Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

千街晶之ほか『本格ミステリ・フラッシュバック』[2008年12月]


このブックガイドはひとりでも多くの本格ファンに、
手引きとして参照していただきたいと思うのである。

松本清張が頭角を現した1957年から、綾辻行人の登場した1987年まで、
約30年間に書かれた名作・傑作を紹介する珠玉のブックガイド。
(08年12月刊『本格ミステリ・フラッシュバック』キイ・ライブラリー)

千街晶之 akiyuki SENGAI

 

 今まで私が関わったブックガイド系の仕事を思い返すと、『怪奇幻想ミステリ150選』(原書房)は別として、『ニューウェイヴ・ミステリ読本』(原書房)にせよ、探偵小説研究会の一員として参加した『本格ミステリ・ベスト100 1975-1994』『本格ミステリ・クロニクル300』(原書房)にせよ、どれも自分にとっての「同時代性」というものと切っても切れない関係が存在していた気がする。つまり、1987年にスタートした「新本格」を、私は最初からリアルタイムで読んでおり、それがどのように受容されてきたかといった時代の空気も実感してきたつもりなので、そのことをひとつの強みとして執筆することが出来た面はあったと思うのである。
 しかし、『本格ミステリ・フラッシュバック』の場合は、1957年から87年という、私が生まれる以前から、ようやくミステリマニアになりかけの頃までのミステリを紹介するという作業であるため、少なくとも80年代前半までに発表された作品の多くは、あとになって読んだものばかりである。そのあたりの事情は、他の六人の執筆者も似たりよったりに違いない(57年当時に生まれていた執筆者はいない)。
 これはもしかすると、リアルタイムの空気を知らないという弱みであるのかも知れない。しかし逆に、当時の評価に関する実感がないからこそ、現在なりの視点で過去の作品を再評価出来た――という強みにもなり得たと思うのだ。「この時期にどんな作品があったのか」という探究心も、実感としては知り得ぬ過去を少しでも知りたいという思いから出てきたのだし、当時の評価は評価として尊重しつつ「いま読んで純粋に面白いかどうか」を基準にしたかったというのも、たぶん執筆者全員に共通の思いだろう。従って、リアルタイムでこの時代のミステリをずっと読んできた読者からすると「その評価はちょっとどうか」と言いたくなるところもあるやも知れないが、そのあたりはどうか、後の世代ならではの怖いもの知らずぶりとしてご容赦願えればと……。それと、執筆者個々人によって「どこまでが本格か」という範囲は微妙に異なるけれど、ここでは「こういう読み方をすれば本格としての鑑賞も可能」といったふうに、やや広めに範囲をとっていることもお断りしておきたい。
 あと一言。『本格ミステリ・フラッシュバック』は、近年の一連の本格論争が始まる前から雑誌に掲載されていたものだが、論争を経ることで「そもそも本格に対する定義やイメージは個々人によってバラバラであり、ジャンルに関する共通了解があったつもりが、実は一種の共同幻想としてしか存在していなかった」ということが暴かれてしまった現在、もし共通了解を再構築するのであれば、一冊でも多く過去の実作に目を通す必要があることは間違いない。その意味でも、このブックガイドはひとりでも多くの本格ファンに、手引きとして参照していただきたいと思うのである。もちろん、そういった難しいことなど抜きに、自分が読みたい本を見つけ出すために楽しく活用していただくのが、私としては一番嬉しいのだけれど。

(2008年12月)

千街晶之(せんがい・あきゆき)
1970年北海道生まれ。立教大学卒。95年「終わらない伝言ゲーム――ゴシック・ミステリの系譜」で第2回創元推理評論賞を受賞しデビュー。〈週刊文春〉をはじめ各誌で活躍。2004年『水面の星座 水底の宝石』で第4回本格ミステリ大賞、第57回日本推理作家協会賞をW受賞。『本格ミステリ・フラッシュバック』は、著者を含めた7名の執筆陣による、〈ミステリーズ!〉の人気連載を大幅改稿・増補した珠玉のブックガイドである。

北山猛邦『踊るジョーカー』[2008年12月]


『踊るジョーカー』のあとがき
世界一気弱な名探偵がお弁当持って事件に挑む
キュートでコミカルな本格ミステリ連作集
(08年11月刊『踊るジョーカー』)

北山猛邦 takekuni KITAYAMA

 

 毎回締め切り限界突破で〈ミステリーズ!〉の担当さんにご迷惑ばかりおかけし続けてきた名探偵音野順の短編シリーズもついに一冊分になりました。
 連載二回目の「時間泥棒」の時には、自宅近くの小さな川が大雨で氾濫し、家の前に消防車が来てスピーカーで避難勧告を発するという状況の中、こっちもぎりぎりでそれどころじゃないんだよと思いながら原稿を書きました。ちなみに家は無事でした。なんだかんだで今まで続けてこられたのも、いつも辛抱強く原稿を待ってくれた担当さんのおかげです。ありがとうございました。
 理由はよく覚えていませんが、表題作である「踊るジョーカー」を書いた頃は、ひどく落ち込んでいて自信喪失しており、いろいろと悩んでいました。ある時ふと、そのまま自信のない気持ちを登場人物の一人として形にしてしまおうと思い立ち、結果として音野順が誕生しました。自信がなくて気が弱い、引っ込み思案でひきこもり、というあんまりいいところのない彼ですが、一応名探偵です。本書では彼が活躍します。一応。
 どの収録作からでも順番に関係なく読めると思いますが、順を追っていくと、何もなかった探偵事務所に毎回一つずつ何かが増えていくのがわかると思います。探偵事務所は徐々に豪華になっていくのですが、だんだんとへんなアイテムも増えていきます。ワトソン役である白瀬白夜という人物は、へんなものが好きなようです。
 本書に収録した短編はいずれも、本格ミステリとしてのポイントをきっちりと押さえつつ、あくまでコミカルに、あくまでライトに、という一貫したスタンスで書いています。なおかつ『密室』や『ダイイング・メッセージ』など、古くから存在するミステリの定型に対して、新しい一ページを加えられるだけのものを作ろうという気持ちで臨んでいます。
 といっても、読者の皆さんにはあまり難しいことを考えずに気楽に読んでいただけたらいいと思っています。
 まだ収録されていない作品もありますので、今後も名探偵音野順の活躍を応援してください。よろしくお願いします。
 最後になりましたが、毎回締め切りぎりぎりなのにもかかわらず素敵なイラストを描いてくださった片山若子さん、ありがとうございました。今回の本には雑誌掲載時の扉絵もすべて収録されていますので、読者の皆さんはぜひともご堪能ください。

