Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

西條奈加『金春屋ゴメス 因果の刀』、武石勝義『神獣夢望伝』…紙魚の手帖vol.13(2023年10月号)書評 三村美衣[ファンタジイ]その1


 心に沁(し)みる時代小説の名手として高い評価を受けている西條奈加(さいじょう・なか)だが、第十七回日本ファンタジーノベル大賞(二〇〇五年)を受賞したデビュー作『金春屋(こんぱるや)ゴメス』は、SFともファンタジイとも分類し難いかなり奇天烈(きてれつ)な小説だった。舞台は江戸だが、この江戸のある場所は北関東で、時代は近未来なのだ。
 
 月に人が住めるような漠然(ばくぜん)とした未来。北関東の一角にまるでテーマパークのような独立国〈江戸〉が作られた。移住者はここで、電気はもちろん、最新医療も捨てて、江戸時代と同じ生活を送っている。江戸なので、当然のことながら鎖国をしており、旅行者も受け入れていない。大学生の辰次郎(しんじろう)は、競争率三百倍の難関を潜(くぐ)り抜けて江戸の永住ビザを手に入れ、東京から帆掛け船(ほかけぶね)に乗って入国する。そして勤め先として長崎奉行所出張所を斡旋(あっせん)された彼は、長崎奉行「ゴメス」の下で働きはじめる。折も折、江戸では謎の感染症が流行しており、どうやら辰次郎はその解決の鍵を握っているために、永住ビザがおりたらしいのだが……。
 
 というのがその受賞作『金春屋ゴメス』のあらまし。さらに翌二〇〇六年に、江戸から海外への阿片(あへん)流出事件を扱った『芥子(けし)の花』が刊行された後は、西條奈加の小説の舞台は、普通の江戸時代の江戸に移行してしまった。ところがこのたび、既刊二冊が新潮文庫nexから再刊され、新刊『因果の刀』(新潮文庫nex 八五〇円+税)が刊行されたのである。

 
 前巻で描かれた阿片流出事件を受け、江戸に日本からの査察団が入国する。しかしそれは方便にすぎず、彼らの真の狙いは、江戸の地中に眠るレアアースの独占だった。開国と江戸国消滅の危機に、ゴメスをはじめ長崎奉行所の面々が奔走(ほんそう)する。お奉行様のゴメスは、女性ながらとてつもない巨漢で大飯食らいで怪力の持ち主。江戸入りする前は科学者で、頭脳明晰(めいせき)。神話から抜け出た英雄さながらだが、女に裏切られるという英雄伝説特有の急所もなく、江戸の犯罪者たちの扱いは祟(たた)り神か怪獣さながら。一般的な時代小説やファンタジイを期待すると茫然とするが、あっけらかんとした神話的笑い満載で、十七年たった今もその面白さは減ずるところなし。怪作揃いの旧ファンタジーノベル大賞だが、その中でも極めつけの異色作。新版表紙の丹地陽子(たんじ・ようこ)が描く童子っぽいゴメスも抜群にかわいいので、ぜひこの機会に一巻からお読みいただきたい。
 
 この世は神獣の夢の中であり、神獣が目覚めれば消えてしまう――。
 
 そのファンタジーノベル大賞二〇二三の大賞を受賞した武石勝義(たけし・かつよし)『神獣夢望伝(むぼうでん)』(新潮社 一七〇〇円+税)は、神獣伝説が伝わる中華風異世界を舞台にした歴史ファンタジイだ。

 
 村一番の踊り手である景(けい)は、ある日、太政(だじょう)神官にその才を見初(みそ)められ、神獣を祀まつる夢望宮に召し上げられてしまう。景と結婚の約束を交わしていた童樊(どうはん)は、彼女を諦(あきら)めることができず、立身出世することで景を取り戻そうと軍に志願する。目論見(もくろみ)どおり、童樊はめきめきと出世していくが、しかし一方で景もまた、夢望宮一の舞手となり、その距離は一向に縮まらない。好きな男女が互いを求めあう、ただそれだけのことなのに、引き裂かれた二人が運命に抗(あらが)おうとすればするほど、周囲の軋轢(あつれき)は膨れ上がり、やがてそれは国の命運すら傾ける事態へとつながる……。この二人に限らず、登場人物は皆、視野が狭く妄信的で、頑(かたく)なに己が信じる道を守ろうとする。その真っすぐさが愚かしくもあり、愛しくもあり、滅びに向かって転がり落ちていく姿は、生々しくドラマチックだ。
 
 そんななか、ただ一人、童樊の同郷で弟分の神官縹(ひょう)だけは、カタストロフィに加担することなく各地を放浪する。彼は、繰り返し夢に現れる異国の風景を探し続けているのだ。この世は神が見る夢であるというアイデアは、『ペガーナの神々』《クトゥルー神話》などでもお馴染みだが、夢見る神が自分の夢の中で現身(うつしみ)を有し、現世で夢に見た場所を探す旅をするという、倒錯した構造が独特で面白い。ところが情緒に訴える人間ドラマの迫力に比べて、この設定がいまひとつ曖昧(あいまい)で、最後まで彼が本当に神獣であるということに確信が持てないまま終わってしまった。ここを突き詰めていれば、ファンタジイとしても凄みのある作品になったと思うだけになんとももったいない。


■三村美衣(みむら・みい)
書評家。1962年生まれ。文庫解説や書評を多数執筆。共著書に『ライトノベル☆めった斬り!』が、共編著に『大人だって読みたい! 少女小説ガイド』がある。

紙魚の手帖Vol.13
桜庭 一樹ほか
東京創元社
2023-10-10


【5月20日発売!】アリスン・モントクレア『ロンドン謎解き結婚相談所』シリーズ第4弾『ワインレッドの追跡者』刊行記念プレゼント・キャンペーン! 1作目を3名様にプレゼント!


みなさまこんにちは。翻訳班Sです。
5月20日、アリスン・モントクレアの『ワインレッドの追跡者 ロンドン謎解き結婚相談所』(山田久美子訳、創元推理文庫)が発売となります!

こちらは『ロンドン謎解き結婚相談所』から始まるシリーズの第4弾です。主人公は、第二次世界大戦後のロンドンで結婚相談所を始めたふたりの女性。小柄でブルネットのアイリスは、戦時中に情報局に所属していた元スパイ、長身でブロンドのグウェンは上流階級出身で、貴族の夫を戦争で亡くしています。対照的なふたりが力を合わせて、仕事に謎解きに大活躍するシリーズとなっています。

第4弾『ワインレッドの追跡者』のあらすじは……。

戦後ロンドン。結婚相談所を営むアイリスは通勤中、ワインレッドのコートを着た女に尾行されていると気づく。戦時中に所属していた情報部関係? しかも帰宅すると、同じく情報部員で元恋人のアンドルーが部屋に来ており、しばらくここに潜伏するという。アイリスは共同経営者のグウェンの家に泊めてもらうが、2日後、自分の部屋から女性の死体が発見され……。

冒頭からとんでもない事件が起こるうえに、アイリスがたいへんなことに! アイリスとグウェンの絆の強さが試される作品になっています。謎解きのおもしろさはもちろん、戦争で大きなダメージを受けたロンドンという街が復興しようとしている様子が生き生きと描かれているところも魅力です。 
アイリスの友人のサリーやグウェンの息子ロニーなど、おなじみのキャラクターも大集合。今回もたいへん楽しく、読み応えたっぷりです!

シリーズの新作刊行を記念しまして、シリーズ1作目『ロンドン謎解き結婚相談所』の文庫本を3名様にプレゼントいたします。


舞台は戦後ロンドン。戦時中にスパイ活動のスキルを得たアイリスと、人の内面を見抜く優れた目を持つ上流階級出身のグウェン。対照的な二人が営む結婚相談所で、若い美女に誠実な会計士の青年を紹介した矢先、その女性が殺され、青年は逮捕されてしまった! 彼が犯人とは思えない二人は、真犯人さがしに乗りだし……。魅力たっぷりの女性コンビの謎解きを描く爽快なミステリ!

応募方法は以下の通りです。

1:東京創元社の公式X(旧Twitter)アカウント(@tokyosogensha)をフォローする
2:下記の投稿をリポスト!

※応募締切は5月15日(水)昼12時です!
※条件を満たした方の中から「3名様」を抽選で選ばせていただきます。
※非公開アカウントは集計できないため、抽選の対象外となります。
※ご当選者のみに、5月16日(木)17時までにダイレクトメッセージ機能を使ってご連絡差し上げます。文庫を発送するため、ご住所とご本名をお伺いいたします。ご了承ください。
※当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。
※いただいた個人情報は本の発送以外の目的には使用しません。

たくさんのご応募、お待ちしております!
どうぞよろしくお願いいたします!!

(東京創元社S)  




【創立70周年記念企画】プレゼント第1弾「モレスキン ハードカバーノートブック」の見本をご紹介!【6月30日までの応募で当たる!】


70周年キービジュアル

東京創元社ではただいま、創立70周年を記念したプレゼントキャンペーンを開催中です!
今回は2024年6月30日までのご応募で当たるキャンペーン第1弾賞品「モレスキン ハードカバーノートブック(ポケット)」の見本をご紹介いたします。

モレスキンはイタリアのミラノに本社がある、世界中の画家や作家に愛されてきたノートや文房具のブランドです。創立70周年を記念する品として、そのモレスキンと東京創元社がコラボしたノートを作成しました!

モレスキンカバー見本

ノートの表紙は紺色を基調にし、東京創元社の文庫の、カバーを外した本体デザインをモチーフにしています。このノートに、創立70周年のロゴをプリントした紙帯を巻いてお届けします。ノートの裏面にも創立70周年のロゴがはいっています。

モレスキン扉見本

ノートブックの扉には東京創元社の書籍でおなじみの鍵マークをあしらっています。

モレスキン奥付見本

最終ページには創元推理文庫の奥付を模したデザインに、東京創元社の会社紹介などを記載しました。

細部にまでこだわったデザインに加え、栞ひもやゴムバンド、拡張ポケットといったモレスキンのノートならではの機能が備わっております。

キャンペーン対象書籍や応募方法、詳細などは創立70周年キャンペーン特設サイトをご確認下さい!


このノートが当たるキャンペーン第1弾は6月30日まで! 皆様のご応募をお待ちしております。

東京創元社ホームページ
記事検索
最新記事
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


創立70周年


東京創元社特設サイト