Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

ジェフリー・ディーヴァー『ハンティング・タイム』、ユン・ゴウン『夜間旅行者』…紙魚の手帖vol.14(2023年12月号)書評 村上貴史[翻訳ミステリ]その1


『ハンティング・タイム』(文藝春秋 二八〇〇円+税)は、ジェフリー・ディーヴァーの《コルター・ショウ》シリーズ第四弾。前作『ファイナル・ツイスト』までで、〝懸賞金(けんしょうきん)ハンター〞コルター・ショウの父親の死の謎を巡る三部作が一段落し、本書からまた新たにショウが走り始める。


 ハーモン・エナジー社で原子炉(げんしろ)に関する画期的(かっきてき)な発明を成し遂げたアリソン。彼女の発明を奪(うば)い取ろうとする勢力の計画をショウが阻止(そし)するなか、アリソンが一六歳の娘と共に姿を消す。アリソンへのDVで投獄されていた元夫のジョン・メリットが、刑期満了を待たずに早期釈放(しゃくほう)されたのだ。かつては優秀な刑事だったジョンは、その能力と裏社会を含む人脈を駆使(くし)し、自分を刑務所に送り込んだアリソンの行方(ゆくえ)を追う。ショウはハーモン・エナジー社のCEOから、ジョンより先にアリソンを見つけて欲しいと依頼され、追跡を始める……。

 ディーヴァーは、ショウ、アリソン、ジョンなど、様々な視点を切り換えながら、この逃亡劇/追跡劇をテンポよく描いていく。そのスイッチングの冴(さ)えはさすがに抜群。追っ手であるショウやジョン、あるいはジョンが呼び寄せた二人のプロの殺し屋と、アリソンと娘とが、ギリギリの距離感で交錯(こうさく)を回避し、あるいは交錯するのだ。逃亡者の機転と追跡者の経験のつばぜり合い――そんな逃亡劇/追跡劇を綴(つづ)るディーヴァーの筆致(ひっち)は実に伸びやかだ。おそらく、三部作という大きな構想から解放されたが故(ゆえ)の自由奔放(ほんぽう)さであろう。結果として読者はスリル満点のストーリーを堪能(たんのう)することになる。しかもそこにディーヴァー得意のどんでん返しが鏤(ちりば)められているのだ。頁(ページ)をめくる手が止まるはずもない。本書ではさらに、ショウの恋愛感情らしきものも読むことができる(それが本当に恋愛なのかは、著者が著者だけに最終頁に至[いた]るまで確信できないのだが)。また、最後に見えてくる全く予想だにしなかった絵柄も鮮やか。シリーズ作でありながら、ノンシリーズ長篇のような〝やりたい放題〞を満喫(まんきつ)出来る一作である。現時点でのシリーズ最高作だ。

 ユン・ゴウン『夜間旅行者』(カン・バンファ訳 ハヤカワ・ミステリ 二〇〇〇円+税)は、韓国人作家の二〇一三年の作品。二〇二一年に英国推理作家協会賞Crime Fiction in Translation Dagger(最優秀翻訳小説賞)を受賞した。過去にヘニング・マンケルが『スウェーディッシュ・ブーツ』で受賞し、東野圭吾『新参者(しんざんもの)』や伊坂幸太郎『マリアビートル』も候補になったことのある賞だ。


 ベトナムの南にある済州(チェジュ)島ほどの大きさの島国ムイ。そこがヨナの目的地だった。被災地を巡るダークツアーを扱うソウルの旅行会社〈ジャングル〉に勤めるヨナは、砂漠のシンクホールを目玉とするツアーの収益悪化に伴(ともな)い、その査定を行うために現地に赴(おもむ)いたのだ。視察を終えて空港に向かう途中で彼女は体調を崩(くず)し、パスポートも財布も失った状態でムイに一人取り残されてしまう。現地の人々には、韓国語はもとより英語も通じない。携帯電話も充電が切れた……。