(2008年12月)

北山猛邦(きたやま・たけくに)
1979年生まれ。2002年、『「クロック城」殺人事件』で第24回メフィスト賞を受賞してデビュー。機械的トリックの案出に強いこだわりを持つ一方、静謐で世紀末的な作品世界を構築する力量も高く評価されている。他の著作に『「瑠璃城」殺人事件』『「アリス・ミラー城」殺人事件』『「ギロチン城」殺人事件』『少年検閲官』などがある。

加藤実秋『インディゴの夜 ホワイトクロウ』[2008年12月]


やっとシリーズ第3弾を刊行することができました。
プライベートでも事件に巻きこまれるホストたち
〈インディゴの夜〉シリーズ第3弾
(08年11月刊『インディゴの夜 ホワイトクロウ』)

加藤実秋 miaki KATOH

 

 前回このコーナーであとがきを書いてから2年強、やっと〈インディゴの夜〉シリーズ第3弾を刊行することができました。前作『チョコレートビースト』を上梓したあと、東京創元社の編集者から「ホストの私生活を描いたものを読んでみたい」とお話をいただき、1話から3話をジョン太、アレックス、犬マンのプライベートでの出来事、残り1話をいつも通り晶の一人称で語られるclub indigoを巡る物語という構成に挑戦しました。

 

「神山グラフィティ」
 舞台は渋谷・神山商店街。取材のために何度か足を運びましたが、しゃれたレストランやカフェと、精米器の音が流れる木造の米屋さん、店頭でガラスの3色ねじり棒が回転する床屋さんが軒を並べる不思議な趣のある街です。そこに惹かれ、現在〈ミステリーズ!〉で連載中の『こちら万来軒(×)探偵事務所』も神山商店街が舞台になっています。〈インディゴの夜〉シリーズとのストーリー展開上のリンクも考えているので、こちらもチェックしていただけると嬉しいです。
「ホストの恋」もこの物語のテーマだったのですが、恋愛には全方位的にほとんど興味がないので、しんどいやらこっ恥ずかしいやら赤面脂汗たらたらで書くハメに……。

 

「ラスカル3」
 舞台は赤坂。単純寡黙で脳みそより筋肉でものを考える男が主人公……話、進まね~!というわけで疑惑とドラマのタイ人キックボクサー・ポンサックを登場させました。ポンサックくんは作者の予想以上にがんばってくれて、この作品は日本推理作家協会編 最新ベスト・ミステリー『事件の痕跡』(光文社)にも収録されました。

 

「シン・アイス」
 舞台は学芸大学。執筆直前に私自身がちょろっとトラブルに巻き込まれ、新宿警察署で事情聴取なんかされちゃったりしたこともあり、フツ~にボ~っと日々の生活を送れることのありがたさを噛みしめながら書きました。余談ですが、本職の刑事さんもミステリ読むそうです。「この仕事って、みんなが思ってる以上に書類書くことが多くてさ~。推理小説読むと『ああ、こういう状況の時はこんな風に表現すればいいんだ』ってすっごく参考になるんだよねえ」だそうです。

 

「ホワイトクロウ」
 私は作家デビュー前に20余年フリーのライターをしていたのですが、バブル期にはこの作品に出てくるような微妙な「コンセプト」が売りのクラブやバー、レストランを山ほど取材しました。印象に残ってるのは「大仰なこと言ってる店ほどトイレがしょぼい」。

 

 前回このコーナーを書いた時にも触れましたが、このシリーズはできるだけ長く書き続けていきたいと思っています。ヒロイン晶の天敵・豆柴刑事をフィーチャーしてみたい、そろそろclub indigoを巣立つホストがいてもいいかも、謎のマネージャー・憂夜の正体を明かす時期も近いか……等々構想は尽きませんので、今後もおつき合いいただけると幸甚です。

(2008年12月)

加藤実秋(かとう・みあき)
作家。1966年東京都生まれ。2003年、ホストクラブを舞台にしたミステリ「インディゴの夜」が選考委員各氏に絶賛され、第10回創元推理短編賞を受賞。2005年受賞作含む連作短編集『インディゴの夜』を発表。若者の“いま”を描写したスタイリッシュでテンポのよい作風が話題となる。著作は他に『インディゴの夜 チョコレートビースト』『モップガール』がある。本書『インディゴの夜 ホワイトクロウ』はデビューシリーズ第3弾となる。

東京創元社ホームページ
記事検索
最新記事
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


創立70周年


東京創元社特設サイト