Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

魔法と陰謀が支配する不思議な世界 〈クロノス・クロニクル〉第一弾! マリー・ルツコスキ『ボヘミアの不思議キャビネット』[2010年11月]


 菜の花盛りのボヘミアの田舎道、一台の馬車がひとりの男を運んできた。着いた先はオクノ村、男はこの村に住む天才時計職人のミカルだった。
 ミカルはボヘミアの王子に招かれてサラマンダー城で働いていたが、突然両目を奪われて帰されてきたのだ。
 それというのも、金属に対して魔法の力をもつミカルの両眼を、王子が〈不思議キャビネット〉のコレクションに欲しがったからだというのだ。
 あまりの仕打ちに憤ったひとり娘のペトラは、サラマンダー城に忍び込んで父の目を取りもどそうと決意する。父にも、母親がわりの年上の従姉妹にも内緒で首都プラハをめざすペトラ。お伴はミカルがつくった賢いブリキのクモ、アストロフィルだ。
 運良く都で知りあったロマの少年の手引きでなんとか城への潜入を果たすが、イングランド大使ジョン・ディーに正体を見破られてしまう。ところが敵か味方か、ディーは正体をばらさないでおく見返りとしてペトラにある取り引きをもちかけてきた。

 魔法と陰謀が支配する不思議な世界のボヘミアを舞台にした〈クロノス・クロニクル〉第一弾。

(2010年11月5日)

 

【2009年3月以前の「本の話題」はこちらからご覧ください】

短編ミステリ読みかえ史 【第20回】(2/2)  小森収




『ニューヨーカー短篇集』の第2巻にリース・デイヴィス(この本での表記はリス)の「キャサリン・フクシアのジレンマ」という短編が入っています。リース・デイヴィスという作家は、日本ではほとんど知られていなくて、私も短編3作しか読んでいません。しかし、奇妙な短編――しかも、その奇妙さが、なんというか、地味な奇妙さなのです――を書く上に、なんといっても「選ばれたもの」「選ばれた者」)が、その難解さゆえに、マージェリイ・フィン・ブラウンの「リガの森では、けものはひときわ荒々しい」とともに、MWA賞短編賞の先鋭性を示すものとなりました。
 私が初めて読んだリース・デイヴィスは「選ばれたもの」で、世界ミステリ全集の『37の短篇』においてでした。その前に、HMM1973年7月号の「パパイラスの舟」の最終回で、小鷹信光がこの作品のことを紹介していました。その回は、当時の短編ミステリを論じて、必読の文章でもあります。ともかく、ミステリからどこまで離れていくのかと心配されていたであろう、当時のMWAの短編賞に荒々しくも選ばれたものだったわけですから、期待しない方がどうかしています。『37の短篇』のうち、「選ばれたもの」とエドワード・D・ホックの「長方形の部屋」が、本邦初訳でした。ホックが「長方形の部屋」のようなものを書いてしまうということ自体、そのころの時代の趨勢のようなものを感じざるをえませんが、それでも、ホックのこの短編は、流行を取り入れた大衆小説といっていいでしょう。しかし「選ばれたもの」は違います。そして、当然ながら、十代の私には、何が書いてあるのやら、さっぱりわけが分かりませんでした。
「選ばれたもの」は陰鬱なクライムストーリイです。表面的な出来事には、難解なところはどこにもありません。いささか偏狭な老婆の持つ敷地内のコテージを、青年が借りて住んでいる。老婆の先祖が青年の先祖を騙して、土地を安く買いたたいたときの餌に、長期に格安な家賃が設定されたのです。その期限も切れようとしている。青年は貧乏で取り柄もないけれど、彼女に結婚を承諾してもらったばかりです。その承諾には、持ち家という事実が効いているらしい。しかし、老婆は唐突に契約更新しない旨を通告し、コテージは壊すと言います。青年は老婆との交渉に気乗りがせず、ぐずぐずと時間をとられた果てに、かけあいに行きます。一方で、老婆には双眼鏡で青年の暮らしを覗き見する癖があることが、読者には知らされます。交渉は決裂しますが、老婆の態度は挑発的で、青年は老婆を手にかけてしまいます。
 問題はこの老婆が挑発的な態度を取る理由で、実は、これがよく分からない。題名からしても、青年は老婆に選ばれたと取るのが妥当なところでしょう。今回が三読目で、考えられることはいくつかあるのですが、私は、しっくりした解釈に到達できていません。リース・デイヴィスはウェールズの人で、この短編もウェールズを舞台にしているのですが、それが関係あるのかどうかも分かりません。
 小鷹信光は「選ばれたもの」を買っていなくて、むしろHMM1967年10月号に掲載された「ロンドンでお買物」の方を推薦していました。「ロンドンでお買物」は、ロンドンから下り列車に乗る「富と精力にめぐまれた、美しい太陽のような女」の話です。男たちの注意をひかざるをえないこの女性の、たまの気晴らしのロンドン行きが、実は……という話で、しゃれた短編ではありますが、「選ばれたもの」の異様なところはありません。ただ、こうした話を書く人だから「選ばれたもの」の老婆が、青年を選んだのは、愛玩物としてではないのかと、まあ、考えてしまうわけです。
「キャサリン・フクシアのジレンマ」が、私には、3作のうちで、もっとも面白かったのですが、この話には分かりにくいところは微塵もありません。ウェールズの小村で毛織物工場で働きながら、教会掃除の手間賃を足して身をたてているキャサリンは、村の成功者ルイスの愛人になっていたのですが、ある日、通ってきたルイスが彼女のベッドの中で死んでしまう。キャサリンは必死にとりつくろい、自分の家の前で倒れたルイスを助けいれたところで息絶えたと、苦しい説明をでっちあげますが、村の誰もが否定できないものの、信じているとも思えない。おまけに、ルイスの遺言状が開かれると、彼女に大金が遺されている。
 意地悪な人間観察――「真実もこれほど重大なものになると、弁護士のオフィスでさえ、むげには扱われないのである」――に裏打ちされた、意地悪な人間たちの意地悪な軽喜劇。大金が入ってきた喜びよりも先に、情事の露見が言い訳できないところにきたことに気がまわるところに、イギリス――というかウェールズというか――の小村の社会が垣間見えて、結末まで、にやにやしながら読んでいる私も、まあ、意地悪な人間というカテゴリーから逃れられていないのです。
 難解なもの平明なもの、どれをとっても手だれの業を見せてくれる、リース・デイヴィスの短編は、もう少し読みたいものです。


