Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

【寝る前に読んではいけない】大重版! 櫛木理宇『執着者』にとらわれる


発売即重版決定!! 櫛木理宇による圧倒的戦慄のサイコサスペンス、
『執着者』(創元推理文庫)によせられた書店員さんの感想第2弾をご紹介します。


syutyakusya


平凡な会社員の女性に突如降りかかった、老人による執拗なつきまとい。何か隠している恋人、深刻に捉えない警官……誰もこの地獄から助けてくれない。一方、若夫婦が都内の自宅で老人に襲撃され、夫は死亡、妻は攫われる事件が起きる。二つの事件に関連する老人は何者なのか、そしてその目的とは。圧倒的筆力で読者を放さない、戦慄のサイコサスペンス。『老い蜂』を改題文庫化。解説=古山裕樹


地獄を書くのも上手ければ、希望の糸を描くのも上手い。
櫛木先生の凄味を見せつけられました。
苦しいのに救いを求めてページをめくる手が止められない。
ラストまで辿り着いた時の気持ちを共有したい、味わっていただきたいです。
(A.Kさん/大垣書店京都本店) 

はじめはなにが起きているのか分からない恐怖。
誰も助けてくれない恐怖。とにかくこわくてたまらなかった。
怖くて助けてほしくて読む手を止められなかった。
(伊賀理江子さん/福岡金文堂志摩店) 

ストーカーする老人がものすごく怖くて、
でも途中で止めると余計に怖いのでビクビクしながら読んでいたのですが、
捜査が始まってからは怖いのを忘れてのめり込んでいきました。
「老人だから」と被害を深刻なものとしてとらえてもらえないのがリアルで恐ろしかったです。
(玉井佐和さん/丸善丸の内本店) 

小さなひとりの老人によりもたらされる非日常。
そのギャップに直接的なダメージと精神的なダメージが加速する。
その描写はとても不気味で絶望感や虚無感に蝕まれていく心をとてもリアルに感じました。
事件の真相が徐々にカタチ作られていく様子は驚きの連続。
最後の最後まで気を抜く隙を与えてもらえませんでした。
読み応えありまくり。おもしろかったです。
(山道ゆう子さん/未来屋書店宇品店) 

得体の知れない恐怖にさらされているのに周りには理解されない状況が、
とても恐ろしく思えました。彼女たちがどれほど怖かったことでしょう……。
真相に近づいていくにつれて、予想と違う事ばかりが起きて、
でも最後には「全部繋がっていたんだ……!」という衝撃とある意味での感動。
とても面白かったです!
(井上さん/喜久屋書店橿原店)  

サイコキラーやドメスティックに特化した "黒”理宇氏かと思いきや、
めちゃくちゃ読ませる警察ミステリーで一気読み必至でした!
老人だけに注視していると足元をすくわれる。
ぜひシリーズとして続編も読みたい!
(阿久津さん/TSUTAYA黒磯店) 

女性からしたら、年寄りであっても男性は男性で。
男性の力に対して、女性の非力さは歴然としている。
その恐ろしさが、男性に伝わらないという状況がリアルに書き出されていて心の底から怖かった。
その恐怖が伝わらない事の無力感やるせなさが諦めが見事に描き出されていた。
(山本智子さん/文真堂書店ビバモール本庄店) 


書店員さんの感想第1弾はこちら!



■書誌情報
書名:『執着者』(しゅうちゃくしゃ)
著者:櫛木理宇(くしき・りう)
判型:創元推理文庫
定価:902円 (本体価格:820円)
ページ数:434ページ
写真:Jonathan Kitchen/Getty Images
装幀:舘山一大
刊行:2024年1月19日

■著者紹介
櫛木理宇(くしき・りう)
1972年新潟県生まれ。2012年『ホーンテッド・キャンパス』で第19回日本ホラー小説大賞読者賞を受賞。同年、『赤と白』で第25回小説すばる新人賞を受賞する。著書に〈ホーンテッド・キャンパス〉シリーズ、〈依存症〉シリーズ、『死刑にいたる病』『虜囚の犬』『氷の致死量』『少年籠城』などがある。

執着者 (創元推理文庫)
櫛木 理宇
東京創元社
2024-01-19


待望の創元推理文庫版刊行! 丸山正樹『デフ・ヴォイス』


念願の創元推理文庫版『デフ・ヴォイス』が刊行となりました。昨年末のドラマ放送、今月の完全手話付き放送もあり、原作ファン、ドラマファンから大きな話題を呼びました。ぜひ、続きも作っていただきたいと切に思っております。

