Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

第31回日本推理作家協会賞受賞作にして不朽の名作、新装版で登場! 泡坂妻夫『乱れからくり』


乱れからくり【新装版】

緻密な伏線と論理展開の妙、「亜愛一郎」「曾我佳城」「ヨギ ガンジー」などの愛すべきキャラクターなどで、読者を魅了した泡坂妻夫。
去年2023年は、そんな「ミステリ界の魔術師」と称された偉大なミステリ作家の生誕90周年でした。その節目の年を記念して、創元推理文庫にて隠れた名作『ダイヤル7をまわす時』『折鶴』『蔭桔梗』を復刊し、さらに『11枚のとらんぷ』を新装版で刊行しました。

そしてこの度、上記企画の好評を受けて、泡坂ミステリの代表作のひとつ、『乱れからくり』を新装版で刊行いたしました!

玩具会社部長の馬割朋浩は、降ってきた隕石に当たり命を落とす。その葬儀も終わらぬ内に、今度は彼の幼い息子が過って睡眠薬を飲み死亡。更に馬割家で不可解な死が連続してしまう。一族が抱える謎と、「ねじ屋敷」と呼ばれる同家の庭に造られた、巨大迷路に隠された秘密に、調査会社社長・宇内舞子と新米助手・勝敏夫が挑む。第31回日本推理作家協会賞受賞作にして、不朽の名作。

『乱れからくり』は1979年に映画化され、1982年には火曜サスペンス劇場でテレビドラマ化されたので、ご存じの読者も多いかと思います。宇内舞子を前者は野際陽子さん・後者は古城都さんが、勝敏夫を前者は松田優作さん・後者を柴田恭兵さんが演じました。

その原作である本書は第31回日本推理作家協会賞を受賞し、ミステリ史に残る名作中の名作だと断言できるくらい、謎解きの面白さに満ちあふれています! 「降ってきた隕石によって死者が出る」という衝撃的なシーンから始まり、玩具会社の一族に次々と襲いかかる奇怪な死、「かたかた鳥」「逆立人形」といった多彩で魅力的なからくり、巨大迷路に隠された秘密、そしてラストで解き明かされる、一連の事件の驚愕の真相。

鮮やかなトリックとさりげない伏線を描く華麗な手捌きは、まさに魔術師そのもの。馬割一族を襲った悲劇の真相や、一連の事件の裏で何が起こっていたのかという強烈な「ホワットダニット」の正体を知った時、泡坂ミステリの醍醐味を味わえるでしょう。

解説は、熱烈な泡坂ファンでもある阿津川辰海さん。本書の魅力をはじめ、泡坂ミステリの面白さを丹念に分析・熱く語っていただきました。
不朽の名作である本書は、絶賛発売中です。どうぞお見逃しなく!

乱れからくり (創元推理文庫)
泡坂 妻夫
東京創元社
2024-07-11


11枚のとらんぷ【新装版】 (創元推理文庫)
泡坂 妻夫
東京創元社
2023-11-13


ダイヤル7をまわす時 (創元推理文庫)
泡坂 妻夫
東京創元社
2023-02-20


折鶴 (創元推理文庫)
泡坂 妻夫
東京創元社
2023-05-11


蔭桔梗 (創元推理文庫)
泡坂 妻夫
東京創元社
2023-08-12


【創立70周年記念企画】周年フェア第2弾開催中!7月の漫画家カバーをご紹介!


70周年キービジュアル

「東京創元社創立70周年フェア」の第2弾がスタートしました! 
4月の第1弾フェアでも行った「人気漫画家による描き下ろしカバー」、「豪華箔押しアニバーサリーカバー」、「私のオススメ文庫」企画は継続して行い、書籍を一新してお届けします。
今回は、「人気漫画家による描き下ろしカバー」の3点をご紹介いたします(並びは漫画家名の五十音順)。


『落下する緑』(田中啓文)
イラスト:石塚真一先生

落下する緑限定カバー

唐島英治クインテットのメンバー、永見緋太郎は天才肌のテナーサックス奏者。音楽以外の物事にはあまり興味を持たない永見だが、ひとたび事件や謎に遭遇すると、楽器を奏でるように軽やかに解決してみせる。逆さまに展示された絵画の謎、師から弟子へ連綿と受け継がれたクラリネットの秘密など、永見が披露する名推理の数々。鮎川哲也も絶賛した表題作にはじまる、日常の謎連作集。著者あとがき=田中啓文/解説=山下洋輔

『ルナ・ゲートの彼方』(ロバート・A・ハインライン 森下弓子 訳)
イラスト:内藤泰弘先生

ルナ・ゲートの彼方限定カバー

恒星間ゲートを利用して未知の惑星に志願者を送りこみ、回収のときまで無事生きていられたら合格――これが上級サバイバル・テストだ。ハイスクール生のロッドは両親の猛反対を押しきって、十数名のクラスメイトとともにゲートをくぐった。事故で回収が不可能になることなど、露ほども知らずに……。生存のための長い長い闘いがはじまった。巨匠にこの1作ありと語られる名編登場! 解説=大森望

