい作家」


と賞賛されました。

またミステリ界では小説・評論の両方で大活躍する作家・阿津川辰海氏を輩出した
新人発掘プロジェクト「カッパ・ツー」でも第三期でも選出され、一躍注目を集めています!

『ぼくらは~』は独立短編集で、中学生がSNSの炎上騒動の真相を探る「街頭インタビュー」
高校の部活で起きた奇妙な盗難事件「速水士郎を追いかけて」
お笑い大会の直後に起きた悲劇「カエル殺し」など、受賞作を含む五つの作品を収録しています。

ミステリとして謎解きの楽しみ、
そして青春時代のきらめきと苦みを凝縮したような作品集をぜひお楽しみください!







【創立70周年記念企画】エッセイ「わたしと東京創元社」その1:笠井潔、北村薫、田口俊樹


70周年キービジュアル

東京創元社では創立70周年を記念し、文芸誌『紙魚の手帖』にて豪華執筆陣による特別エッセイ「わたしと東京創元社」を掲載しています。

本日と来週は、『紙魚の手帖』vol.15(2024年2月号)に掲載されたエッセイをご紹介いたします。


笠井潔 Kiyoshi Kasai

 人生で最初に読んだ創元推理文庫は、たまたま家にあったヴァン・ダインの『僧正殺人事件』で、小遣いで初めて購入したのは、エラリー・クイーンの『エジプト十字架の謎』だった。高校を一年で中退した直後に、既読作を含めて国名シリーズの通読に挑戦した。その際の初読作で記憶に残ったのは『シャム双子の謎』『チャイナ橙の謎』『バイバイ、エンジェル』『エジプト』の本歌取りだが、『チャイナ』の発想は『哲学者の密室』に影響している。「さかさま」の密室だ。

 SFでは『イシャーの武器店』をはじめ、ヴァン・ヴォークト作品を愛読した。コリン・ウイルソンの『賢者の石』は十回以上も読んでいる。こんな具合に子供のときから東京創元社の本を数多く手にしてきたから、『バイバイ、エンジェル』が創元推理文庫入りしたときは嬉しかった。国名シリーズや、ヴァン・ダインのマーダーケースシリーズと並んで、矢吹(やぶき)シリーズ全十作が黄色の背表紙で揃うところを早く見たいものだ。

1948年東京都生まれ。79年にデビュー作『バイバイ、 エンジェル』で第6回角川小説賞を受賞。 ミステリ作家、伝奇作家として活躍する傍ら、精力的な評論活動を展開。 98年に『本格ミステリの現在』の編者として第51回日本推理作家協会賞を受賞、 2003年には『オイディプス症候群』『探偵小説論序説』で、第3回本格ミステリ大賞を、小説、評論・研究の両部門で受賞。 主な著作は『テロルの現象学』『哲学者の密室』『ヴァンパイヤー戦争』『魔』など。


北村薫 Kaoru Kitamura

  今から六十年以上前、ワセダミステリクラブに入ったばかりのわたしは、

 ――明日、戸川(とがわ)さんが来るぞ。

 と聞き、うちに帰って親にいった。

 ――大学って凄いよ。戸川昌子(まさこ)が来るんだって。

 広く知られた作家の話が聞けると楽しみにして行ったら、来たのは若き日の戸川安宣(やすのぶ)さん――いうまでもなく、のちの東京創元社社長だった。その日はがっかり。しかし、そこから縁が繋がった。

 わたしの文章を読んだ戸川さんは、《あなたなら書ける》と解説を依頼してくださり、さらに《あなたならできる》と『日本探偵小説全集』の編集をまかせてくださった。おそろしいほどの信頼だ。しかし、ホップ、ステップの後には、ジャンプが待っていた。戸川さんは、不思議な杖を振るように《あなたなら……》といい、とうとうわたしに『空飛ぶ馬』を書かせてしまった。褒められて育つ子はいるものだ。

 戸川さんをはじめ、何人もの魔法使いがいる、この世の幻影城――それが東京創元社なのである。

1949年埼玉県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。89年『空飛ぶ馬』でデビュー。91年『夜の蝉』が第44回日本推理作家協会賞(短編および連作短編集部門)を、2006年『ニッポン硬貨の謎 エラリー・クイーン最後の事件』が第6回本格ミステリ大賞(評論・研究部門)を、09年『鷺と雪』が第141回直木賞を受賞。16年に第19回日本ミステリー文学大賞を受賞。主な著書に『秋の花』『六の宮の姫君』『朝霧』『太宰治の辞書』『スキップ』『ターン』『リセット』『街の灯』『玻璃の天』『覆面作家は二人いる』『冬のオペラ』『盤上の敵』『語り女たち』『ひとがた流し』『いとま申して 『童話』の人びと』『謎物語 あるいは物語の謎』『ミステリは万華鏡』『詩歌の待ち伏せ』『北村薫のうた合わせ百人一首』『読まずにはいられない 北村薫のエッセイ』がある。


田口俊樹 Toshiki Taguchi

 一九八八年刊のクレイグ・ライスの『第四の郵便配達夫』の新訳が創元さんとの初仕事だ。あの戸川安宣さんからお声がかかった。初めて喫茶店でお会いして、緊張しまくった。ちょうど教師を辞めて翻訳一本で食っていこうと決めた頃のことで、大きな決断をなさいましたね、と戸川さんに言われ、なぜか誉められたような、嬉しいような、同時に一気に将来が不安になったような、複雑な気持ちになったのを覚えている。

 その後は長らくぽつぽつとさみだれ式のつきあいが続いた。それが六年まえからエンタメ翻訳職人冥利(みょうり)に尽きるような仕事をさせてもらっている。ハメットにチャンドラー、それにロス・マク、いわゆるハードボイルド御三家の新訳だ。御三家それぞれ一冊ずつ訳させてもらった。中でもチャンドラーの『長い別れ』を訳せたことはささやかな私の翻訳人生最大の宝だ。そんなふうに思える仕事の機会を与えてくれた東京創元社には感謝しかない。ますますのご発展を!

1950年生まれ、早稲田大学第一文学部卒。英米文学翻訳家。主な訳書、ダシール・ハメット「血の収穫」、R・マクドナルド「動く標的」、B・テラン「その犬の歩むところ」、T・R・スミス「チャイルド44」、L・ブロック「死への祈り」他多数。



本記事は『紙魚の手帖』vol.15(2024年2月号)に掲載された記事「わたしと東京創元社」の一部を転載したものです。



紙魚の手帖Vol.15
ほか
東京創元社
2024-02-13




長い別れ (創元推理文庫 Mチ 1-7)
レイモンド・チャンドラー
東京創元社
2022-04-28


東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


創立70周年


東京創元社特設サイト