『デフ・ヴォイス』との出合いは、ちょうど文春文庫版が刊行された時だと記憶しています。タイトルの「デフ」に惹かれて出先で購入したようです(編集部の自分の本棚に某書店のカラフルなカバーがかかっています)。しばらく間が空いて『漂う子』(河出書房新社)が刊行された直後に、はじめて著者の丸山正樹さんにお目にかかりました。
ややダメ元でお願いした、『デフ・ヴォイス』のシリーズ化をご快諾いただき『龍の耳を君に』を刊行したのが2018年。その後『慟哭は聴こえない』『わたしのいないテーブルで』、スピンオフの『刑事何森 孤高の相貌』『刑事何森 逃走の行先』と刊行してきましたが、ぽっかりと空いていたシリーズ第一弾の椅子を、今回ようやく埋めることができました。ビブリオバトルチャンプ本(『デフ・ヴォイス』)になったり、酒飲み書店員大賞(『龍の耳を君に』)に選ばれたりと、じわじわと読者層も広がってきています。

創元推理文庫版『デフ・ヴォイス』の帯メインキャッチに使った「おじさんは、私たちの味方? それとも敵?」は、偶然ドラマ版の番組宣伝と被っています。非常に印象に残るフレーズでしたので、『デフ・ヴォイス』を刊行する際には、必ず使おうと思っていたもので、決してドラマ版に乗ったわけではございません。

さて、シリーズの続編が待ち遠しいところです。先日弊社で「新刊ラインナップ説明会2024」に丸山さんにゲスト出演していただき、「近いうちには」と仰っていただきました。荒井家のその後がどう描かれていくのか楽しみにお待ちください。

デフ・ヴォイス3種
左上:高校生ビブリオバトルグランドチャンプ本を記念した幅広帯のついた文春文庫版11版
右上:山田太一さんの推薦コメント付き帯の文春文庫版初版
下:創元推理文庫版初版








舞台「モンスター・コールズ」上演を記念して原作小説『怪物はささやく』著者パトリック・ネスのサイン本を3名様にプレゼント!



真夜中過ぎ、墓地にそびえるイチイの大木の怪物がコナーのもとに現れて言う。「おまえに三つの物語を話して聞かせる。わたしが語り終えたら、おまえが四つめを話すのだ」母の病気の悪化、学校での孤立、そんなコナーに怪物は何をもたらすのか。

『怪物はささやく』は夭折したシヴォーン・ダウドのアイディアをもとに、〈混沌の叫び〉三部作でカーディアン賞、コスタ賞児童書部門、カーネギー賞など名だたる賞を受賞したパトリック・ネスが書いた、心締めつけられるような物語。ジム・ケイの挿絵も素晴らしく、物語でカーネギー賞、挿絵でケイト・グリーナウェイ賞をダブル受賞しています。
映画版も2016年に制作され、スペインのアカデミー賞と言われるゴヤ賞で9部門を受賞しました。
その傑作が2018年に英国で舞台化され、19年にはローレンス・オリヴィエ賞でBest Entertainment and Family賞を受賞、20年には日本での上演を予定していましたが、コロナのために4年の延期を余儀なくされ、ようやく今年晴れてPARCO劇場で上演の運びとなったのです。
主演のコナー少年役は佐藤勝利、怪物役は山内圭哉、演出は初演時の舞台を演出したサリー・クックソン。
2月10日(金)から3月3日(日)の東京のPARCO劇場での上演に続いて、3月8日(金)から17日(日)まで大阪のCOOL JAPAN PARK OSAKA WW ホールで上演されます。

今回、舞台「モンスター・コールズ」の日本での上演を記念して、原作小説『怪物はささやく』(創元推理文庫)を3名様にプレゼントいたします。著者パトリック・ネスのサイン入り、舞台スチール帯つきの文庫本です。

パトリック・ネスのサイン
【著者パトリック・ネスのサイン】

応募方法は以下のとおりです。

1:東京創元社の公式X(Twitter)アカウント(@tokyosogensha)をフォローする
2:下記の投稿をリポスト(リツイート)!



※応募締切は2月28日(水)12:00です!
※条件を満たした方の中から「3名様」を抽選で選ばせていただきます。
※非公開アカウントは集計できないため、抽選の対象外となります。
※ご当選者のみに、2月29日(木)17:00までにダイレクトメッセージ機能を使ってご連絡差し上げます。文庫本を発送するため、ご住所とご本名をお伺いいたします。ご了承ください。
※当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。発送は3月4日(月)ごろを予定しています。
※いただいた個人情報は本の発送以外の目的には使用しません。

怪物はささやく (創元推理文庫)
パトリック・ネス
東京創元社
2017-05-28


東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり