Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

酔読三昧 【第3回】萩原香[2006年5月]


犬を飼いたい。しかしマンション住まいなので叶わない。
しかたないので亀を飼っている。


萩原 香 kaori HAGIWARA

 

 小学生のころだろうか。向かいの家でスピッツを飼っていた。こいつは朝から晩まで吠えつづけていた。人にではない、近所のビルの屋上になびくアドバルーンに向かってだ。きゃんきゃんきゃんきゃんきゃん。夕方になると、吠えすぎで喉が嗄れてひゃんひゃんひゃんひゃんひゃん。「スピッツってバカだからね~」お袋はあきれていた。スピッツがバカというよりその犬がバカだったんだろう。

 そのうちスピッツが死んで別の犬を飼いはじめた。雑種みたいだったが、こいつはなかなか愛想があった。愛想がありすぎたのか、遊んでやっているとだんだん興奮してきて噛まれそうになったことがある。犬は好きだが、いまでもちと怖い。

 あのころの夏は暑かった。エアコンなんてない時代。扇風機はあったか。夕食どき、親父は焼き鳥を肴に一杯やっている。ふと見ると、ガラス窓がすこ~しあいていた。そこから雑種犬の鼻がのぞいてひくついている。「やると癖になる」親父が無視しているうちに鼻がひっこんだ。

 がらがらがら、玄関から音がする。覗いてみると、雑種犬が前脚でガラス戸をこじあけ顔を突っこんでいた。さすがに遠慮しているのか、それ以上は入ろうとしない。ハアハアいいながら舌を垂らし、尻尾を振りまわしている。一本くらいくれてやってもよかろうに。「前のうちはエサやっとらんのか」親父は急いで焼き鳥を食べていた。

 その雑種もしばらくして死んでしまった。「飼っても死んじゃうからね~」お袋がよく言っていた。

 犬を飼いたい。これが念願の夢だ。しかしマンション住まいなので叶わない。しかたないので亀を飼っている。吠えるでもなし芸をするでもなし、ただ餌を喰らって水槽のなかをじたばた動きまわるだけ。見ていて面白くもなんともないが情は移る。まあ、こっちがあの世に往くときは一緒に棺桶に入れてやろう。犬は入れさせてくれんもんな。亀もか。

 犬は柴犬がいい。いかにもニッポンの犬。なるべく頭が悪くて目つきのよくないやつがいいな。いしいひさいち『ののちゃん』『となりの山田くん』もか)のポチみたいな。柴犬でなければボーダー・コリーだ。こちらは牧羊犬。マージョリー・クォートンの『牧羊犬シェップと困ったボス』を読めばぜったい飼いたくなる。

 これは「犬が書いた」お話。舞台はアイルランドの片田舎だ。飼い主のボスは農場主で、牧羊犬競技会(映画『ベイブ』に出てくるあれ)出場に意欲を燃やしている。血統書付きの賢く健気で勤勉なそれでいてちょっとトンチキなシェップは、議論口論乱痴気騒ぎ大好きで何かあるとすぐパブに飛んでゆくこのオヤジが大好きだ。

 こんなシーンがある。イングランドでの牧羊犬競技会最終戦前夜、立派なホテルの晩餐会に招かれたときのことだ。

 「食堂の入り口には黒いスーツの男がいて、ぼくがボスについて中に入ろうとすると立ちふさがった。『申し訳ありませんが、お客様、犬は入れません』男は言った。ボスは真っ赤になった。『犬は入れない? そりゃどういう意味だ? 犬が入れなきゃ人間も入らんし、晩餐もなしだ。おいで、シェップ』そう言うなり、ボスはつかつかと前進し、ぼくを従えてまっすぐ食堂に入っていった。そこにはぼく以外に犬はいなかった」

 この二人(?)六脚コンビを中心に、犬と人間ない交ぜで揉めごと諍いごたごたが頻発。なにしろアイルランド人は、かつてイギリス連邦から独立を勝ち取ったとき、「これで安心して内輪もめができる」と快哉を叫んだ国民性の持ち主らしい(訳者あとがきより)。だったら犬だって。犬は飼い主に似るのだ。「スピッツってバカだからね~」お袋の発言には底意があったな。

 それはともかくこの小説、スラップスティックでも過剰さやあざとさや作為がない。なくてもクツクツ笑える。お涙頂戴や声高な動物愛護メッセージなんぞもない。ただの犬とただの人間が、ただ一緒に生活しているその「当たり前」さを描いているところに心地よい温もりがある。作者自身も農場を営んでいて、150頭の羊や6匹のボーダー・コリーらと暮らしているとか。きっと犬が好きで人間が好きで自国アイルランドが好きなんだろう。読んでいて自然と顔のほころぶ、ほんとにいい小説だ。

 ミステリやSFやファンタジーやホラーといったジャンル小説ではないので、目に止まらなかった読者も多いはず。筆者もそうだった。エンタテインメント映画ばかり観ていて『WATARIDORI』を観逃すようなもんだ。こういう玉のような小説を見つけるのが読書の醍醐味なのに、もったいない。ドッグフードはけっこういけるらしい。犬にはもったいない。

