Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

【読者プレゼント】北原尚彦先生の蔵書の中から、特選古書を1名様に![第5弾]


このキャンペーンは終了しました。
たくさんのご応募ありがとうございました。


好評連載 北原尚彦「SF奇書天外REACT」はこちらをご覧ください。

毎回ご好評をいただいています人気企画、北原尚彦先生「SF奇書天外REACT」掲載記念・古書プレゼントです。

北原先生が著書『SF奇書天外』(弊社キイ・ライブラリー、2007年刊)で紹介された御自身の貴重な蔵書の中から、今回は流一輝『これでもか!』を、ご希望される方の中から抽選で1名様にプレゼントいたします。

【古本プレゼント第5弾】

内容紹介
これでもか!
『これでもか!』
流一輝『これでもか!』(栄光出版社/一九七六年)。
 二〇一九年、空飛ぶ円盤肯定派と否定派による国家的な討論会が開かれた。異星に知的生命体は存在するや否や? とある博士が見せた、決定的な証拠とは……という表題作など、全部で十篇を収録したSF短篇集。作者は地方の教育者で、〈宇宙塵〉同人だった人物です。「流一輝SF作品傑作集〔1〕」。
『SF奇書天外』163~167ページにてご紹介。)

 【プレゼント応募要項


ご希望のかたは、下の応募フォームよりお申し込みください。プレゼント選択ラジオボタン「北原尚彦先生提供の古書プレゼント」をチェックしてください。ご応募多数の場合は抽選となります。当選発表は、作品の発送をもって代えさせていただきます。

 

お申し込み締切 2010年10月31日(日)


(2010年10月5日)


SF小説、ミステリ小説の月刊ウェブマガジン|東京創元社 Webミステリーズ!

嶋田洋一/マイクル・フリン『異星人の郷』訳者あとがき[2010年10月]


700年後の現代にまで残る
“宇宙人漂着”のかすかな痕跡を、
歴史学者はどのように拾い上げ、史実を再構築していくのか

(10年10月刊『異星人の郷(さと)』訳者あとがき[部分])

嶋田洋一 youichi SHIMADA

 

 本書は2007年のヒュ-ゴー賞候補となった、マイクル・フリン著 Eifelheim (Tor, 2006) の全訳である。ただし「用語と出典に関する註記」の冒頭の2段落、ドイツ語の単語を英語に移す際のルールを述べている部分は、英語版でのみ意味を持つ内容なので、邦訳は省略した。
 この作品の現代パートのみから成る原型の同題中篇は1986年に発表され、翌年のヒューゴー賞中篇部門にノミネートされている。
 14世紀ドイツ南部の小さな山村に宇宙人の一団が漂着したら、村人たちはどう反応するのか? 当時の知識人は異星人の文物をどのように解釈し、領主ははるかに進んだ科学力をどう利用しようと考えるのか? 700年後の現代にまで残る“宇宙人漂着”のかすかな痕跡を、歴史学者はどのように拾い上げ、史実を再構築していくのか? 知的興奮に満ちた物語が幕を開ける……
 著者のフリンはペンシルヴェニア州イーストン生まれ、数学の学位を持ち、ハードSFの書き手として知られている。デビューは1984年で、長篇8冊と短篇集2冊を上梓している。長篇のタイトルは以下のとおり。

 In the Country of the Blind (1990)
 Fallen Angels (1991) ラリー・ニーヴン、ジェリー・パーネルと共著。
 Firestar (1996) Firestarシリーズ
 Rogue Star (1998) 同上
 Lodestar (2000) 同上
 Falling Stars (2001) 同上
 The Wreck of The River of Stars (2003)
 Eifelheim (2006) 本書
 The January Dancer (2008)
 Up Jim River (2010)

