Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

【創立70周年記念企画】発表! 創元SFオールタイム・ベスト――読者投票によるベスト20結果発表


70周年記念ロゴ

2024年は東京創元社創立70周年という節目の年。また、昨年の創元SF60周年では、創元SF史上初の公式ガイドブック『創元SF文庫総解説』を12月に刊行いたしました。
これに伴い、〈Web東京創元社マガジン〉で2024年1月11日~2月12日に募集した「創元SFオールタイム・ベスト」投票の結果を、下記に掲載いたします。アンケートへのご協力、誠にありがとうございます。

投票総数は200人480票でした。()内は得票数です。書き添えていただいたコメントも抜粋して紹介いたします。なお、同一シリーズ作品の票は合算いたしました。

§

●読者コメント
「SFとミステリがここまで魅力的に融合した作品は他にはないと思う。個人的には創元SFだけでなく全てのSF小説の中でのベストワン。」
「初めて読んだ時の、衝撃は今まで経験したことがないものでした。読了後、思わず夜の月を見上げてしまいました。」
「読後、"読んでしまった、こんな面白いものを何も知らない状態でもう読めないなんて"と、読めた幸せ読んでしまった不幸せをかみしめる。これから読む人、羨ましい。」

2位 E・R・バローズ《火星シリーズ》(21)
●読者コメント
「バロウズの話の面白さ。武部本一郎画伯の挿絵。全てが本の魅力を教えてくれた。それ以来『活字中毒』」
「中学生の夏休みに夢中で読みました。スペース・オペラの元祖!」
「子供の頃、祖母の本棚に並んでいた まだ、内容はわからないのだが とても不思議な表紙の絵とページを開くと やはり印象的なイラストが。私にとって一生に残る そしてその後の読書の傾向を決めた作品でした。」
●読者コメント
「個人的には、A.マキャフリー氏の作品の中で最初に手に取った作品なのですが一番印象に残っている作品でもあります。世に主人公としてのサイボーグは数々おりますが、「歌う船」のようなタイプの主人公は彼女が最初だったのではないでしょうか。」
「境遇に負けず、「普通」に生きていく少女の姿に、力を貰える。」
「もう何度読んだか分かりません。ハンディを負いシェルパーソンとなったヘルヴァが出会う様々なパートナーと冒険、そして恋。生き生きとした描写がいつまでも色あせない最高のSF作品だと思います。」

4位 アイザック・アシモフ《銀河帝国の興亡》三部作(12)
●読者コメント
「子供の頃は本なんて一度読めばおしまい、同じ本を何度も読み直すなんてありえないと思っていた。後年気が付くと、このシリーズを何度も読み返していた。『愛読書』の意味がわかった。」
「これも夢中で読みました。壮大な歴史に圧倒され、何度も読み返した記憶があります。」
「銀河帝国ものの原典であり、アシモフが創作した心理歴史学に驚いた。」
●読者コメント
「基本、いつも不愉快な、見た目ほぼ人間な“弊機”の八面六臂の大活躍が、ただただ楽しい。クスクスしながら読んでしまう。ハッキングを駆使した戦い方がスタイリッシュだから、日本でアニメ化したらいいのにと思ってしまう。」
「弊機のこと好きにならない人、います…? 正直言ってSFはそこまでのめり込む方じゃなかったんですが、この本に出会ってからどんどんSFを読むようになりました。この宇宙のどこかに弊機がいると考えるだけで頑張れますね。」
「小説を何度も読み返すことはあまりないのですが、このシリーズだけは何回読んでも面白くて、ついつい読み返してしまいます。」

4位 田中芳樹《銀河英雄伝説》全15巻(12)
●読者コメント
「とにかく面白すぎる!壮大なスケール、魅力的な登場人物、読者を惹きつけてやまないストーリー。漫画やアニメもいいけど、ぜひ一度は原作小説を読んでいただきたい!」
「コロナ禍でステイホームを余儀なくされ、ちょっと小説でも読もうかと思って手にとったら、あっというまに遠い未来の宇宙戦争と魅力的な英雄たちに心をもっていかれました。すばらしい作品と出会えてほんとうにしあわせです。」
「SFは何となく難しいイメージで読んでなくて、大人になってからこの本を読みました。本当に面白くて夢中で読み、SFって楽しいなと思うきっかけになりました。」

●読者コメント
「レンズマンはスペースオペラのなかでもっともスーパーヒーローしていると思う」
「壮大な宇宙を壮大に駆け回る。ついていけない部分もありますが、自分のものの見方が広がりました。」
「スペースオペラ万歳!」

●読者コメント
「一行目から突っ走る速度と一瞬たりとも飽きさせない密度。そしてキャラクターの存在感。」
「バカバカしくてカッコいい。」
「初心者だった自分にとっての『これがSFだ!』」

9位 ロイス・マクマスター・ビジョルド《ヴォルコシガン》シリーズ(7)
●読者コメント
「ヴォルコシガン・サガの第一作。主人公マイルズの機転と活躍にワクワクしながら読んだ。シリーズが完結してしまったので、改めて読み返したい。」
「ヴォルコシガン・サーガ開幕の一本。肉体的なハンディキャップを知恵と決断で補うマイルズの魅力もさることながらこの最初の1作でしか冒険を共にできない仲間の存在が、ひとに失われた青春時代を懐古させるような働きを持つのかも知れません。」

●読者コメント
「SFを読むようになった中高生のころ、ヴァン・ヴォークトの作品をあれこれ手を出していました。その中ではいちばん印象に残っています。登場する宇宙怪獣の恐ろしさ、それに対処する<総合科学>の聡明さ。」
「あたしはこれでSFにハマりました。冒頭の一文!」
●読者コメント
「SFが新しい思想を語り社会に大きな影響を与えた時代を代表する作品であり、その余波はイーロン・マスクらを通じて現在にまで至る。ビートニクかぶれにも見えるし流行に敏感なハインラインらしくもあるがその根底にあるリバタリアン精神は変わらない。」
「ハインラインのベスト作」

10位 レイ・ブラッドベリ『ウは宇宙船のウ』(6)
●読者コメント
「萩尾望都のコミックで読んでから、小説を読みました。ブラッドベリならではの世界観、詩的な表現に夢中になりました。」
「タイトルから好きです。詩情に満ちて、口に出してみたくなります。幼年期の喜びともの悲しさ。そして夢。」

13位 ポール・アンダースン『タウ・ゼロ』(5)
●読者コメント
「止まれなくなった乗り物小説として最大スケールを誇る。加えてトロッコ問題や塩狩峠のパターンにならないのがいい。」
「とにかく面白い。」

13位 グレッグ・イーガン『宇宙消失』(5)
●読者コメント
「イーガンを最初に読んだ時の、SFでしか味わえないワクワクした感じが忘れられません。」
「破滅テーマかと思いきやとんでもないところへ連れていかれてしまう」

13位 グレッグ・イーガン『万物理論』(5)
●読者コメント
「物理学を学んだ自分にとって、統一場理論に真っ向から挑戦し、エンターテイメント性も忘れずに突っ走り尽くした本書は衝撃的でした。ハードSFの真髄を見た気がしています。」

13位 ジョン・ヴァーリイ《八世界》シリーズ(5)
●読者コメント
「傑作『さようなら、ロビンソン・クルーソー』『ビートニク・バイユー』が読める素晴らしい本!」

13位 ヴァーナー・ヴィンジ『遠き神々の炎』(5)
●読者コメント
「SF を久しぶりに読んで、SFって やっぱりいいなと思ったので。」

13位 アーサー・C・クラーク『地球幼年期の終わり』(5)
●読者コメント
「最初に読んだのが創元版で“地球“がついた邦題が好み。70年代産まれの自分には『三島由紀夫が高く評価していた』というのも堂々とした古典ぶりに感じられる。」

13位 レイ・ブラッドベリ『何かが道をやってくる』(5)
●読者コメント
「10代の頃から何回も読んでいます。タイトルからしてワクワクします。大好き」
「びしょびしょの11月を魅力的な季節に変えた切ない傑作。」

●読者コメント
「SFというジャンルが『宇宙』を描くのなら、盤上遊戯に臨むプレイヤーの精神や、求道者たちの精神に満ちる『内的宇宙』もまたSFであるのだ、と気付かされた一冊。もちろん、純粋なゲームプレイとしてのスリリングな楽しみも好きですが、それに向かわざるを得ない人間の歩みの情念が溜まらなく好きです。」
「盤上から広がる圧倒的な描写に感嘆しました。」


創元SF文庫総解説

米澤穂信〈小市民〉シリーズ最新刊『冬期限定ボンボンショコラ事件』発売日が4月30日(火)に決定! 本日より予約受付開始!


ボンボン発売日

2024年7月より「小市民シリーズ」のタイトルでテレビアニメの放送がスタートする、米澤穂信の大人気ミステリ〈小市民〉シリーズ。

その最新刊である『冬期限定ボンボンショコラ事件』の公式発売日が、2024年4月30日(火)に正式決定しました(※地域によっては発売が前後いたします)。

そして、本日より各オンライン書店および電子書籍販売サイトで『冬期限定ボンボンショコラ事件』の予約受付を開始しました!
※店舗によっては予約開始日時が前後する場合があります。
※書店店頭でのご注文に関しては各書店に直接お問い合わせください。

【書誌情報】
書名:『冬期限定ボンボンショコラ事件』
著者名:米澤穂信(よねざわ・ほのぶ)
叢書名:創元推理文庫(そうげんすいりぶんこ)
本体価格:800円(税込価格:880円)
ISBN:978-4-488-45112-7
判型:文庫
装画:片山若子
装幀:岩郷重力+WONDER WORKZ。
発売日:2024年4月30日(火)

【内容紹介】
小鳩常悟朗、高校三年生。小市民を志す彼はある日空を舞い――落ち、病院に搬送された。轢き逃げだった。病室で目を覚ました小鳩君は、朦朧としながら自分が右の足の骨を折っていることを聞かされ、それにより大学受験が困難になったことを知る。警察から聴取を受け、ふたたび昏々と眠る小鳩君の枕元には、同じく小市民を志す小佐内さんからの「犯人をゆるさない」というメッセージが残されていた……。シリーズ最大の事件を描く冬の巻いよいよ刊行!

【著者紹介】
■米澤穂信(よねざわ・ほのぶ)
1978年岐阜県生まれ。2001年、『氷菓』で第5回角川学園小説大賞奨励賞(ヤングミステリー&ホラー部門)を受賞してデビュー。青春小説としての魅力と謎解きの面白さを兼ね備えた作風で注目され、『春期限定いちごタルト事件』などの作品で人気作家としての地位を確立する。11年に『折れた竜骨』で第64回日本推理作家協会賞、14年『満願』で第27回山本周五郎賞、21年『黒牢城』で第12回山田風太郎賞、翌年には同作品で第166回直木賞を受賞。他の著書に『さよなら妖精』『犬はどこだ』『追想五断章』『王とサーカス』『真実の10メートル手前』『本と鍵の季節』『可燃物』などがある。







貫井徳郎、待望の新連載スタート! 『紙魚の手帖vol.15 FEBRUARY 2024』


今回の2月発売の15号より、『紙魚の手帖』がリニューアルしました! 新たに表紙イラストを担当するのは、人気イラストレーターの飯田研人さん。鮮やかな色で彩られた、唯一無二の不思議な世界を毎号描き下ろしでお届けします。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

また、1ページコラムもリニューアル。各執筆者の皆様の日常や嗜好が垣間見える、「ごほうびごはん」「行かない旅の栞」「読書日記」というバラエティに富んだ内容も、お楽しみくださいませ。

待望の新連載は、本誌初登場の貫井徳郎さんによる『不等辺五角形』。避暑地の別荘で起きた殺人事件をめぐり、証言が錯綜し、圧巻の心理劇が繰り広げられます。予測不可能なミステリ長編をお見逃しなく!

加えて読切では、伊吹亜門さん、今村昌弘さん、北山猛邦さん、白井智之さんといった気鋭が贈る、最新ミステリ短編も掲載しています。どの作品も切れ味の鋭いロジックが冴え渡る本格ミステリで、読み応え抜群です!
なお、SF読切のサマンサ・ミルズ「ラビット・テスト」も見逃せません。2023年のヒューゴー賞・ネビュラ賞・ローカス賞・スタージョン記念賞を受賞した、衝撃の内容をどうぞご覧ください。

そして、今年2024年で東京創元社は創立70周年を迎えました。本誌では記念エッセイ「わたしと東京創元社」の連載を、一年間お届けしていきます。第1弾は、笠井潔さん、北村薫さん、田口俊樹さん、辻真先さん、エドワード・ケアリーさんといった、豪華執筆陣でお贈りします。

また、全国の書店での創立70周年フェア企画も準備中です。今年も、本誌及び東京創元社をどうぞよろしくお願いいたします!

東京創元社ホームページ
記事検索
最新記事
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり