Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

美術室|中川悠京[2006年8月]


●壁紙とブックカバーを無料ダウンロード・サービス●
中川悠京
UK Nakagawa

特 製 壁 紙 2 点 !

幻想的かつ美麗な画風で好評を博す中川悠京先生のイラストを、〈Webミステリーズ!〉特製の壁紙にしました。ジョナサン・キャロル『蜂の巣にキス』(創元推理文庫)と、山田正紀『カオスコープ』(創元クライム・クラブ)を飾ったイラストの2種類を用意しました。
下の画像をクリックしてからダウンロードしてください。
中川悠京・壁紙その1
中川悠京・壁紙その2
【壁紙の設定方法】
◎上の画像をクリックして、大きなjpg画像ページに跳んでください。
◎ご使用の PC が windows の場合は、画像の上で右クリックし、メニューから“背景に設定”を選んでください。
◎ macintosh の場合は、画像をドラッグ・アンド・ドロップしてデスクトップに保存したのち、コントロールパネルのアピアランスを開いてデスクトップをクリックしてください。ピクチャの選択で、保存した壁紙を指定してください。
特 製 ブ ッ ク カ バ ー

ジョナサン・キャロル『パニックの手』(創元推理文庫)を飾った中川悠京先生のイラストを、〈Webミステリーズ!〉特製のブックカバーにしました。ダウンロードされた上で、ご家庭のカラープリンタで出力してご利用ください。
PDFファイルを表示するには Adobe Acrobat Reader が必要です。
Acrobat Reader をお持ちでない方は、右のバナーをクリックしてアドビシステムズから入手してください。無償で配布されています。
[PDF 1300K]
中川悠京ブックカバー
*  *  *

なお、東京創元社ホームページでは、下記ページでも特製ブックカバーをダウンロード配布中です。ご好評をいただいています。是非ご利用ください。



(2006年8月)

中川悠京(なかがわ・ゆうけい)
1972年、新潟県佐渡生まれ。書籍のカバーイラストや挿絵を手がけるほか、ゲーム・グラフィックデザイナーとしても活躍。ジョナサン・キャロル『死者の書』『蜂の巣にキス』『パニックの手』『黒いカクテル』(以上、創元推理文庫)、山田正紀『カオスコープ』(創元クライムクラブ)などのほか、菅浩江『五人姉妹』(ハヤカワ文庫JA)、ジョン・ミンヒ《ルーンの子供たち》(宙出版)などのイラストを担当。2006年9月より、笹公人氏とのコラボレーション〈地球(テラ)スコープ〉展覧会を開催予定。サイトはこちら。「中中舎」http://www007.upp.so-net.ne.jp/uk888/

酔読三昧 【第5回】萩原香[2006年7月]


酔っ払ってメガネをなくしてしまった。
で、SF映画が好きだ(というか映画が好きだ)。


萩原 香 kaori HAGIWARA

 

 酔っ払ってメガネをなくしてしまった。どなたか拾われたらご一報ください薄謝進呈いたしますメガネは顔の一部です。なんか顔がすーすーして気色悪いな。これで何度めだろう。メガネ屋さんの上得意ではないか。

 しかし腹の立つ。メガネはどこへ消えた臭いチーズは苦手だな。腹立ちまぎれにビールを一杯いや二杯三杯四杯。こうなったらメガネのツルをこめかみに埋めこんじまおうかな。メガネは顔の一部です。そうすりゃ死んでも落ちない。サイボーグだなSFだ。

 で、SF映画が好きだ(というか映画が好きだ)。小説のほうはほとんど門外漢だが、中子真治の『超SF映画』まで買ったもんなあ。出たのはもう四半世紀前。ジョルジュ・メリエスの『海底探検』(1897)を嚆矢として、『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』(1980)に至る900本ものSF映画を総覧した大著であった。

 やはりSFはアートだなヴィジュアルだな。ロジックはさりながらイメージの喚起力が命だな。イラストレーターだったら異形のスペースシップを描くクリス・フォスかな。幻想的なタッチならブラッド・ホーランドとかジョン・ショーエンヘールかな。絵が見られないから何を言っても得だな。

 ところで『サイレント・ランニング』(1972)は5本の指に入る名作だと思っている。環境破壊に覆われた地球をあとに、わずか残った緑の自然をドームに格納した宇宙船がさまようお話。主役のブルース・ダーン(ときどきエリオット・グールドと間違える)は狂信的なエコロジスト(?)みたいで、こいつが暴走したあげく破局が訪れる。

 とにかく地味でネクラな映画。しまいには乗組員の死に絶えた宇宙船でロボットが一体だけ生き残る(と思う)。これが将棋の駒に脚を2本くっつけたようなやつで、よちよち歩きながら黙々と草花に水をやる姿が、とにかく泣かせる。『スター・ウォーズ』(1977)のR2D2の原型がこれだ、そうだ。ロボットの悲劇を描いた映画でもある。

 エンディングにかぶさるのはジョーン・バエズ(フォークの女王だと)の歌だ。ヒッピーとかフラワーチルドレンとか反戦とかメッセージ臭の漂う映画だが、こういうのを観ると一瞬居ずまいを正したくなるところが怖いな。自然を守るには人類が消えてなくなるのがいちばん。思わず酔いが冷めそうだ。ビール追加ね。

 あと『地球の静止する日』(1951)も古式ゆかしい名作だな。賢い宇宙人が、戦争ばかりやってるお馬鹿な人類を善導しにやってくる話。宇宙人役のマイケル・レニーって、のっぺりしたリチャード・ギアか端正なレナード・ニモイか。やはりのっぺりした成形一体型ボディのロボットも出てくる。『禁断の惑星』(1956)のロビーのほうがはるかに有名か。

