Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

竹内真『シチュエーションパズルの攻防』[2008年6月]


文壇バーのミューズで珊瑚朗先生やミーコママたちが
楽しんでいるのも、やはり一種の物語遊びなんじゃないかと思っています。

気鋭の作家が初めてミステリに挑んだ、
安楽椅子探偵もの連作短編集。
(08年6月刊『シチュエーションパズルの攻防』)

竹内真 makoto TAKEUCHI

 

 辻堂珊瑚朗という売れっ子作家が主人公の、文壇バーを舞台にした安楽椅子探偵物のミステリー。――自分で考えた設定にゃあ違いないんですが、〈ミステリーズ!〉での連載開始前には本当に書けるんだろうかと不安になったのを覚えています。
 なにしろ売れっ子作家になった経験はないし、文壇バーなんて人の奢りで何度か覗いたことがある程度だし、安楽椅子探偵物のミステリーについては書いたことがないどころかろくに読んだこともありませんでした。芦原すなおさんの『ミミズクとオリーブ』シリーズの新作に解説を書かせてもらった縁で実現した企画でしたが、さて他の安楽椅子物を何か読んだっけなと考えても全く思い出せなかったほどです。
 とことん自分と縁のない分野に足を踏み入れようとしてるんだなあと思うと自分でも呆れてしまいましたが、それもまた面白かろうと思うことにしました。なにしろ、いつの間にやら僕の小説にくっつくようになっていた「爽やかな青春小説」というレッテルについて、僕自身はずっと違和感を覚えていたんです。この際まるで未知のジャンルのものを書いておいた方がバランスがとれていいかもしれないなどと考えておりました。
 もちろん自分の作品を爽やかな青春小説と評価していただくのはありがたいことです。年齢的に若い登場人物が多いから青春小説と分類されるんでしょうし、わざわざ嫌なことは書きたくないし基本的にハッピーエンドを目指すもんだから、結果的に爽やかと思ってもらえるのかなーとも思います。だけど自分自身を省みてみると爽やかだったり青春してたりする要素は皆無な気がして仕方ありません。それに1970年代の学園ドラマならいざしらず、今時「青春」って言葉を堂々と口にするのって気恥ずかしいもんですよね。これは偏見かもしれないけれど、青春というと「柔道着の上に剣道の袴をつけて両脇にラグビーボールとサッカーボールを抱えて砂浜を走り、夕日に向かってバカヤローと叫ぶ」みたいなイメージがありまして……バカはお前だよと思わずにはおれず、回り回って僕自身のバカさ加減と向かい合うような気がして抵抗を覚える言葉だったりします。
 小説や映画やドラマのジャンル用語として厳然と存在してるのは分かりますが、自分では極力使わないようにしている言葉ですし、小説の中で青春というものを描こうとしてるつもりもありません。若い登場人物が作中で成長していく様を書くことは多いし、それが青春なんだーと熱く言われるとそれもそうですねと引き下がるしかないんですが、僕が重きを置いているのは時の流れであったりその中で変化していく人々の姿であったりするんだろうと考えています。たまたま人生経験が浅いから若い登場人物ばかりを書くことになり、その後は同じ路線の依頼ばかりが舞い込むようになったってことなんじゃないかと思うんですけども。
 で、安楽椅子探偵なわけです。主人公は六十代のスケベな大物作家にしたわけです。これなら青春じゃあないだろうと思いつつ、語り手を二十歳の大学生にしちゃうあたりが僕の甘さなのかもしれませんが、この大学生がまっとうな社会人になるあたりまで書いていきたいとも思っています。連作の一作ごとに謎と推理について書いていきつつ、辻堂珊瑚朗という作家の影響で一人の青年が変わっていく様についても描いていくというのがシリーズ全体の構想でもあります。
 そこで、辻堂珊瑚朗は名探偵である以前に物語の達人であるという設定にしました。単に売れっ子ミステリー作家というだけじゃなく、日頃の言動自体が大いなる物語性の内にあるというキャラクターを造形してみたわけです。その物語力とでもいうべき背景によって、多少推理が外れようが何だろうが力ずくで押し通してしまえるなら、推理と謎解きだけにはとどまらない面白さが描けるんじゃないかと考えました。
 そんな考えが浮かんだのは、辻堂珊瑚朗のモデルに想定していた某大作家の人物像によるところも大きいんですが、自作に対する自己分析も影響しています。青春小説というレッテルに違和感を抱く一方で、僕は自分の小説について「物語についての物語」という要素が大きいと考えていたからです。
 メタフィクション的要素、と言ってしまうと語弊がありそうですが、『じーさん武勇伝』(講談社文庫)の終盤では語り手の「僕」が一連の出来事を物語にしようと思い立ちます。『粗忽拳銃』(集英社文庫)は落語家の流々亭天馬が本物の拳銃を拾うという事件の中で自分の表現を模索する話ですし、自主映画作家の時村はその拳銃について半フィクション映画を撮り、ライターの高杉可奈は彼らの姿と一連の出来事を文章にしようと決意します。『カレーライフ』(集英社文庫)では主人公ケンスケの従姉ヒカリがアメリカで小説の勉強をしている設定で、カレーにまつわる小説の中にケンスケを登場させたりしています。
 全ての作品で意図していたわけでもないんですが、どれについても「ラストシーンの後、登場人物の一人がその物語を書いた」という見方ができるんですね。もちろんその物語を書いたのは作者である竹内真なわけだけど、いったんそれを棚に上げると、物語の終わりが始まりに繋がるわけです。『じーさん武勇伝』は語り手の「僕」が書いた物語というのは分かりやすい構造ですが、『粗忽拳銃』は高杉可奈が三人称で書いた物語、そして『カレーライフ』はヒカリがケンスケの視点を借りて書いた物語と捉えることもできます。『自転車少年記』(新潮社)の場合はさらにはっきりしていて、ラストシーンで作家になることを志した昇平が、後になって書いたのが『自転車少年記 あの風の中へ』(新潮文庫)ということになっています。
 そんな風に物語の終わりが始まりとなってその作品自身を包含するような形のことを、自分ではウロボロス構造と呼んでいます。蛇や竜が自分の尻尾を飲み込んでる図形をイメージしてのことですが――このあとがきを書くために辞書でその言葉を確認してみたところ、この図には「完全と無限の象徴」なんて意味合いがあると説明されていて驚きました。きっと僕は、その作品が「どうしてその物語が書かれるにいたったかの物語」になっていることにある種の完全性を感じ、「物語の終わった時点から登場人物がその物語を書き始める」ってことにある種の永続性と無限性を感じているんでしょうね。きっと無意識のうちにそういう物語に憧れていたんじゃないかと思います。
 だから辻堂珊瑚朗を物語の達人に設定したんでしょうし、本書に『シチュエーションパズルの攻防』というタイトルを選んだのもそのためです。――謎めいた状況に関する問答を繰り返して推理を展開していくのがシチュエーションパズルという遊びですが、この遊びを通して僕たちは謎解きを楽しむのと同時に物語を楽しんでいるような気がするんです。そして、文壇バーのミューズで珊瑚朗先生やミーコママたちが楽しんでいるのも、やはり一種の物語遊びなんじゃないかと思っています。
 珊瑚朗先生のシリーズの連載が始まった頃から、面白いシチュエーションパズルの問題を見つけたり思いついたりすると小型ノートに書き留めるのが習慣になりました。「水平思考パズル」とか「ウミガメのスープ」とかの別名でも知られるこの遊びは、一人で楽しむよりは誰かと一緒に遊ぶ方が面白いと知ったからです。――日頃から友人知己との会話の中でも遊んでますが、いつかまた、小説を通して読者と共に楽しむことができたらと願っています。