 そんな危機に陥(おちい)ったヨナが、ムイで異様な体験を重ねていく様を綴った小説である。事件があり謎を解くというタイプのミステリではないが、ジワジワとよじれていくストーリーは予断(よだん)を許さず刺激的で、物事の裏側が徐々に見えてくる静かな驚きで愉(たの)しませてくれる。また、ダークツアーという悪趣味な商品について、その市場競争力の向上施策が検討されていたりカスタマーサービスが提供されていたりと、事業として語られている点も興味深い。それが事業であるが故の、必死の挽回(ばんかい)策にも要注目。秘密裏(ひみつり)に進行し、一部の人々に不幸を与えてしまうプランではあるが、一発逆転を目論(もくろ)む商品の〝製造ライン〞としてきちんと設計されている様子が記されていて、なんとも不気味なのだ。そしてそんなダークツアービジネスにきっちりと組み込まれていたヨナは、本書を通じて立場を変化させていく。その変化は、兆(きざ)しから最終形に至るまで、おそらくは周到に計算して書かれたのだろう。ヨナがムイで描く変化の曲線はなめらかで美しいが、その先にある最終形は非情で無機質で怖ろしい。『夜間旅行者』――カテゴライズが困難な一冊だが、間違いなく記憶に残り続ける小説だ。


■村上貴史(むらかみ・たかし)
書評家。1964年東京都生まれ。慶應義塾大学卒。文庫解説ほか、雑誌インタビューや書評などを担当。〈ミステリマガジン〉に作家インタヴュー「迷宮解体新書」を連載中。著書に『ミステリアス・ジャム・セッション 人気作家30人インタヴュー』、共著に『ミステリ・ベスト201』『日本ミステリー辞典』他。編著に『名探偵ベスト101』『刑事という生き方 警察小説アンソロジー』『葛藤する刑事たち 警察小説アンソロジー』がある。

紙魚の手帖Vol.14
千早 茜ほか
東京創元社
2023-12-11


【6月19日発売】C・J・ボックス〈猟区管理官ジョー・ピケット〉シリーズ最新作『暁の報復』発売記念、最新作の文庫本を3名様にプレゼント!


暁の報復
【『暁の報復』カバー表紙】

C・J・ボックスの〈猟区管理官ジョー・ピケット〉シリーズ最新作『暁の報復』が6月19日に発売されることを記念し、この最新刊が当たるプレゼントキャンペーンを実施いたします!

〈猟区管理官ジョー・ピケット〉シリーズはアメリカのワイオミング州を舞台にした、野生生物を保護・管理し密猟を取り締まる猟区管理官のジョー・ピケットが主人公の冒険サスペンス・シリーズです。ジョーが遭遇したり巻き込まれたりする事件は、ミステリの主役になることが多い刑事や探偵が解決するものとはまたちがった魅力があります。本シリーズを読むと、サスペンスや謎解きの面白さ、そして大自然を舞台に繰り広げられる迫力満点のアクションを充分に味わうことができます。
シリーズ未読の方は、小社の雑誌『紙魚の手帖 vol.10 APRIL 2023』の小特集「読む、味わう、絶対ハマる!〈猟区管理官ジョー・ピケット〉の世界」をぜひご覧ください。短編「発砲あり」の翻訳掲載のほか、書評家の三橋曉さんによるコラム「〈猟区管理官ジョー・ピケット〉シリーズの魅力 西部の大自然と心優しき正義の男」、野口百合子先生による「ここだけの訳者あとがき」も必読です!

今回発売となる『暁の報復』は〈猟区管理官ジョー・ピケット〉シリーズの17作目です。シリーズですが事件自体は独立していますので、この作品からでも楽しむことはできますが、より物語やスリルを味わいたい!という方は『嵐の地平』を先に読まれることをお薦めいたします。あらすじにある「ダラス・ケイツ」について詳しくわかりますよ!

【『暁の報復』あらすじ】
猟区管理官ジョー・ピケットの留守電に、知人のファーカスから伝言が残されていた。ダラス・ケイツと仲間が、ジョーを襲う密談をしているのを盗み聞いたという。ダラスは、家族ともども破滅させられたとしてジョーに強烈な恨みを抱いていた。ほどなく、銃殺されたファーカスの遺体が発見され捜査が始まったが、ピケット一家にも危機が……。サスペンスみなぎる人気シリーズ新作!

