Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

岡本好貴『帆船軍艦の殺人』、東野圭吾『あなたが誰かを殺した』…紙魚の手帖vol.14(2023年12月号)書評 宇田川拓也[国内ミステリ]その2


 岡本好貴(おかもと・よしき)『帆船軍艦の殺人』(東京創元社 一八〇〇円+税)は、二年連続で正賞授賞が叶わなかった鮎川哲也賞、ひさびさの受賞作。

 
 十八世紀末、英国海軍は帆船軍艦ハルバート号の水夫不足を補うべく、強制徴募隊(きょうせいちょうぼたい)を陸に派遣する。義父を家まで送り届ける途中だった靴職人のネビルは、たまたま立ち寄った酒場で同僚のジョージとともにこの強制徴募隊に連行されてしまい、たちまち海上へ。突如として始まった、いつ帰れるともわからない過酷な船上生活。すると風の強い新月の晩、甲板で水兵のひとりが何者かに殺害されてしまう。すぐそばにいたネビルを含め、犯人を見た者は誰もいない。そしてまたしても不可解な事件が……。
 
 まずなによりも海洋冒険小説として、ディテール豊かにしっかりと作り込まれている点が素晴らしい。当時の帆船軍艦という未知の世界が真に迫る形で描かれており、すでにして充分に読ませる域に達している。それが立派な器の役割を果たしているおかげで、そこに収まるミステリもじつによく映え、しかも奇を衒(てら)ったものではない正統的な謎解きであるから大いに好感を覚えた(とくにこの舞台だからこそ為せる、ある仕掛けには舌を巻いた)。これからもその広い視野と描写力、そして王道の本格推理で、読者を国や時代に囚われない物語世界へと誘っていただきたい。

 ここからは余談だが、次回の当欄でご紹介予定の楠谷佑(くすたに・たすく)『案山子(かかし)の村の殺人』(東京創元社より十一月三十日発売)も、ユニークな特殊設定や多重解決ではなく、クイーンばりの正統的な謎解きもので、若い書き手の間に改めて原点に立ち返るような流れが生まれつつあるのかもしれない。

 東野圭吾(ひがしの・けいご)『あなたが誰かを殺した』(講談社 一八〇〇円+税)は、〈刑事・加賀恭一郎(かが・きょういちろう〉シリーズの最新長編。タイトルから、同じく加賀が登場する『どちらかが彼女を殺した』『私が彼を殺した』を思い浮かべた向きも少なくないと思うが、この二作がシリーズのなかでもとくに本格ミステリとしての趣向を突き詰めていたように、本作もまたその点に力が注がれた内容になっている。


 夏の別荘地には、今年も様々な人間たちが集まっていた。総合病院の経営者家族、大企業の会長夫妻とその部下の家族、別荘地に移住した未亡人やその姪(めい)と夫など。こうしてまた毎年恒例のバーベキューパーティが開催されるが、それから予想だにしなかった連続殺人事件が起きてしまう。なぜこの惨劇は起きたのか。遺族たちは真相を求め、関係者を集めた「検証会」が開かれることに。休暇中の警視庁捜査一課の刑事である加賀を立会人に、あの日の事件が振り返られていく……。

 まず現実にはありそうにない、ミステリという虚構ならではのシチュエーションながら、それをこんなにも上手(うま)く使いこなしてみせる手際に目を見張った。一連の検証によって徐徐に浮かび上がってくる複雑な人間模様、交わされる心理戦、さらに深まる謎が抜群に読ませる。当初は立会人として情報の整理と進行役に徹していた加賀が、後半でいよいよ真相究明に動き出す展開とラストシーンに、巨匠の圧倒的な手腕を見せつけられた。傑作。


■宇田川拓也(うだがわ・たくや)
書店員。1975年千葉県生まれ。ときわ書房本店勤務。文芸書、文庫、ノベルス担当。本の雑誌「ミステリー春夏冬中」ほか、書評や文庫解説を執筆。

紙魚の手帖Vol.14
千早 茜ほか
東京創元社
2023-12-11


帆船軍艦の殺人
岡本 好貴
東京創元社
2023-10-10


伊吹亜門×羽生飛鳥×戸田義長 交換日記「歴史本格ミステリ探訪」第3回:戸田義長


歴史本格ミステリ探訪_バナー

【連載バックナンバー】





5月 戸田義長(第1回)