『現代詩人探偵』(紅玉いづき)
イラスト:山口つばさ先生

現代詩人探偵限定カバー

とある地方都市でSNSコミュニティ、『現代詩人卵の会』のオフ会が開かれた。九人の参加者は別れ際に、今後も創作を続け、十年後に再会する約束を交わした。しかし当日集まったのは五人で、残りが自殺などの不審死を遂げていた。生きることと詩作の両立に悩む僕は、彼らの死にまつわる謎を探り始める。創作に取り憑かれた人々の生きた軌跡を辿り、孤独な探偵が見た光景とは? 著者あとがき=紅玉いづき/解説=宇田川拓也

4月のフェアでは石黒正数先生に『トリフィド時代』(ジョン・ウィンダム 中村融 訳)を、藤田和日郎先生に『大誘拐』(天藤真)を描いていただきました。こちらも好評発売中です。

漫画家カバー5点

5点を並べると壮観です!

フェアの詳細はこちらから、


7月フェアの開催店様はこちらからご確認いただけます。


ご確認の上、ぜひお近くの開催店様に足をお運びください!
※書籍によっては店頭に並んでいない場合があります。その場合はご注文ください。

高島雄哉『ホロニック:ガール』刊行記念! 姉妹編『エンタングル:ガール』を3名様にプレゼント!


来たる7月29日。8月16日より特別上映がはじまるアニメーション『ゼーガペインSTA』の公式スピンオフ小説であり、『エンタングル:ガール』の姉妹編でもある高島雄哉さんの新作『ホロニック:ガール』が、創元SF文庫より刊行されます。

『ホロニック:ガール』は、『ゼーガペイン』本編のその後の世界を、圧倒的スケールで描き出したオリジナルハードSF長編。
9月1日――新学期を迎えた舞浜南高校で、平穏な日常を取り戻したかに見えた守凪了子たちを、思いもよらない危機がふたたび襲います。

ホロニック:ガール

本作『ホロニック:ガール』の刊行を記念して、姉妹編『エンタングル:ガール』(創元SF文庫)を抽選で3名様にプレゼントいたします!

2019年に単行本版が創元日本SF叢書から、2022年には文庫版が創元SF文庫より刊行された『エンタングル:ガール』は、傑作アニメ『ゼーガペイン』の世界を独自の着想で描いた一冊。
舞浜南高校映画研究部の活動を通じ、舞浜に隠された世界の謎をひもとく学園SFです。

ぜひこの機会に『ゼーガペイン』シリーズの魅力を、小説でもお楽しみください!

78502

応募は無料です。どしどしご応募ください!
応募方法は簡単、東京創元社の公式X(旧Twitter)アカウント(@tokyosogensha)をフォローし、下記の投稿(以下をクリック)をリポストするだけ!

【高島雄哉『ホロニック:ガール』(創元SF文庫)7月29日刊行記念】
8月16日に特別上映がはじまる『ゼーガペインSTA』の公式スピンオフ小説の発売を記念し、姉妹編『エンタングル:ガール』 #創元SF文庫 を3名様にプレゼント!
1.当アカウントをフォロー
2.この投稿をリポストで応募完了! 
※7月22日(月)12:00〆切※
https://x.com/tokyosogensha/status/1813120598098518426

※応募締切は7月22日(月)昼12時です!
※該当ツイートをリポストしてくださった方の中から「3名様」を抽選で選ばせていただきます。非公開アカウントは抽選の対象外となります。
※ご当選者のみに、7月23日(火)昼12時までにXのダイレクトメッセージ機能を使ってご連絡差し上げます。文庫を発送するため、ご住所とご本名をお伺いいたします。ご了承のほど、お願い申し上げます。
※いただいた個人情報は、本の発送以外の目的には使用しません。

たくさんのご応募をお待ちしております!

■書誌情報
『エンタングル:ガール』
著者 高島雄哉
ISBN 978-4-488-78502-4
Cコード C0193
文庫コード SF-た-3-2
装画 あきづきりょう
装幀 東京創元社装幀室

映画監督を志す守凪了子(カミナギリョーコ)は舞浜南高校に進学し、憧れの映研に入部した。仲間たちとともに、AIを駆使した長編映画を制作し、コンテストに応募するのだ。だが撮影を続けるなかで、あちこちで奇妙な齟齬を体験する。それはこの街自体に隠された〈世界のほころび〉だった。気鋭のハードSF作家が独自の着想で綴る、本格SFアニメーション『ゼーガペイン』の語られざるエピソード。書下しボーナストラック「ホロニックワールド・エンタングルメント」を収録。単行本版あとがき・文庫版あとがき=高島雄哉/解説=花澤香菜

エンタングル:ガール (創元SF文庫)
高島 雄哉
東京創元社
2022-04-11


ホロニック:ガール (創元SF文庫)
高島 雄哉
東京創元社
2024-07-27


東京創元社ホームページ
記事検索
最新記事
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


創立70周年


東京創元社特設サイト