Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

アーデン『塔の少女』、ヒグエラ『最後の語り部』、ビジョルド『魔術師ペンリックの仮面祭』…紙魚の手帖vol.12(2023年8月号)書評 三村美衣[ファンタジイ]その2


 キャサリン・アーデン『塔の少女』(創元推理文庫 金原瑞人・野沢佳織訳 一四〇〇円+税)は、十四世紀半ば、モスクワ大公が台頭するロシアを舞台にしたファンタジイ三部作〈冬の王〉の第二巻。魔女の疑いをかけられ故郷にいられなくなり、冬の王から与えられた馬ソロヴェイと共に旅に出たワーシャ。旅の途中で盗賊に攫(さら)われた少女たちを助けたワーシャは、その流れからモスクワ大公の盗賊討伐隊に加わり、宮廷陰謀劇に巻き込まれて行くのだが……。北部の森の中で展開した前巻とは異なり、今回はモスクワが舞台。身の安全のために少年を装っていたワーシャは、貴族社会における女性への抑圧をつぶさに目撃することとなる。次巻で完結だが、ありのままに生きようともがくワーシャはどこに向かうのか、冬の王とのジレジレなロマンスの行く末も大いに気になる。
 ドナ・バーバ・ヒグエラ『最後の語り部』(東京創元社 杉田七重訳 二八〇〇円+税)は、二〇二二年のニューベリー賞受賞作。移民宇宙船の中で起きた反乱と、その事態にひとり立ち向かう少女の闘いを描いたYASFだ。SFとして読むと古臭さは否めないが、祖母から語り部の力を受け継いだ少女が、原初の物語が持つ力――面白さや普遍性やイマジネーションを武器に、洗脳の壁をこじ開けて人間性を取り戻そうとする展開が刺さる。


 ロイス・マクマスター・ビジョルド『魔術師ペンリックの仮面祭』(創元推理文庫 鍛治靖子訳 一六〇〇円+税)は、〈五神教〉世界を舞台に、若い魔術師のペンリックと、相棒(と言っていいのか些(いささ)か迷うが)デズデモーナたちが巻き込まれる事件を描いたユーモラスな短編集の三巻目。実年齢よりかなり若く見える美貌のせいもあり、次から次へと災厄(さいやく)を引き当てるペンリックは、《ヴォルコシガン・シリーズ》のマイルズくんとどこか似た星回りの持ち主。ファンタジイは苦手だからと、《五神教》シリーズを避けているマイルズファンにもお勧めしたい。


 
■三村美衣(みむら・みい)
書評家。1962年生まれ。文庫解説や書評を多数執筆。共著書に『ライトノベル☆めった斬り!』が、共編著に『大人だって読みたい! 少女小説ガイド』がある。

紙魚の手帖Vol.12
ほか
東京創元社
2023-08-12


塔の少女 冬の王 (創元推理文庫)
キャサリン・アーデン
東京創元社
2023-04-28


最後の語り部
ドナ・バーバ・ヒグエラ
東京創元社
2023-04-28


魔術師ペンリックの仮面祭 五神教シリーズ (創元推理文庫)
ロイス・マクマスター・ビジョルド
東京創元社
2023-05-31



クイーム・マクドネル『有名すぎて尾行ができない』発売記念! シリーズ第1弾『平凡すぎて殺される』を3名様にプレゼント!


有名すぎて尾行ができない

みなさまこんにちは。翻訳班Sです。2月29日、クイーム・マクドネルの『有名すぎて尾行ができない』が刊行となります。それを記念して、シリーズ1作目の『平凡すぎて殺される』のプレゼント・キャンペーンをおこないます!!

『平凡すぎて殺される』は“平凡すぎる”顔が特徴の青年ポールが主人公の物語です。彼はわけあって無職のまま、彼を身内と思いこんだ入院中の老人を癒す日々を送っていました。ある日、慰問した老人に誰かと間違えられて刺されてしまいます! 実は老人は有名な誘拐事件に関わったギャングで、ポールはさらに爆弾で命を狙われたりとさんざんな展開になります。身を守るには逃げながら誘拐の真相を探るしかない!ということで、予測不能な逃亡劇+謎解きが楽しめる作品となっておりました。

『平凡すぎて殺される』は翻訳者の青木悦子先生が惚れ込んで編集者であるわたしに持ち込みをしてくださった作品で、とにかく読んでいて楽しい、キャラクターが好きになるシリーズです。詳細は下記の記事におもいっきり書きましたので、ぜひご一読いただけますと幸いです。