 本題に入る前に、前回で羽生飛鳥先生より作品創りの手法についてご質問がありましたので、まずはその回答を。
 私の場合はもっぱら、
 ②【置換型】海外や現代を舞台にした本格ミステリを読んでいる時、「もしかしたら日本の中世にトリックや動機を置き換えても可能かもしれない」と思いつき、検討して書く。
 に該当しますね。
 何しろ凡そオリジナリティに乏しく、先達の業績に依拠したヴァリエーショントリックばかり。現代を舞台にしたら「焼き直し」「パクリ」などと非難されかねないネタを、時代ミステリにすることによって辛うじて作品化できているだけですから。
 まあ、それでも多少とも胸を張れる点があるとすれば、江戸時代への単なる置き換えに留まらず、江戸時代だからこそ成立するトリックとなるよう工夫していること。現代でも成立するのであれば、時代ミステリにする必然性がありませんから。この条件に関しては、一応これまで物したすべての作品が満たせているはずです。
 あまり参考にはなりませんでしたね、羽生先生申し訳ありません。

   *     *     *

 天下人・豊臣秀吉の命による国替えを強いられたため、徳川家康が江戸に入府したのは天正18年(1590)のこと。当時の江戸は葦の生い茂る湿地帯が広がり、いくつかの寒村が点在するだけの辺境の地でした。以来、ほぼゼロの状態から江戸の町を作り上げねばならぬ家康の苦闘が始まります。
 歴史の長さという点において、羽生飛鳥先生が平頼盛(たいらのよりもり)を主人公とする『蝶として死す』(第15回ミステリーズ!新人賞受賞作「屍実盛(かばねさねもり)」を収録)で生き生きと描き出された千年の都・京都とは、江戸は到底比較になりません。けれども慶長8年(1603)に江戸幕府が開かれて将軍のお膝元となった江戸は急速な発展を遂げ、100万超の人口を誇る世界一大きな都市となりました。
 これから私のコラムにおいては、そうした江戸の町の歴史や魅力についても語っていきたいと思います。

   *         *     *

 伊吹亜門先生の第12回ミステリーズ!新人賞受賞作の「監獄舎の殺人」(創元推理文庫『刀と傘』所収)は、〈死刑執行のまさに当日、なぜ囚人は毒殺されたのか?〉という謎がテーマとなっています。
 大変魅力的な設定であり、感銘を受けた私は拙著『虹の涯(はて)』において〈負傷して瀕死となっている兵士を、なぜ下手人はあえて殺害したのか?〉という謎に挑戦してみました。二番煎じではありましたが、幸い読者の皆様の反応は存外に良いものだったようです。
 さて、『虹の涯』の主人公・探偵役は水戸藩士の藤田小四郎です。その水戸藩の江戸上屋敷には後楽園という池泉(ちせん)回遊式庭園がありました。現在の小石川後楽園(こいしかわこうらくえん)です(大正12年岡山後楽園と区別するため小石川と冠した)。

小石川後楽園

小石川後楽園2
【小石川後楽園】

 後楽園は水戸藩初代藩主徳川頼房(よりふさ)が3代将軍家光から与えられた地に築造を始め、2代藩主光圀(黄門様です)に引き継がれました。その頃中国では明が清に滅ぼされ、儒学者の朱舜水(しゅしゅんすい)が日本に亡命してきます。光圀は朱舜水を招聘し、その意見を受けて庭園に中国趣味を取り入れました。後楽園という名称も、朱舜水が『岳陽楼記(がくようろうのき)』にある「先憂後楽(せんゆうこうらく)」からつけたものです。
 ちなみに日本で最初にラーメンを食べた人物は光圀との説がありますが、朱舜水が光圀にラーメンを紹介したと考えられています。
 かつて江戸中に櫛比(しっぴ)していた数多の大名屋敷は、明治以降の東京の歩みを考えれば当然のことではありますが、残念ながら一つも現存していません。この小石川後楽園のほか六義園(りくぎえん)や浜離宮恩賜庭園(はまりきゅうおんしていえん)など辛うじて残された若干の大名庭園は、江戸の面影を偲ぶことができる貴重な遺産となっています。
 もっとも消滅してしまったはずの大名屋敷も、公園などに姿を変えて今でも存続していると見なすことがあるいは可能かもしれません。大名屋敷跡の現状がどうなっているか、以下にいくつか例を挙げてみます。

徳川将軍家白山御殿       小石川植物園
尾張藩市谷上屋敷        防衛省
加賀藩本郷上屋敷        東京大学本郷キャンパス
西条藩青山上屋敷        青山学院
紀州藩赤坂中屋敷        赤坂御用地
高松藩白金下屋敷        国立自然教育園・東京都庭園美術館
高遠藩四谷内藤新宿下屋敷    新宿御苑

 こうして見ると、現在の東京に残されている纏(まと)まった広い敷地は大名屋敷由来のものが少なくないことがわかります。

小石川植物園
【小石川植物園】

 明治時代になると、多数の大名屋敷が新政府の主要官庁や陸海軍の関連施設に転用されました。
 明治維新直後新政府は首都を京か大坂にしようと意図し、中でも大久保利通が唱える大坂遷都論が有力でした。これに対し前島密(まえじまひそか)は、東京ならば大名屋敷をそのまま活用できるので官庁や学校を新規に建設しなくても良いと大坂にはないメリットを力説し、東京遷都を主張しました。東京が首都と決まった大きな理由の一つに、大名屋敷の存在があったわけです。
 前島は近代郵便制度の創設者であることから「郵便の父」と呼ばれていますが(「郵便」「切手」という用語は前島の考案。1円切手の肖像画で有名)、この点でも日本近代の歴史に深く関わっていたことになります。
 これからが行楽シーズン本番。大名屋敷跡には、小石川後楽園のように観光名所となっている場所が数多くあります。皆様もぜひ足を運んで、江戸の息吹に触れられてみてはいかがでしょうか。

虹の涯
戸田 義長
東京創元社
2022-11-18





■伊吹亜門(いぶき・あもん)
1991年愛知県生まれ。同志社大学卒。2015年「監獄舎の殺人」で第12回ミステリーズ!新人賞を受賞、18年に同作を連作化した『刀と傘』でデビュー。翌年、同書で第19回本格ミステリ大賞を受賞。他の著書に『雨と短銃』『幻月と探偵』『京都陰陽寮謎解き滅妖帖』『焔と雪 京都探偵物語』『帝国妖人伝』がある。

刀と傘 (創元推理文庫)
伊吹 亜門
東京創元社
2023-04-19


■戸田義長(とだ・よしなが)
1963年東京都生まれ。早稲田大学卒。2017年、第27回鮎川哲也賞に投じた『恋牡丹』が最終候補作となる。同回は、今村昌弘『屍人荘の殺人』が受賞作、一本木透『だから殺せなかった』が優秀賞となり、『恋牡丹』は第三席であった。『恋牡丹』を大幅に改稿し、2018年デビュー。同じ同心親子を描いたシリーズ第2弾『雪旅籠』も好評を博す。その他の著作に『虹の涯(はて)』がある。江戸文化歴史検定1級。

恋牡丹 同心親子の事件帳 (創元推理文庫)
戸田 義長
東京創元社
2018-10-22


■羽生飛鳥(はにゅう・あすか)
1982年神奈川県生まれ。上智大学卒。2018年「屍実盛」で第15回ミステリーズ!新人賞を受賞。2021年同作を収録した『蝶として死す 平家物語推理抄』でデビュー。同年、同作は第4回細谷正充賞を受賞した。他の著作に『揺籃の都 平家物語推理抄』『『吾妻鏡』にみる ここがヘンだよ!鎌倉武士』がある。また、児童文学作家としても活躍している(齊藤飛鳥名義)。
 
 

創元ホラー長編賞受賞作タイトル決定!&日本人作家ホラー4か月連続刊行!


こんにちは。
21世紀の日本で読まれるにふさわしい傑作を求め、一回限りの新人賞として創設した創元ホラー長編賞。去る1月には無事受賞作も決定し、この8月、ついに刊行と相成ります。
受賞時には『パラ・サイコ』というタイトルでしたが、著者の上條一輝さんともご相談のうえ改題して刊行することとなりました。

そのタイトルは『深淵のテレパス』に決定いたしました!

この作品のプルーフをお読みいただける書店員様を、6月3日(月)まで募集しております。


ご興味をお持ちの書店員の皆様はぜひお申込みくださいませ。
また、週一回ほどのペースで小社公式Xアカウントで『深淵のテレパス』に関するポスト(ハッシュタグ #深淵のテレパス )をいたします。新情報の公開や読者の皆様向けキャンペーンを実施する予定ですので、更新を楽しみにお待ちくださいませ。

そして今年は東京創元社のホラー作品のラインナップが大充実です。今週発売の『赤虫村の怪談』(大島清昭、文庫化)を皮切りに、
6月『とらすの子』(芦花公園、文庫化)
7月『バラバラ屋敷の怪談』(大島清昭、単行本)
8月『深淵のテレパス』(上條一輝、単行本)【創元ホラー長編賞受賞作】
を4か月連続で刊行いたします!
その他にも刊行を予定しておりますので、ホラーファンの方は併せてご注目ください。

赤虫村の怪談 (創元推理文庫)
大島 清昭
東京創元社
2024-05-31


東京創元社ホームページ
記事検索
最新記事
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


創立70周年


東京創元社特設サイト