 ときどき近所で、下半身不随の老犬が散歩しているのに出くわすことがあった。下半身は車椅子にくくりつけられていて、前脚だけでよたよた歩いている。その後ろを、おじさんがのんびりついてくる。車椅子は飼い主のお手製らしい。この二人(?)四脚も「当たり前」だな。ここのところ見かけないが、どうしたんだろう。

 いつか犬を飼おうと思う。

 芸なんぞ仕込まない。お手とお坐りで充分だ。空き巣が来ても尻尾を振るワンコでいい。成犬になったら酒を呑ませてやろう。こちらがよいよいのジジイになったら、リードで引っ張って散歩させてもらおう。おたがい、それが筋ってもんだ。

(2006年5月)

萩原 香(はぎわら・かおり)
イラストレーター、エッセイスト。文庫の巻末解説もときどき執筆。酔っぱらったような筆はこびで、昔から根強いファンを獲得している。ただし少数。その他、特記すべきことなし。


推理小説の専門出版社|東京創元社

加藤実秋『インディゴの夜 チョコレートビースト』[2006年4月]


なんでホストクラブって店も従業員もワンパターンなの?
第10回創元推理短編賞受賞作家のシリーズ最新短編集
(06年4月刊『インディゴの夜/チョコレートビースト』)

加藤実秋 miaki KATOH

 

「なんでホストクラブって店も従業員もワンパターンなの? もっといろんなタイプがあってもいいじゃない」

 というのは昨年刊行した私のデビュー作『インディゴの夜』表題作の一節、ヒロイン・晶の台詞だ。私がこの作品を書いたのも、全く同じことを考えていたからだ。クラブやカフェのようなインテリアで、パーカーにジーンズ、スニーカー姿の男の子たちが出迎えてくれるホストクラブ。しかし私には現実に店を経営する技量も資金もないので、小説に書いてみた。それが新人賞を受賞し、シリーズ化されて単行本となり、今回はその続編まで上梓することができた。できることならこれからもこの一風変わった店で働く、どこにでもいそうな若者たちの奮闘ぶりを書いていきたいと思っている。

 今回、原稿を書くにあたり担当の編集さんと話したのは「前作でできた宿題に一つ一つ答えを出していこう」ということだ。真っ先に浮かんだのが「返報者」で、歌舞伎町のカリスマホスト・空也へ恩返しをする話だ。ちなみに私は一度もホストクラブに行ったことがない。一時期ホストクラブ通いにはまった知人(なぜか男性)と、短期間だがホストをやっていた中学時代の同級生から少しだけ話を聞き、あとは全て想像で書いている。

 次に取りかかったのが「マイノリティ/マジョリティ」で、メインキャラクターの中でまだ主役になったことのない人物・塩谷をフィーチャーした。作中に雑誌づくりの現場が登場するため、某社の担当編集さんにお願いして彼の会社で発行している有名女性ファッション誌の編集部を見学させていただいた。その際、彼のロッカーの中も「見ますか? いいですよ」と申し出てくれたので覗かせてもらったのだが、雑然とした空間の片隅にブサかわいいカッパのぬいぐるみとともに、『照英』の写真集らしきものが押し込まれているのを発見してしまった時の衝撃は筆舌に尽くし難い。20代独身男子のロッカーに元モデル、現・体育会系肉体派タレントの写真集……まあそれはそれとして、お陰で編集部の様子など納得のいくかたちで書き込むことができたと思う。

 表題作の「チョコレートビースト」には、オカマの実業家・なぎさママの愛犬43万円(本名=まりん)が登場するのだが、この犬にはモデルがいる。私の自宅近くのとある家で飼われているトイプードルだ。こいつがもうとてつもなくうるさい。私がその家の前を通るとドア越しに、私は君の親の敵か? 前世で何か因縁関係が? と思うほど吠える。しかも小型犬特有の甲高い、循環器系直撃の声。普段は吠えられることがわかっているので用心して通るのだが、ゴミ出しのために早朝半分寝ながら歩いている時などは心臓が止まりそうに、というより「今ので間違いなく10秒は寿命が縮まった」と確信できるほどの破壊力だ。なので憂さ晴らしをしてやろうとモデルにしたのだが、元来犬好きで子どもの頃は飼っていたこともあるので、物語の中とはいえそうそうひどい目には遭わせられない。その結果、現在のところモデル以上にやりたい放題、ヒロインを翻弄しまくっている。


 そして4話目が「真夜中のダーリン」。実はこれ、前作の最終話として書く予定だった。当時の担当編集さんに「泣ける話にしましょう」と言われ、具体的なアイデアなども提案してもらったのだが、どうしてもイメージが湧かず別の話を書くことになった。しかし今回最終話でホストコンテストをテーマにすると決めた際、急にその時のやり取りが頭に浮かび、「今ならあのアイデアを活かせるかも知れない」と思い立った。実際にこの話を読んで泣く人がいるかどうかは定かではないが、前作で出された(出したのも自分なのだが)一番大きく難しい宿題に取り組むことはできた。

「あとがき代わりに何か」という依頼を受け、思うままにつらつらと書いてしまった。しかし小説以外の文章をである調で書くのは難しい。なんか偉そう。まあとにかく無事に2冊目の本を刊行できたことは嬉しく、大勢の人に読んでもらえればなお嬉しく、読むかどうかはわかんないけど、取りあえず本屋で手に取ってみようかなと思ってもらえるだけでも光栄です。

(2006年4月)

加藤実秋(かとう・みあき)
作家。1966年東京都生まれ。2003年、「インディゴの夜」で第10回創元推理短編賞を受賞しデビュー。受賞作はシリーズ化され、『インディゴの夜』にまとめられた。2006年4月刊の『チョコレートビースト』は〈インディゴの夜〉シリーズ待望の最新作品集である。


推理小説の専門出版社|東京創元社

岸田るり子『出口のない部屋』[2006年4月]


ばらばらのピースが一つになって
第14回鮎川哲也賞受賞作家による受賞後第1作
(06年4月刊『出口のない部屋』 )

岸田るり子 ruriko KISHIDA

 

 本編『出口のない部屋』に取り組むにあたって、自分はどのカテゴリーのミステリを書こうとしているのか、そのことをあえて意識しませんでした。
 私は本格ミステリの計算された仕掛けと立体的な構造が好きで、常々そのようなミステリに魅せられています。しかし、どうも考えてみると、トリック重視、限界ギリギリの技巧を全面に押し出したものよりは、人物の背景や心理を丹念に描いたミステリのほうが自分には合っている気がしてきました。
 この二つを自然な形で両立させようと工夫した結果、今回のような作品に仕上がりました。ですから、ジャンルはさておき、本格の仕掛けと人間ドラマを併せ持ったエンターテインメント作品として、本編を楽しんでいただければ幸いです。

 この物語を構成する上で、まず最初に核となるものとして、一つの記憶を自分の体験から引っ張り出してきました。
 もうずいぶん昔のことになるのですが、フランス時代、ジャン=ポール・サルトルの「出口なし」という戯曲を授業の課題で暗記し、更には舞台を見に行ったことがあります。
 それがこの作品の構想を練る前にふと私の頭をよぎりました。(だからと言って、私はサルトルの他の作品を多く読んでいるわけではなく、また、彼の哲学的思想に心酔しているわけでもありません)
 〈三人の見知らぬ男女が一つの部屋に入ってきて向き合う〉、このサルトルの着想をミステリのジャンルの枠内、つまり娯楽作品として加工することはできないものか。それが本作の骨組みを作る上での出発点となりました。
 そこから人物、背景など虚構のパーツを増やしていき、それらの人間関係を組み立てて、最後に一つの物語になるように試行錯誤しました。

 舞台は、前作『密室の鎮魂歌(レクイエム)』同様、京都です。
 今回は、京都の中でも華やかで特殊な世界を描きたかったので、花街で逞しく生きる舞妓・芸妓さんたちの社会について、先斗町でお茶屋を営んでいる知り合いに取材させていただきました。
 また、キメラの章では、発生学の専門であり、古くからの友人に協力してもらいました。当時、パリ郊外にある某発生学研究所でこの小説の中にでてくる鶏にウズラの胚を移植する手術を友人は手がけていました。
 一緒に食事をしたおりに、キメラ誕生を成功させ、興奮さめやらぬ彼女から度々そのもようを耳にしていました。その時は何気なく聞いていましたが、やはりこの作品を書く上で、私の脳裏にその時の会話が蘇ってきました。
 彼女はその後帰国し『生体の科学』という雑誌に論文を掲載したので、それを参考文献とさせてもらいました。そして、当時、やはり、この研究に携わっていたもう一人の友人がさまざまな細かい質問に答えてくれました。
 もちろん、この章に登場する人物、組織、団体等はすべて完全なる私の虚構で、胚の手術の場面は、友人の文献を大いに参考にさせていただきました。
 研究者同士の熾烈でどろどろした争いを作中に描いていますが、それも友人とはなんの関係もありませんので、ここに明言させていただきます。
 いまでも、研究者として第一線で活躍されているお二人に快く取材に応じていただいたこと、深く感謝しております。


 私の人生の中にバラバラに存在し、忘れかけていた記憶のピースがふとした瞬間に復活し、それが小説世界の中で生き返える。本作品を通じて、そんな貴重な体験をしました。
 改めて、自分を取り巻くあらゆる出来事にはすべて意味があり、過去、現在、未来と繋がっているのだと実感しました。

 一見関わりがないと思われる人物、出来事が、意外な展開で最後に繋がりをみせるというのはミステリの醍醐味です。
 そんなミステリを本作で堪能していただければこれほど嬉しいことはありません。

(2006年4月)

岸田るり子(きしだ・るりこ)
作家。1961年京都府生まれ。2004年、『密室の鎮魂歌(レクイエム)』で第14回鮎川哲也賞を受賞し、デビュー。2006年4月刊行の『出口のない部屋』は、待望の受賞後第1作である。


推理小説の専門出版社|東京創元社
東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


創立70周年


東京創元社特設サイト