翻訳者が惚れこんで出版が決まった一冊! 人違いがきっかけで命を狙われた青年が主人公のノンストップ・ミステリ『平凡すぎて殺される』


そんなポール青年が主人公の第2弾が、今回発売となる『有名すぎて尾行ができない』です。ポール青年は恋人のブリジット、元警官バニーと探偵事務所を始めることにします。ところがブリジットとは喧嘩中、バニーは失踪、という大ピンチに。
そんなポールの前に、謎の美女が依頼に訪れます。彼女は、現在国中を揺るがしている不動産開発詐欺事件の被告人3人組のひとりの愛人で、その男の浮気調査をしてほしいと言ってきます。浮気の定義を疑いながらも、お金が必要なポールくんは依頼を引き受け、幼馴染みといっしょにターゲットの尾行を始めるのですが、そこは素人に毛がはえたような状態のため、苦戦します。まあ、探偵の教本として恋人が置いていったチャンドラーを読んでも、いきなり探偵になれるわけがありませんよね……。
そしてターゲットを尾行したり見失ったりしているうちに、またもや殺人事件に巻きこまれてしまいます。同時進行で少しずつ明らかになっていく、ポールと恋人の喧嘩の原因や、失踪したバニーの行方も気になるところ。とにかく個性豊かな登場人物たちが斜め上の行動をするのが面白い、先の読めないミステリです。
あと今回初登場となるジャーマン・シェパードのマギーちゃんも、とっても良い味を出しています。犬好き、犬ミステリがお好きなみなさまも、ぜひお手に取ってみてください!

シリーズの新作刊行を記念しまして、シリーズ第1弾『平凡すぎて殺される』を3名様にプレゼントいたします。

応募方法はとっても簡単!

1:東京創元社の公式X(Twitter)アカウント(@tokyosogensha)をフォローする
2:下記の投稿をリポスト(リツイート)!



※応募締切は2月21日(水)12:00です!
※条件を満たした方の中から「3名様」を抽選で選ばせていただきます。
※非公開アカウントは集計できないため、抽選の対象外となります。
※ご当選者のみに、2月22日(木)17:00までにダイレクトメッセージ機能を使ってご連絡差し上げます。文庫本を発送するため、ご住所とご本名をお伺いいたします。ご了承ください。
※当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。発送は2月26日(月)ごろを予定しています。
※いただいた個人情報は本の発送以外の目的には使用しません。

たくさんのご応募、お待ちしております!
どうぞよろしくお願いいたします!!

(東京創元社S)  


有名すぎて尾行ができない (創元推理文庫)
クイーム・マクドネル
東京創元社
2024-02-29


【創立70周年記念企画】祝!東京創元社創立70周年 公式キャラクター「くらり」新規イラストを公開!


2024年に東京創元社は創立70周年を迎えました。
今年は、周年を記念したイベントやとっておきの新刊、書店様でのフェアなどを多数企画しております。ぜひご期待下さい!

今回は弊社のマスコットキャラクターである「くらり」についてご紹介させていただきます。

遡ること今から10年前の2014年、東京創元社の創立60周年を記念して誕生したマスコットキャラクターが「くらり」です。黒い毛並みに青い目をしており、いたずら好きで人を驚かすのが得意。猫なのに、うさぎのふりをしています。名前を募集したところ、読者の皆様から500通を超える案が寄せられ、その中から東京創元社の「創」の字を「倉」と「リ」に分けた「くらり」という名前が採用されました。お気に入りのうさぎ帽子は創元の「元」の字から「ニル」という名前になりました。

諸行無常、盛者必衰の出版社キャラクター戦国時代をひょうひょうと生きてきた「くらり」。今回は特別に、創立70周年を記念し、くらりの生みの親であるイラストレーターの加藤木麻莉さんに描き下ろしていただいた「お仕事くらり」を初公開します!

映画監督くらり
【映画監督くらり】

音楽家くらり
【音楽家くらり】

コックくらり
【コックくらり】

書生くらり
【書生くらり】

白衣くらり
【白衣くらり】

さらに、加藤木さんには70周年のロゴやキービジュアルも作って頂きました!

70周年記念ロゴ
【70周年ロゴ】

70周年キービジュアル
【70周年キービジュアル】

今年は70周年を記念した記事をWebマガジンで定期的に公開していきます。
記念記事をまとめて読みたいときは記事の最下部にある「#創立70周年記念企画」タグをクリックするか、ブログ内検索をしてみてください。ぜひチェックをお願いします!

東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり