Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

【読者プレゼント】北原尚彦先生の蔵書の中から、特選古書を1名様に![第4弾]


このキャンペーンは終了しました。
たくさんのご応募ありがとうございました。


好評連載 北原尚彦「SF奇書天外REACT 第4回」はこちらをご覧ください。

〈Webミステリーズ!〉09年11月号、10年4月号、6月号に引きつづき、大好評の北原尚彦先生「SF奇書天外REACT」開幕記念・古書プレゼントを企画しました。

北原先生が著書『SF奇書天外』(弊社キイ・ライブラリー、2007年刊)で紹介された御自身の貴重な蔵書の中から、今回は『七次元よりの使者 第0巻』を、ご希望される方の中から抽選で1名様にプレゼントいたします。

【古本プレゼント第4弾】

内容紹介
七次元よりの使者 第0巻
『七次元よりの使者 第0巻』
五井野正『七次元よりの使者 第0巻』(創栄出版社/一九七九年七版)。
 地球に「輪」がかかり、地軸の傾斜角はどんどんと傾いていた。「コスモス総合研究所」はエーテル波動通信器で、地球を救うために多数の円盤を送るという連絡を、地球外の「太陽系連盟」から受ける。果たして地球の運命やいかに……。
 認知度は極めて高いのに、完読率は(おそらく)極めて低い、一九七〇年代を代表するSF奇書シリーズの第0巻。
(『SF奇書天外』153~157ページにてご紹介。)

 【プレゼント応募要項


ご希望のかたは、下の応募フォームよりお申し込みください。プレゼント選択ラジオボタン「北原尚彦先生提供の古書プレゼント」をチェックしてください。ご応募多数の場合は抽選となります。当選発表は、作品の発送をもって代えさせていただきます。

 

お申し込み締切 2010年8月31日(火)


(2010年8月5日)


SF小説の専門出版社|東京創元社 Webミステリーズ!

SF奇書天外REACT【第4回】(2/2)[2010年8月]


大好評企画、第4弾! 北原尚彦先生蔵書より古書を1名様にプレゼント!(2010年8月31日締切)【ここをクリック】



 その訳文の一部を、実際に比較してみよう。アランがウラシマ効果について思いをはせるシーンだ。

 ときどき、見張当番に当ってヘールと研究したり、あまり思考の要らない常例の仕事でぶらぶら歩いたりしているとき、時間方程式のことが彼の念頭をかすめて浮びあがってくる。それはあんなにも正しく精密な事柄であった。アインシュタインにもローレンツにも妥協ということがなかった。(『宇宙航路』90ページから91ページ)

 ときどき、見張当番にあたってヘールと学習したり、あまり思考の要らない常例の仕事でゆっくりと歩いたりしているとき、時間方程式のことがアランの念頭をかすめて浮びあがってくる。それはあんなにも正しく精密な事柄だった。アインシュタインにもローレンツにも妥協ということがなかった。(『トゥ・ザ・スターズ』99ページ)

 いかがだろうか? ここだけを見ても、偶然似た表現になったというレベルではないことがお分かり頂けるだろう。
 新たに出すのなら未訳の作品を選んで欲しかったところだが、もしかしたら「既訳があるから一から訳すより簡単」ということで、本作が選ばれたのかもしれない。
 さすがに、『宇宙航路』のイラスト(水島爾保布)や、巻末に付された相対性理論に関する解説「時間・空間の相対性について」(野尻貞雄)までは、『トゥ・ザ・スターズ』には収録されていない。かわりに、巻末に「用語解説」が加えられている。
 裏表紙には様々な評が掲げられており、「物語芸術の傑作」はロバート・シルバーバーグ。「L.ロン・ハバード著作の『トゥ・ザ・スターズ』は史上最高のSF小説に数えられる」と評した��ジェリー・ポアネル�≠ヘ��ジェリー・パーネル�≠フことでありましょう(��ポアネル�≠フほうが原音に近いのですが)。
 また本書は「日本語の本」ではあるけれども、正確には「日本で出た本」ではない。奥付を確認すると、発行所は Galaxy Press となっており、住所もアメリカはカリフォルニア、ハリウッドなのだ。我が国での普通の書籍販売ルートに乗っていないのも不思議はない。
 発行年は二〇〇五年。定価の表記はどこにもない(円でも、ドルでも)。
 奥付には更にシールが貼られていて、そこに「日本販売代理店:ニュー・エラ・パブリケーションズ ジャパン」と記されている。まてよ、本書以外にもハバードの小説(の日本版)がこっそりと出ている可能性も否定できないな……と、えいやで同社に連絡をしてみた。その結果、教えてもらえた訳書は把握しているものがすべてだった。残念。
 その際、念のために『トゥ・ザ・スターズ』について確認したところ、なんとまだ在庫があるというではありませんか! 欲しいという方は、直接ご連絡をどうぞ。千五百円だそうです。
 本作の原作は、一九五〇年〈アスタウンディング・サイエンス・フィクション〉誌に発表されたもの。一九五四年にはエース・ブックスから一冊にまとまった。この際のタイトルはReturn to Tomorrowで、元々社版も原題表記はこれになっている。
 『トゥ・ザ・スターズ』にインスパイアされて、ジャズピアニストのチック・コリアは同題のアルバムを発表している。ちなみにチック・コリアもサイエントロジー信者のひとり。

 折角なので、ハバードに関する本をもう一冊ご紹介しておこう。入手したのはまだわたしが専業作家になる前のことなので、今から十数年前。今はなき渋谷の東急文化会館の屋上には、プラネタリウムのドームとゲームセンター以外に、古本リサイクルの店があった。何かのリサイクル団体の出店で、商売というよりあくまで��リサイクル�≠ェ目的とされていた。それゆえ不要の本を持ち込むとポイント評価してくれて、このポイントで古本を買うことができるシステムになっており、わたしは結構愛用していた。しかもあくまでリサイクルの店なのでレア本にもプレミア価格が付かず、掘り出し物が見つかることもしばしばだった。ロシア帰りだという銀髪のおばあちゃんが店番をしていたけど、その後、あのおばあちゃんはどうしたのかなあ。
L.ロン・ハバード プロフィール
『L.ロン・ハバード プロフィール』
 そんな古本リサイクル店で見つけたのが『L.ロン・ハバード プロフィール』という本だった。大型のハードカバーで、背表紙は『L. RON HUBBARD ・ A PROFILE ロンの友人たちによる編集。』という表記なので、見逃さなかったのが不思議なくらい。ハバードって、あのハバードだよな……と思いつつ手に取って中を開くと、図鑑のような良質の紙とカラー図版の豪華なシロモノ。そして内容はというと、ロン・ハバードの生涯や功績を紹介したものだったのだ。要するに、ハバードのビジュアル版伝記本だったのである。
 こんな本、見たことない! と購入したわけだが、それ以降、二度と売っているのを見かけたこともなければ、持っているという人に会ったこともない。
 奥付がないので発行年ははっきりしないが、コピーライト表記が一九九五年、購入したのが一九九七年一月なので、九五年か九六年の発行だろう、と思っていた。今回、国会図書館のデータベースで確認したところ、やはり一九九五年の発行となっていた。
 発行所の表記はなく、問い合わせ先としてこれまたカリフォルニアの L. Ron Hubbard Personal Public Relations Office International となっている。国会図書館のデータベースでは、カッコ付きで〔サイエントロジー東京〕となっているので、これまた発行はアメリカだが取り扱いは日本の事務所というパターンだろう。
 表紙に「ロンの友人たちによる編集。」とあるのは、副タイトルではなく編著者表記だろう……と考えてネット上にある原書の書影で確認したら、全く同じデザインで COMPILED BY THE FRIENDS OF RON とありました。やっぱり。訳者に関する表記は、どこにもナシ。
 中身はというと、発行元が発行元だけにサイエントロジー関係の記述がメインとなっているが、それを概観するには便利だし、ハバードの生涯全体について知ることができるのは非常にありがたい。彼がまだ十代だった一九二〇年代に東洋へ行った際、日本に来たこともあったとか。最初のフィクション作品が発表されたのは一九三〇年代、ワシントン大学の新聞だったとか。  とはいえ、一番興味深いのは「フィクション作家」の章。ハバードが執筆していた古いパルプ雑誌の表紙がカラー図版でずらりと並んでいるところなどは、ビジュアル本ならでは。SF誌だけでなくウェスタン小説誌や戦争小説誌、探偵小説誌などで書いていたことが分かるのだ。文中には、フレデリック・ポールによる「彼の小説が売店に出回るとすぐ、ファン一人一人の文化的遺産となった」などという言葉もある。
 ハインラインの「「ファイナル・ブラックアウト」は、これまでに書かれたSFの中で完璧と言うに値する作品である。」という評も。これ、日本語で読みたいものですなあ。
 《バトルフィールド・アース》を中心に取り上げたページでは、世界各国語版の同書が並べられているのだが、その中にはサンリオSF文庫版もあります!
 ハバードが主催したSF新人賞「未来の作家コンテスト」に関する章も。審査員たちは「ロバート・シルバーバーグ、ジェリー・ポーネル、ジャック・ウイリアムソン、アンドレ・ノートン、アン・マキャフリー」となっている。そういえば、ここには記述されていないけれども、スティーヴン・バクスターもこの賞の受賞者でした。
 本当は、短篇に至るまでの詳細なハバード書誌があると良かったのだけれども、そこまではムリでしょうね。
 それでも、SF関係のノンフィクションを蒐集しておられる方には、色々な意味でオススメの一冊です。

 というわけで、もし関係者の方がここを読んでおられたら、是非ともお願い。次こそは、ハバードの未訳のSF作品、特に Final Blackoutを訳して下さい!

 

<PR>大好評企画、第4弾! 北原尚彦先生蔵書より古書を1名様にプレゼント!(2010年8月31日締切)【ここをクリック】

(2010年8月5日)

●北原尚彦「SF奇書天外REACT」の連載記事を読む。
第1回第2回第3回第4回第5回第6回


北原尚彦(きたはら・なおひこ)
1962年東京都生まれ。青山学院大学理工学部物理学科卒。作家、評論家、翻訳家。日本推理作家協会、日本SF作家クラブ会員。横田順彌、長山靖生、牧眞司氏らを擁する日本古典SF研究会では会長をつとめる。〈本の雑誌〉ほかで古書関係の研究記事を長年にわたり執筆。主な著作に、短編集『首吊少女亭』 (出版芸術社)ほか、古本エッセイに『シャーロック・ホームズ万華鏡』 『古本買いまくり漫遊記』 (以上、本の雑誌社)、『新刊!古本文庫』 『奇天烈!古本漂流記』 (以上、ちくま文庫)など、またSF研究書に『SF万国博覧会』 (青弓社)がある。主な訳書に、ドイル『まだらの紐』『北極星号の船長』『クルンバーの謎』(共編・共訳、以上、創元推理文庫)、ミルン他『シャーロック・ホームズの栄冠』 (論創社)ほか多数。

北原尚彦『SF奇書天外』の「はしがき」を読む。


SF小説の専門出版社|東京創元社

SF奇書天外REACT【第4回】(1/2)[2010年8月]


絶好調! ひそかに人気の古書探求コラム
『宇宙航路』の著者、L・ロン・ハバードのお話

北原尚彦 naohiko KITAHARA

 

大好評企画、第4弾! 北原尚彦先生蔵書より古書を1名様にプレゼント!(2010年8月30日締切)【ここをクリック】

●北原尚彦「SF奇書天外REACT」の連載記事を読む。
第1回第2回第3回第4回第5回第6回第7回第8回

 

 

 『SF奇書天外』の単行本が東京創元社から刊行されたのは、二〇〇七年八月のこと。当時、それを記念して幾つかのイベントが行われた。ひとつは、横浜・みなとみらいで開催されたワールドコン「Nippon2007」における「SF奇書の世界」という企画。星敬氏、日下三蔵氏、彩古氏をゲストに迎えて、SF奇書を語るというものだった。
 もうひとつが、神保町の三省堂本店で行われたSFイベント。こちらは牧眞司氏をゲストに迎えて、やはりSF奇書を語り尽くした。
 後者では、牧眞司氏も様々なSF奇書を持参くださり、それらを紹介して頂いた。その中の一冊が、L・ロン・ハバードのSF『トゥ・ザ・スターズ』だった。詳しい内容については後述するが、わたしはこの本の存在を、牧氏から教わるまで全く知らなかった。そしてもちろん、猛烈に「欲しい!」と思ったわけである。
 とはいえ比較的最近発行された本だったので、簡単に手に入るだろう、と思い込んでいた。ところがしばらく探し続けても、これが全然見つからない。しかも三省堂イベントの際には観客としてお越しいただいた彩古氏からは、見つけることができたと報告いただいた。とても悔しい思いをした。
 しかし更に後日。なんと彩古氏、二冊目を発見したので、一冊わたしに譲ってくれるというのだ! 自力で見つけ出せなかったのは忸怩たるものがあるものの、嬉しいことには違いない。

宇宙航路
『宇宙航路』
 さて。ロン・ハバードと言えば、古くからのSFファンにとって��『宇宙航路』の作者�≠セった。『宇宙航路』は一九五六年、元々社「最新科学小説全集」の第一巻として刊行されたのだが、それ以降、およそ三十年間ハバードの邦訳はなかった。��ハバード=『宇宙航路』�≠ニいう刷り込みも、致し方あるまい。
 ハバードが久々に邦訳されたのは、サンリオSF文庫から。『奪われた惑星』に始まる《バトルフィールド・アース》全六巻(一九八五―八六年)である。しかしそれも一九八七年、サンリオのSF出版からの撤退により間もなく絶版となった。
 ��《バトルフィールド・アース》の作者�≠ニいう新たな肩書きを得たのとほぼ同時期、別な肩書きも我が国にもたらされた。��サイエントロジーの創始者ハバード�≠ナある。サイエントロジーというのは、ハバードの考え方に基づいた、世界的に信者の多い宗教である。この宗教自体は一九五〇年代から始まっているが、日本にその支部が出来たのが一九八〇年代(らしい)のである。
 そのため、『ダイアネティックス』などサイエントロジー関係の書籍が次々と邦訳されるようになる。この流れも、決して悪いものではなかった。まず、アメリカのサイエントロジー系の出版社が、《バトルフィールド・アース》日本語版をハードカバーで刊行。続いて、日本のサイエントロジー系出版社ニュー・エラ・パブリケーションズ・ジャパンから、未訳だった小説『フィアー』(一九九二年)が邦訳刊行されたのである。同書巻末にはハバードの小説の原題がずらりと並べられ、「L.ロン・ハバードの名作の中から日本語版、続々と発行予定」と記されており、大いに期待が膨らんだ。しかし実際は続く『死の代理人』(一九九二年)だけでストップしてしまった。この二冊はどちらもSFではなくサスペンス系の作品だったので、「SFこそ出して欲しかったのに!」と思ったものだった。とはいえ、前者はハバード初期の代表作とも言える長篇であり、スティーヴン・キングやブラッドベリ、アシモフやロバート・ブロックも推薦する作品なので、それを出してくれただけでも価値はあったというもの。その後はハバードの小説の邦訳の流れは停滞。《バトルフィールド・アース》が、更に再刊(世界社/二〇〇〇―〇一年)された程度だった。
トゥ・ザ・スターズ
『トゥ・ザ・スターズ』
 ……そんな経緯の後に、知らぬ間に『トゥ・ザ・スターズ』が出ていたのだ。一般的な流通ルートに乗ったものではないらしい上に、これはSF。猛烈に欲しくなるのも当然だ。
 ではストーリーを。主人公はアラン・コーデイという男。彼は上流貴族の出だが、貧乏。彼はチカという女性と結婚したいと考えていたが、彼女の父親は五年以内にアランが自分の事務所を開設できる金を稼いだら結婚を許してもいい、と言った。
 そこでアランは、二年間火星に出稼ぎに行こうと考えた。しかし火星へ行くにも金が要る。ただで乗せてくれそうな船を捜すが、見つからない。やがて、ハウンド・オブ・ヘブン号という宇宙船の船長キャプテン・ジョスリンと、そのクルーたちと出会う。キャプテン・ジョスリンは、アランを乗せてもいいと言ってくれた。しかし、実はハウンド・オブ・ヘブン号は他星系へ向かう長期飛行の船だった。
 アランは抵抗するが、無理矢理乗せられてしまい、宇宙船は出発する。アランは愕然とした。長期飛行の船は、光速に近い速度で飛行する。つまりウラシマ効果が発生するので、アランが戻って来る時、地球でどれだけの年月が過ぎているのか見当もつかなかった……。
 「そのストーリー、昔読んだことがあるぞ!」という方。あなたの記憶は正しいです。――実は『トゥ・ザ・スターズ』とは、『宇宙航路』の新訳だったのであります!
 いや、��新訳�≠ニいうと語弊がある。時々古臭い文章表現があるので『宇宙航路』と比較してみると、ところどころ小さな違いはあるものの、概ね同じ表現が行われているではないか。これは新たに訳されたものではなく、『宇宙航路』の訳文に基づいていたのだ。だから、正確には新訳というよりも��改訳�≠ニ言うべき代物。『トゥ・ザ・スターズ』の訳者名はどこにも表記されていないが、『宇宙航路』の訳者・尾浜惣一(=斎藤忠)は一九九四年に没しているから、本人が改訳したのではないだろう。誰かが『宇宙航路』に手を入れたと考えるのが妥当でありましょう。



SF小説の専門出版社|東京創元社
東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


創立70周年


東京創元社特設サイト