今回は最新刊の発売を記念して、『暁の報復』の文庫本を3名様にプレゼントいたします。
応募方法は以下の通りです。

1:東京創元社の公式X(旧Twitter)アカウント(@tokyosogensha)をフォローする
2:下記の投稿をリポスト!
ボックス投稿
https://x.com/tokyosogensha/status/1798262834599751879

※応募締切は6月12日(水)昼12時です!
※条件を満たした方の中から「3名様」を抽選で選ばせていただきます。
※非公開アカウントは集計できないため、抽選の対象外となります。
※ご当選者のみに、6月14日(金)18時までにダイレクトメッセージ機能を使ってご連絡差し上げます。文庫を発送するため、ご住所とご本名をお伺いいたします。ご了承ください。
※当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。発送は発売日以降になる可能性もございます。
※いただいた個人情報は本の発送以外の目的には使用しません。

また、すでに〈猟区管理官ジョー・ピケット〉シリーズをお読みの方にお願いがございます。ぜひ、シリーズへの応援コメントをX(旧Twitter)で投稿していただけますと幸いです。「ジョー頑張れ!」とか「ネイト格好いいー!」とか、「ピックアップの無事を祈る」等、ひと言でももちろんOKですし、シリーズ既刊の熱いご感想も大歓迎です!(念のため、未読の方のためにネタバレはご遠慮くださいませ)
投稿の際にはハッシュタグ「 #ジョー・ピケット 」をお忘れなく! 投稿してもらえると担当編集者が喜びの舞を踊ります! ぜひ今後もシリーズを盛り上げていただけますと幸いです。

そしてなんと!!! 2025年には〈猟区管理官ジョー・ピケット〉シリーズが創元推理文庫から2冊刊行になります! 春に18作目The Disappeared、冬に19作目Wolf Packを刊行するべく準備中です。どうぞ既刊を読んでお楽しみにお待ちいただけますと幸いです。初めての方はぜひ『発火点』からどうぞ!

たくさんのご応募&応援コメント、お待ちしております!

(東京創元社S) 

発火点 (創元推理文庫)
C・J・ボックス
東京創元社
2020-06-30


越境者 (創元推理文庫)
C・J・ボックス
東京創元社
2021-06-30


嵐の地平 (創元推理文庫 Mホ 16-3)
C・J・ボックス
東京創元社
2022-06-21


熱砂の果て (創元推理文庫)
C・J・ボックス
東京創元社
2023-06-19


【創立70周年記念企画】エッセイ「わたしと東京創元社」その3:芦辺拓、綾辻行人、貫井徳郎


70周年キービジュアル

東京創元社では創立70周年を記念し、文芸誌『紙魚の手帖』にて豪華執筆陣による特別エッセイ「わたしと東京創元社」を掲載しています。

●その1:笠井潔、北村薫、田口俊樹『紙魚の手帖』vol.15(2024年2月号)掲載


●その2:辻真先、エドワード・ケアリー『紙魚の手帖』vol.15(2024年2月号)掲載



本日と来週は、『紙魚の手帖』vol.16(2024年4月号)に掲載されたエッセイをご紹介いたします。


芦辺拓 Taku Ashibe

 縦書き右開きの孤島ミステリと横書き左開き都市サスペンスが真ん中の袋綴じ解決篇で合体する本、ちょん髷時代から昭和戦前戦後のニッポン名探偵五十人(のち二名増員)が競演し、巻末には読書に便利な名鑑つきの本、全編ペダントリーと怪しい図版とルビだらけの本、さして人気があるわけでもない探偵の年代記(クロニクル)、スチームパンク世界での少女探偵の活躍譚、大阪商家が舞台の一家一族もの(大絶賛帯付き!)――文庫ともなればボーナストラックに図版増量、扉絵描き下ろしという大盤振る舞い。

 ああ、かくも楽しき本作りをしてくれる出版社がほかにあるでしょうか。しかもうれしいことには、それらは全て芦辺拓の著書であるという! あとやってないのは仕掛け絵本と漫画ぐらいですか。まさに都筑道夫先生における東都書房ないし桃源社に当たる東京創元社を、豈(あに)愛さざるべけんや。