 受賞歴としては、In the Country of the Blind がプロメテウス賞とコンプトン・クルーク賞を、Fallen Angels (邦訳『天使墜落』創元SF文庫)がプロメテウス賞と星雲賞を受賞しているほか、短篇 "House of Dreams" でシオドア・スタージョン記念賞を、"Quaestiones Super Caelo et Mundo" でサイドワイズ賞を受賞している。また“小説によって宇宙開発を促進した”との理由で、ハインライン賞も受賞している。
 本職は品質マネジメント・コンサルタントで、生まれ故郷のイーストンに妻とともに暮らしている。子供が2人と、3人の孫がいる。


 さて、中世ヨーロッパと聞くと、反射的に「暗黒時代」という言葉が思い浮かぶ方は多いと思う。
 魔女狩り、錬金術、免罪符、地動説の迫害、黒死病など、確かに中世ヨーロッパには迷信と腐敗と病気がはびこっていたような印象がある。
 でも、本当にそうだったんだろうか? 錬金術が近代科学誕生の母体となったことはよく知られている。魔女狩り(異端審問)も、民衆レベルのリンチまがいのものはともかく、教会がかかわった場合はルールにのっとっておこなわれている。ガリレオの地動説にしても、批判されたのは地動説そのものではなく、神を否定するような表現を使ったことだと言われている。
 腐敗や堕落が存在しなかったわけではないにせよ、中世ヨーロッパがまったくの暗黒時代で、ルネッサンス期になってすべてがいっせいに花開いた、というわけではない。科学にせよ芸術にせよ、知の伝統は中世においてもずっと受け継がれていたのだ。
 実は中世ヨーロッパは、論理というものがきわめて重視された時代だった。もちろんそれはキリスト教を絶対の真理として、その上に構築される論理なのだが、その制約のおかげで、アクロバティックなまでに精緻な論理構成が追究されることになったともいえる。それは一方で「一本の針の先端で何人の天使が踊れるか」といった空虚な議論も生み出したが、実体験と論理によって真理に迫ろうとする中世の自然哲学者の態度は、現代の自然科学者の態度と大きく異なるものではない。
 本書の主人公ディートリヒ神父は、そんな中世の自然哲学者である。時代は14世紀なかば、黒死病がヨーロッパを席巻しはじめた時期。場所はドイツの黒い森(シュヴァルツヴァルト)の南西のはずれで、現代の地図ではドイツとスイスとフランスの国境が接するあたりだ。ただし当時はシュトラスブルク(現在のストラスブール)を中心とするアルザス地方はドイツ領なので、フランスとの国境はかなり遠い印象がある。
 そんな辺鄙な山の中に、宇宙人の乗り物が不時着した……というところから生じるファースト・コンタクトと異文化交流を、(たとえばスタニスワフ・レムの短篇「アルデバランからの侵略」のように)コミカルに描くのではなく、相互理解/相互誤解の問題として真正面から扱ったのがこの作品である。
 中世ヨーロッパを舞台とする以上、避けて通れないのが政治と宗教――世俗の権威と教会の権威の複雑な関係だろう。作中でもあちこちで言及される問題なので、この時代の政治状況を簡単におさらいしておきたい。