(2008年6月)

竹内真(たけうち・まこと)
1971年新潟県生まれ。慶應義塾大学卒。95年に三田文学新人賞、98年「神楽坂ファミリー」で小説現代新人賞、99年『粗忽拳銃』で第12回小説すばる新人賞をそれぞれ受賞。主な著作は『じーさん武勇伝』『自転車少年記』『カレーライフ』『風に桜の舞う道で』『ワンダー・ドッグ』『ビールボーイズ』など。

近藤史恵『ヴァン・ショーをあなたに』[2008年6月]


夏にヴァン・ショーというのも
“パ・マル(悪くない)”だと思う。

『タルト・タタンの夢』に続く、ビストロ・パ・マルの物語第2弾。
(08年06月刊『ヴァン・ショーをあなたに』)

近藤史恵 fumie KONDOH

 

 フランス料理店を舞台にしたミステリを書きませんか?
 東京創元社の�Tさんにそう言われたのは、もうずいぶん前になる。
 普段はあまり、編集者にそう言う提案をされるのは好きではないのだけど、そのときはごく自然に頭の中にイメージが浮かんだ。
 高級フランス料理ではなく、カジュアルなビストロ。
 木製のテーブルに、荒織りのリネンのテーブルクロス。小さな一輪挿し。狭くて、薄暗くて、音楽はかかっていない。
 一見ぶっきらぼうなのに、実は紳士であるシェフの顔まで、はっきりと想像できた。

 料理は、ル・クルーゼの鍋そのままで出されて、そして、最後にはシェフの特製ヴァン・ショーを。
 料理をめぐるミステリを考えるのは、毎回大変だったけど、それでも楽しかった。なんとなく、〈パ・マル〉の中に自分がいる気分になれたからかもしれない。
 二冊目の〈パ・マル〉は、ちょうど夏に出ることになってしまったけど、夏にヴァン・ショーというのも、“パ・マル(悪くない)”だと思う。
 夏にだって、心にびゅうびゅう風が吹き込む日はあるし、そういうときは温かい飲み物が心をゆるめてくれるものだと思うから。

 ということで、ビストロ・パ・マル、そろそろ開店です。

(2008年6月)

近藤史恵(こんどう・ふみえ)
1969年大阪市生まれ。大阪芸術大学文芸学科卒。93年、『凍える島』で第4回鮎川哲也賞を受賞し、デビュー。人間心理の機微を描く筆力には定評がある。著書に『ねむりねずみ』『ガーデン』『モップの魔女は呪文を知っている』など多数。2008年、『サクリファイス』で第10回大藪春彦賞を受賞。『ヴァン・ショーをあなたに』は、『タルト・タタンの夢』に続くフレンチ・レストラン〈ビストロ・パ・マル〉を舞台にしたシリーズ待望の第2弾。

大崎梢『平台がおまちかね』[2008年6月]


ここをお読みの皆さまと、
どちらかの平台で巡り会えますように。

出版社の営業マン・井辻くん日々の奮闘を描く、
ハートフルなミステリ連作短編集
(08年6月刊『平台がおまちかね』)

大崎 梢 kozue OHSAKI

 

 書店に勤めていた頃、書店を舞台にしたミステリを書きたいと思い、何作か書きためました。それが〈成風堂〉シリーズとなって日の目を見たのですが、もうひとつ、温めていた題材がありました。出版社の営業さんが主人公の話です。
 書店員はたいてい終日、店のフロア内で仕事をします。休み時間以外、朝から晩まで同じ書棚の間でうろうろ。入荷してくる本の世話をして、お客さんに対応して、馴染みきった配置の中を行ったり来たりして毎日が過ぎていきます。
 けれど営業さんはちがう。店から店へ、ミツバチのごとく渡り歩くのがお仕事。
 どんな思いでやってくるんでしょう。如才ない笑顔で現れ、担当者を辛抱強く待ち、自社本をアピールし、注文書にハンコをもらって、さっそうと引きあげて行くけれど。
 次はどこに行くの? もうお昼ご飯は食べた? 他の営業さんと何を話していたの? 今の仕事に満足してる? さいしょから営業職を希望していた? 書店まわり以外にやっていることってあるの? 何が嬉しい? 口惜しい? つらいこともあるでしょ? 本は好きですか?
 さまざまな思いがよぎり、興味は尽きませんでした。
 そしてデビューしてから、取材という名の下に、各社の営業さんたちとお話しする機会をつくってもらい、すごく楽しかったです。書店員さんにもいろいろうかがいました。もちろん、面白い営業さんの話!
 ご協力いただいた皆さま、ほんとうにありがとうございました。おかげさまで五本の短編が書けました。
 隔月刊誌〈ミステリーズ!〉に掲載された4本に、書き下ろしを1本プラス。さらに主人公、「井辻くんの一日」というのもつきます。
 タイトルは、営業マンにとっての夢の言葉──と同時に、筆者にとっても憧れのフレーズ、『平台がおまちかね』にしてもらいました。
 ここをお読みの皆さまと、どちらかの平台で巡り会えますように。切に祈っています。
 どうぞよろしくお願いいたします。

(2008年6月)

大崎梢(おおさき・こずえ)
東京都生まれ。神奈川県在住。2006年5月、連作短編集『配達あかずきん』でデビュー。元書店員ならではの目線と、優しい語り口、爽やかな読後感で注目を浴びる期待の新鋭。著作に、『配達あかずきん』『晩夏に捧ぐ』『サイン会はいかが?』の〈成風堂書店シリーズ〉、『片耳うさぎ』、『天才探偵Sen~公園七不思議』がある。最新刊『平台がおまちかね』は、出版社の営業マンを主人公に、本にまつわるあれこれをハートフルに描いた期待の新シリーズ第1弾。

東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


創立70周年


東京創元社特設サイト