 たぶんみなさん、思春期の創元推理文庫との出会いやデビュー時の思い出とか書かれると思いますが、その裏をかいて(?)ほかではたぶん出せない本を出してくれた御社と担当女史への感謝をこめ、自分語りならぬ自著語りをさせていただきました。

作家。1958年大阪府生まれ。同志社大学卒。86年「異類五種」で第2回幻想文学新人賞に佳作入選。90年『殺人喜劇の13人』で第1回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。2022年『大鞠家殺人事件』が第75回日本推理作家協会賞ならびに第22回本格ミステリ大賞を受賞。著書に『森江春策の災難』『大江戸奇巌城』などがある。最新刊は『乱歩殺人事件――「悪霊」ふたたび』。

綾辻行人 Yukito Ayatsuji

 小学校五年の終わりごろ。近所の書店の、 一階奥の片隅のささやかな空間にある日、創元推理文庫の棚を見つけた。子供向けの乱歩やルブランなどの本をひととおり読んでしまっていた僕は、この発見に大興奮。以来その書店へ行くたび、その棚の前で多くの時間を過ごすようになった。

『黄色い部屋の謎』に始まる当時のラインナップが整然と並んだ棚の様子を、今でもよく思い出せる。推理小説に詳しい友人・知人がいたわけでもなく、今のようにネットで情報を得られる時代でもなかった。たとえばクイーンの国名シリーズやレーン四部作の存在にしても、僕はその棚で実物を手に取って初めて知ったのだった。

 推理小説の面白さに取り憑かれてまだ日も浅い少年の目には、まさに宝の山に見えた。そこに並んだタイトルを眺めて「これがぜんぶ推理小説なんだ」と思うだけで、どうしようもなく胸が高鳴った。思い返すと、何という幸せな季節であったことか。あれから五十年余りの時間が経ったが、間違いなく僕は、あのささやかな空間から未来へ延びた道をまっすぐに歩んできてしまった。――東京創元社に感謝、です。

作家。1960年京都府生まれ。京都大学大学院修了。87年に『十角館の殺人』でデビュー。92年『時計館の殺人』が第45回日本推理作家協会賞を受賞。2018年には日本ミステリー文学大賞を受賞した。著書に〈館〉シリーズ、『Another 2001』などがある。

貫井徳郎 Tokuro Nukui

 当たり前のことながら、予知能力者でもない身には人生の転換点が来たとその瞬間に察することはできません。新潮文庫で出ていたルパン、ホームズの大半を読み終えた中学生のぼくは、父が持っていた創元推理文庫『ポワロの事件簿1』を手にしました。ポワロとヘイスティングズがホームズとワトスンみたいだなと楽しく読み、以後、クリスティを読み進めました。あのタイミングで創元推理文庫を見つけていなければ、もしかしたらミステリーの沼には入り込まなかったかもしれません。

 ほとんど翻訳小説しか出していなかった東京創元社が、後に日本人の作品も出すようになるとは予想しませんでした。まして、自分がそこでデビューして小説家になるとは、夢想すらしていなかったです。何気なく創元推理文庫を手に取ったあの瞬間に人生が決していたのかと思うと、どうにも不思議な感慨を覚えます。

作家。1968年東京都生まれ。早稲田大学卒。93年『慟哭』が第4回鮎川哲也賞の最終候補作となり、同書でデビュー。2010年『乱反射』が第63回日本推理作家協会賞を、『後悔と真実の色』が第23回山本周五郎賞を受賞。著書に『ミハスの落日』『紙の梟 ハーシュソサエティ』などがある。最新刊は『龍の墓』。



本記事は『紙魚の手帖』vol.16(2024年4月号)に掲載された記事「わたしと東京創元社」の一部を転載したものです。



紙魚の手帖Vol.16
ほか
東京創元社
2024-04-10


大鞠家殺人事件
芦辺 拓
東京創元社
2021-10-12


黄色い部屋の謎【平岡敦訳】 (創元推理文庫)
ガストン・ルルー
東京創元社
2020-06-30


慟哭 (創元推理文庫)
貫井 徳郎
東京創元社
2012-10-25


東京創元社ホームページ
記事検索
最新記事
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


創立70周年


東京創元社特設サイト