 舞台となっているのは、1348年8月から49年7月までの1年間である。
 イングランドとフランスは百年戦争のさなかで、46年8月にはイングランド軍のノルマンディー上陸を受けてクレシーの戦いがあり、フランス軍が大敗している。47年に休戦協定が成立し、フランスに加勢して出兵していた諸侯の軍勢も帰還する。マンフレートが参戦していたのがこの戦いである。
 教会に目を向けると、西ヨーロッパ全域に影響力を及ぼしているローマ・カトリック教会の教皇(ローマ法王)は、ローマではなくフランスのアヴィニョンに居住している。いわゆる“アヴィニョン虜囚”である。物語の時点の教皇はクレメンス6世、先代はベネディクトゥス12世である。ベネディクトゥス11世の名前もちらりと出てくるが、これはそのさらに3代前、1303~04年の教皇になる。
 世俗政治においては、神聖ローマ帝国が大きな権力をふるっている。これは一つの国家というより諸侯の連合体のようなもので、この物語の時代には、ほぼ「ドイツ王(ローマ王兼任)=神聖ローマ皇帝」という状態が定着していた。本来は教皇による戴冠をもって即位するのだが、その習慣もすでになくなっている。
 クレンク人がやってきた時期の神聖ローマ皇帝はカール4世である。先代のルートヴィヒ四世は一三四六年に教皇から廃位を申しわたされたが、これを拒否。しかしその翌年には事故死してしまい、対立ドイツ王だったカール四世が皇帝に即位した。
 対立王というのは、正統性を失った王(ここではドイツ王ルートヴィヒ4世)に対抗して反対勢力が擁立する王のことで、対立教皇、対立皇帝などもこの時代にはしばしば見られる。
 古代ローマ帝国以来の伝統で、皇帝は選挙で決められた。その選挙権を持つ者は“選帝侯”と呼ばれ、この時代には慣例として、マインツ、トリーア、ケルンの各大司教、ボヘミア王、ライン宮中伯、ザクセン・ヴィッテンベルク公、ブランデンブルク辺境伯の7名がこれに当たっていた(のちに金印勅書で法制化)。
 ここで重要なのが家系である。この時代には主にルクセンブルク家、ヴィッテルスバッハ家、ハプスブルク家の3家が覇を競っている。カール4世はルクセンブルク家出身、先代のルートヴィヒ4世はヴィッテルスバッハ家で、ハプスブルク家はその前の選挙でルートヴィヒ4世と皇位を争ったフリードリヒ3世が敗れたため、力を失っている。なお、ルートヴィヒ4世とフリードリヒ3世はその後和解し、ルートヴィヒが皇帝兼ローマ王、フリードリヒがドイツ王として、フリードリヒが死去する1330年まで共同統治をおこなった。
 ……とまあ、ざっと書いてみたが、細かいできごとや人名はまだいくらもあって、とても全部は解説できない。そもそも、訳者も専門家ではないので、勘違いや思い違いはあると思う。本文中で気になった点があれば、ご指摘いただければ幸いである。
 (中略)
 ともすれば一発もののアイデア・ストーリーになりがちな題材を、綿密な書き込みで一大巨篇にまとめ上げた著者の力量はすばらしいものがある。最後の章にだけ登場する二人の作業員さえ、その名前や職業を考えると、思わず気持ちが晴れるような仕掛けになっている。隅々にまで目配りの行き届いた、みごとな作品だと思う。どうかじっくりとご堪能いただきたい。

(2010年10月)

嶋田洋一(しまだ・よういち)
1956年生まれ。 静岡大学人文学部卒、SF翻訳家。主な訳書に、M・M・スミス『みんな行ってしまう』、ロワチー『戦いの子』、シモンズ『ザ・テラー』、マクラウド『ニュートンズ・ウェイク』、マッカーシイ『コラプシウム』ほか多数。


海外SFの専門出版社|東京創元社

高城高『ウラジオストクから来た女』あとがき[2010年10月]


いま私は初めて書いた時代小説に一区切りがついて
ほっとしているところである。

フェンシングの名手・五条を筆頭に、函館の平穏を守るべく
日夜奔走する刑事たちを活写する、明治警察物語。
(10年10月刊『ウラジオストクから来た女』あとがき[全文])

高城高 koh KOHJO

 

 2009年7月刊行の『函館水上警察』の続編である。お読みの通り完結編というべきもので、いま私は初めて書いた時代小説に一区切りがついてほっとしているところである。同時に、前編のあとがきで書いたように多くの方々からご教示いただき、お世話になったことに重ねて感謝している。自分でも資料を探すなどして読んだことで勉強にもなり、また改めて考えさせられたことが多かった。例えば明治という時代について。
 私はずっと以前、それこそ若い時から明治維新を日本の近代の起点と評価する歴史家や作家の考え方に漠然とした疑いを持って来たような気がする。もちろん、それについて研究したわけではないから、単に明治維新を手放しで礼賛できない東北地方の古い世代の遺伝子のせいなのだろう。そこで今回書いているうち、どうも近代の始まりをこの作品の明治24(1891)年あたり、つまり1890年代に置いてみたいという考えにとらわれたのである。
 政治でいえば帝国憲法発布が89年、翌90年に帝国議会の開設である。とはいえ、実態を見れば雄藩による藩閥政治は大正初期まで続き、議会そのものが制限選挙による議員で構成されていた。天皇の大権の絶対性を盾とする特異な立憲体制が確立された近代のスタートであった。
 近代経済の前提になる産業革命はどうだろう。維新後、殖産興業に力を借りようとした御雇外国人は、社会、教育など制度的な近代化には貢献したが、まだ土台の貧しい工業化の助けにはならなかった。やっと80年代末の官業払下げをきっかけに企業設立が相次ぎ、綿糸紡績業が勃興してさらに台湾領有に伴う製糖業、木材パルプの原料化成功による製紙業などと日清戦争(94-95年)に前後して工業化が進む。いずれも軽工業の分野で、鉄鋼、機械、造船といった重工業の分野は後れを取る不均衡な産業革命だが、やはり90年代がその始まりといえるのではないだろうか。
 90年代がそれ以前と違ってくるのは、何といっても社会、文化といった分野であろう。風俗を例にとれば女性の髪型で束髪がポピュラーになるのはこの頃からである。文学でいえば、二葉亭四迷が初めて言文一致体の『浮雲』を発表したのが87-89年で、こうした小説を読むことで我々は初めて当時の人たちはこんな喋り方をするのだな、と分かる。そしてこれらの文学に出てくる語彙は今でも使われている言葉なのだが、90年代以前には存在しなかったものが多い。言葉ということでは、明らかに90年代が境目である。それ以前の明治は、いろいろな面でいわば江戸の尻尾をぶら下げていた時代だったような気がする。
 前編は函館が開港150年を祝う年に出版され、明治の函館を少しでも知ってもらいたいという私の創作意図に合致することになった。海外に開かれていたということでは、函館より長崎の方が歴史は古いだろう。しかし、長崎がつながっていた世界はオランダや清国で、それによって独特な異国情緒がすでに町を彩っていた。一方、函館には幕末からロシア船が出入りし、開港後はロシア船よりは英米、特に英国船が多く来航してそれも商船、軍艦、海獣密猟船と多彩であった。19世紀の近代化された西欧文化が北のはずれの町にいきなり流入したのである。函館新聞を読んでいると、当時はほかの都市では恐らく見られないような市民生活や商売をうかがわせる広告が目につくのである。この一足早い町のハイカラさが文学でも大正以降になって、例えば長谷川四兄弟のようなモダニズムの逸材を生み出すのだった。
 後編でも前編同様に実在した人物が数多く登場するが、フィクションであるから時期や場所などで実際の函館の歴史と食い違うところもある。ここで二つばかり大きな相違点をお断りさせていただきたい。
 「聖アンドレイ十字 招かれざる旗」のアークティック号が逃げ込んだ先は函館港ではなく、神奈川県三浦半島金田湾であった。英露の軍艦が対決したその当時の経過は、外務省外交史料館ではうかがいしることができなかった。作品の中で触れているその六年前の事件については、断片的ながら両国のやり取りがうかがえる外交文書があるのに不思議である。マイクロ化作業のため一部封鎖していた資料の中にあったのかもしれなかった。しかし、函館新聞ははるか本州のこの事件を八回にわたって経過を伝えてくれている。水夫たちが太平洋酒店で飲んで暴れるなど市民に迷惑をかけた密猟船だが、地元にカネを落としてくれたし知名度が高かったことから、わざわざ情報を集めて報道したのだろう。
 最終回に描かれたマルモ森田一家による警察署襲撃は、実はこの十年以上も後の事件で、舞台も函館ではなく十勝地方でのことであった。『北海道警察史――明治・大正編』(1968年)が十ページ以上を費やして記録しているが、この時、博徒らは警官たちを署内から追い払い、保護されていた敵方の一丁派系幹部を滅多刺しにして殺してしまったのである。この頃になってもまだ道東などでは警察力が劣勢に立たされていたのだった。
 博徒たちは内部に記録めいた書き物を遺さないし、函館新聞だけでなく当時の新聞は原則として博徒についてはほとんど記事にしなかったので、樺太から一道一府六県にまたがるこの組織の全容と歴史は分からないことの方が多い。そこで存命の関係者からの聞き書きをまとめた大西雄三著『実録北海博徒伝――森田常吉聞書』(1980年、札幌。みやま書房)は、裏付け資料の言及に足りない部分はあるが今となっては貴重である。
 これによると東京進出をもくろむマルモ森田は明治32年夏、吉原の親分に喧嘩状を突きつけて子分たちを東京に送り込んだ。吉原勢を加勢する東京連合と白装束のマルモの決死隊の衝突は警官隊に阻まれてしまう。マルモ側は長引くと見るや品川沖に船を借り切って出撃の本拠とした。結局、武州(神奈川、埼玉)の親分が仲裁に乗り出し、吉原も縄張りに抑える東京の大物と森田常吉が兄弟分となることで収拾した。その固めの儀式が函館で行われることを事実上の勝利と受け止めた祝賀会は、港内に数十艘の艀船を浮かべて畳を敷き詰め、市民も加えた無礼講で三日三晩続いたという。
 明治40年、刑法が改正され、北海道の警察官定員も十年前の二倍になった。同43年、函館地裁検事局の指揮で、常吉親分をはじめ樺太から東京まで計81人の貸元ら幹部が博徒結合罪で逮捕され、組織は壊滅した。服役後の常吉は白い顎ひげの好好爺としてひっそりとした隠居生活を送り昭和10年三月、自宅で84歳の生涯を閉じた。これは函館新聞が二段見出しで、また読売新聞も「丸茂の親分逝く 任侠謳われた生涯」と写真入りで報じた。
 登場人物のその後ということでは、英国領事のジョセフ・ロングフォードは明治35年まで長崎領事を務め、外交官引退後はロンドン大学の初代の日本学教授に就任しており、日本に関する著述もあるようだ。
 前編には、日本で初めて強制集団種痘を行った深瀬洋春を登場させたが、この後編では弟の深瀬鴻堂が活躍する。日本でもよく読まれている英国の旅行作家、イザベラ・バードはその蝦夷地紀行で鴻堂と函館病院を高く評価しており、函館の医学界の黎明期を切り開いた兄弟なのである。私は新聞記者として函館に勤務していた四十数年前、三代目の鴻一郎氏にお会いして函館特有の夏のヤマセ(東風)とリュウマチ症状の相関についての研究を取材し、コラムに書かせていただいたことがある。1891年開業という北海道では最も古い病院である医療法人鴻仁会深瀬病院はいま四代目の晃一氏が院長を務められている。
 最後に函館水上警察署の現状に触れておこう。昭和27年に函館西警察署と改称しており、庁舎もかつての真砂町のなお北東側の海岸町に昭和59年になって移築された。庁舎が岸壁に面しているわけではないが、港内パトロールの任務は変わらず担っており、警備艇おしま(19トン)が明治時代と同じように巴港を巡回している。

  2010年7月
                                高城 高

(2010年10月)

高城高(こうじょう・こう)
1935年北海道函館市生まれ。東北大学文学部在学中の55年、日本ハードボイルドの嚆矢とされる『宝石』懸賞入選作「X橋付近」でデビュー。大学卒業後は北海道新聞社に勤務するかたわら執筆を続けたが、やがて沈黙。2006年の『X橋付近 高城高ハードボイルド傑作選』(荒蝦夷)、08年の〈高城高全集〉全四巻(創元推理文庫)の刊行で復活を遂げる。09年には時代警察小説『函館水上警察』(東京創元社)を発表し、絶賛を博した。


推理小説の専門出版社|東京創元社
東京創元社ホームページ
記事検索
最新記事
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


創立70周年


東京創元社特設サイト