Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

超一級のサスペンスを新版で ノエル・カレフ『死刑台のエレベーター』[2010年7月刊]


 フランスのミステリ作家ノエル・カレフによる超一級のサスペンスを、新版でお届けします。

 ある週末、綿密に計画された完全犯罪を成し遂げた男が、予想外の成行きで犯罪現場のビルのエレベーターに閉じ込められてしまった! ビルの電源が落とされ、月曜日の朝までエレベーターは動かない。脱出は可能なのか……?

 必死の努力もむなしく、36時間後、週明けに電源が入り、ようやく外に出ることが出来た彼を待ち受けていたのは、まったく覚えのない殺人容疑だった。

 エレベーターの中にいた彼に、そんなことができるはずがない! しかし、彼にはアリバイがない。そして、閉じ込められていた理由は言えない! 

 偶発する様々な出来事に追い詰められていく男の苦悩と恐怖と焦燥が胸苦しいほどの迫力をもって読者に迫る傑作サスペンス。

 ヌーベルバーグの巨匠ルイ・マル監督による同名の映画も映画史に残る傑作として知られている。

映画・死刑台のエレベーター
(C)2010「死刑台のエレベーター」製作委員会
 このルイ・マル作品の日本版リメイク映画が今秋公開されます。

・2010年10月9日 角川シネマ新宿ほか 全国ロードショー
・監督 : 緒方明
・出演 : 吉瀬美智子、阿部寛、北川景子、玉山鉄二他
・オフィシャルサイト
http://www.shikeidai.jp/

 読んでから見ることをお勧めします。

(2010年7月5日)

 


推理小説の専門出版社|東京創元社

『七つの海を照らす星』に続く、鮎川哲也賞受賞第1作 七河迦南『アルバトロスは羽ばたかない』[2010年7月刊]


5つの謎が解かれたとき明かされる、胸を打つ真実
『七つの海を照らす星』に続く鮎川賞受賞第1作
七河迦南『アルバトロスは羽ばたかない』


それぞれの家庭の事情から、親元を離れて暮らす子どもたちの施設「七海学園」――前作『七つの海を照らす星』の舞台となった養護施設に勤める新人保育士・北沢春菜とその親友・野中佳音、そして思わぬところで名探偵ぶりを発揮する児童福祉司の「海王さん」がふたたび登場。『アルバトロスは羽ばたかない』でも、学園の少年少女をめぐる不可思議な5つの謎を解き明かすべく、奔走します。

* * * * *

仕事で出向いた競技場で、かつての同級生・高村と再会した春菜。高校時代、仄かに思いを寄せていた彼との再会に胸をときめかせつつも、相変わらず多忙な仕事の合間を縫って、学園の日常に起きる不可思議な事件の解明にいそしんでいる。
だが、そんな慌しくも穏やかな日々に、学園の子どもたちが通う高校の文化祭当日に起きた、校舎屋上からの転落事件が暗い影を落とす。
だれが、なぜ、どうやって――。単純な「不慮の事故」とする警察の見解に納得できず、高村の助力を得て続けられた探偵行の果てに明かされる衝撃の真実とは――

* * * * *

春、夏、初秋、晩秋、そして冬。季節を彩る謎に組みこまれた伏線が、終盤にいたって描く驚愕の真相とは――これぞ本格ミステリ!という驚きと感動が待ち受ける結末まで、一気読み必至の傑作です。
前作をお読みでない方でも楽しんでいただけますので、アルバトロス(アホウドリ)が空をゆく鮮やかな表紙を目印に、ぜひお手に取ってみてください。

(2010年7月5日)

 


推理小説の専門出版社|東京創元社

若き日の文豪ポオが探偵役となる謎解きミステリの傑作 ルイス・ベイヤード『陸軍士官学校の死』[2010年7月]


若き日の文豪ポオが元警官と挑む戦慄の怪死事件
歴史ミステリ大作にして謎解きミステリの傑作


 文豪として不滅の足跡を残し、ミステリの始祖としても名高いエドガー・アラン・ポオは、これまで数多の文学作品に“主演/出演”してきました。本書『陸軍士官学校の死』もまた、そうした“ポオ主演作品”のひとつではありますが、これまでの作品とは大きく異なる特長が三つあります。

 ひとつは、本書に登場するポオは作家としての活躍を始めて間もない、まだ年若い二十代の青年だということ。本書の舞台となるウエストポイント陸軍士官学校に、ポオが一時期籍を置いていたのはまぎれもない史実ですが、この時期のことは、これまでまったくといっていいほど文学作品で取りあげられてきませんでした。本書での士官候補生ポオは、青年時代はかくあったろうと万人をうなずかせる人物として描かれています。

 ふたつ目は、ポオの視点から事件が物語られる際に、著者ベイヤードがポオの文体模写を試みていること。これまた、海外の読者をうならせた見事なできばえなのですが、翻訳でもその雰囲気は、巧みに日本語へと移し替えられています。どうぞ、ご堪能ください。

 そして三つ目は、本書がきわめて優れた謎解きミステリであること。クライマックスの真相解明シーンでは、真相そのものもさることながら、随所に配されていた伏線の妙に、必ずや感嘆していただけることと思います。もちろん、歴史ミステリとしても傑作なのは言うまでもありません。

 謎解きファンも、歴史ものファンも、決して読みのがしてはならない傑作、ルイス・ベイヤード『陸軍士官学校の死』は、7月10日発売予定です。

※  ※  ※  ※

 引退した名警官ガス・ランダーは、ウエストポイント陸軍士官学校のセアー校長に呼び出され、内密に処理したい事件の捜査を依頼される。同校の士官候補生の首吊り死体から、何者かが心臓をくり抜き持ち去ったというのだ。
 捜査の過程でランダーは、ひとりの年若い協力者を得る。士官候補生一年の彼は青白い顔の夢想家で、名をエドガー・アラン・ポオといった――
 青年時代の文豪ポオを探偵役に迎えた、詩情豊かな傑作謎解きミステリ。

(2010年7月5日)

 

【2009年3月以前の「本の話題」はこちらからご覧ください】

本格ミステリの専門出版社|東京創元社
東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


創立70周年


東京創元社特設サイト