 ディーン・クーンツの『12月の扉』)は、人体実験にさらされた少女の周辺で奇怪な連続殺人が起こるモダンホラーである。すでにお読みの方は『禁断の惑星』をご覧じろ。映画は観ている方はこの小説をご一読あれ。どちらも観たし読んだ方は言わずもがな。ええい、これ以上書けないのがもどかしいではないか。ビールはもうないのかい。

 モーフィングごっこを続けると、カート・ラッセルは蟹江敬三(さん)を外国人ぽくしたみたいだな(どっちに失礼だ)。『ニューヨーク1997』(1981)の隻眼のタフガイ、スネーク役にはハマった。それよりもなによりも『ソルジャー』(1998)での感情を抹消された〈宇宙の戦士〉役が感動ものであった。

 彼が主演した『遊星からの物体X』(1982)はもはやカルトだが、原作はジョン・W・キャンベル・ジュニアの「影が行く」。汝の隣人はほんとに人間?という恐怖の蔓延を描いて、フィリップ・K・ディック、ディーン・クーンツ他『影が行く――ホラーSF傑作選』に収録されている。早川書房の「ベストSF2000――海外篇」第2位になった名アンソロジーだ。

 それはそうと『遊星からの物体X』の監督ジョン・カーペンターの奥さん(だった?)、アドリエンヌ・バーボーは怖い顔をした女優さんだ。『ザ・フォッグ』(1980)は怖いがバーボーさんも怖かった。『サスペリア』(1977)のアリダ・ヴァリの怖さに勝るとも劣らない。『第三の男』(1949)のころはきりりと美し……あ、大変失礼いたしました。お冷やいただけますか。

 さて原作といえば『地球の静止する日』にもある。ハリイ・ベイツの「主人への告別」で、レイ・ブラッドベリ、シオドア・スタージョン他『地球の静止する日――SF映画原作傑作選』に収められている。特にこちらはSF映画の珍しい原作ばかり。B級巨大昆虫パニックものの快作『ミミック』(1997)にも原作があるとは知らなんだ。ドナルド・A・ウォルハイム「擬態」。これまた汝の隣人はほんとに人間?という不安が凝縮されている。

 タイトルが似てるのでうっかり映画館に足を運んでしまったのが『レリック』(1996)だ。こっちは「金返せ」の出来。あれ? こっちが先の公開か。ということは『レリック』観て、タイトルが似てるのでうっかり映画館に足を運んでしまったのが『ミミック』かい。どっちでもいいや。だけどタイトルのモーフィングはやめておくれよ。

 しかし裸眼はきつい。近視に老眼に乱視の三重苦。新しいメガネはまだ来ない。本も読めやしない。へヴイメタルの新譜、ラクーナ・コイルの『カーマコード』も聴けやしない。関係ないな。

 というわけで今回は、お題に反して映画の話ばかりになってしまった。

 お詫びにそろそろバーボンをダブルのストレート、チェイサー付きで。

(2006年7月)

萩原 香(はぎわら・かおり)
イラストレーター、エッセイスト。文庫の巻末解説もときどき執筆。酔っぱらったような筆はこびで、昔から根強いファンを獲得している。ただし少数。その他、特記すべきことなし。

美術室|森山由海[2006年7月]


【Webミステリーズ! 美術室】
●壁紙とブックカバーを無料ダウンロード・サービス●
森山由海
Yoshimi Moriyama

特 製 壁 紙

繊細にして大胆――創元推理文庫・創元SF文庫のカバーイラストでお馴染み、装幀挿絵画家・森山由海先生よりオリジナル・イラストをいただき、〈Webミステリーズ!〉特製の壁紙にしました。
下の画像をクリックしてからダウンロードしてください。
森山由海・壁紙
【壁紙の設定方法】
◎上の画像をクリックして、大きなjpg画像ページに跳んでください。
◎ご使用の PC が windows の場合は、画像の上で右クリックし、メニューから“背景に設定”を選んでください。
◎ macintosh の場合は、画像をドラッグ・アンド・ドロップしてデスクトップに保存したのち、コントロールパネルのアピアランスを開いてデスクトップをクリックしてください。ピクチャの選択で、保存した壁紙を指定してください。
特 製 ブ ッ ク カ バ ー

森山由海先生のオリジナル・イラストを〈Webミステリーズ!〉特製のブックカバーにしました。ダウンロードされた上で、ご家庭のカラープリンタで出力してご利用ください。
PDFファイルを表示するには Adobe Acrobat Reader が必要です。
Acrobat Reader をお持ちでない方は、右のバナーをクリックしてアドビシステムズから入手してください。無償で配布されています。
[PDF 3200K]
森山由海ブックカバー
*  *  *

なお、東京創元社ホームページでは、下記ページでも特製ブックカバーをダウンロード配布中です。ご好評をいただいています。是非ご利用ください。



(2006年7月)

森山由海(もりやま・よしみ)
1965年、広島県生まれ。旧称・藤原ヨウコウ。京都工芸繊維大学大学院終了。装幀挿絵画家。1995年、創元推理文庫刊のジューン・トムスン『時のかたみ』のカバーイラストでデビュー。自身でデザインもこなす。東京創元社では、シオドア・スタージョン『時間のかかる彫刻』ブライアン・ラムレイ『地を穿つ魔』エラリー・クイーン『エラリー・クイーンの国際事件簿』田中啓文『落下する緑』ほか多数のカバーイラストを担当していただいている。サイトはこちら。http://unit-y2.art-studio.cc/

東京創元社ホームページ
記事検索
最新記事
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


創立70周年


東京創元社特設サイト