小森収(こもり・おさむ)
1958年福岡県生まれ。大阪大学人間科学部卒業。編集者、評論家、小説家。著書に 『はじめて話すけど…』 『終の棲家は海に臨んで』『小劇場が燃えていた』、編書に『ミステリよりおもしろいベスト・ミステリ論18』 『都筑道夫 ポケミス全解説』等がある。


ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

短編ミステリ読みかえ史 【第20回】(1/2)  小森収



 先月触れたロバート・M・コーツについて、少し補足することから始めましょう。
 コーツには邦訳された長編がひとつあって、しかも、早川のポケミスに入っているのです。『狂った殺意』という1948年の作品で、邦訳が出たのが62年です。ヘイクラフトとクイーンの名作表に入っていたというのが、お墨付きになっていて、解説(のタイトルからして「『名作表』の中の一篇」)でも、それで翻訳したかのような書き方をしています。アントニー・バウチャーの強力な推薦で、クイーンが名作表に加えたそうです。同じ48年の作品で選ばれているものは、ジョセフィン・テイ『フランチャイズ事件』、ウィリアム・フォークナー『墓場への闖入者』、スタンリイ・エリン『断崖』となっています。
『狂った殺意』そのものは、冗漫なクライムストーリイで、私は買うことができません。しかし、この作品をめぐっては書いておきたいことがあります。
 坪内祐三の『古本的』第二部「ミステリは嫌いだが古本は好きだからミステリも読んでみた」の最初が「ポケミス686番を探す」という文章で、この686番というのが、『狂った殺意』なのです。この第二部はジャーロに連載されたもので、連載していたのは私も知っていて、読んでいたつもりなのですが、この第一回は読み落としていたらしく、最近になってこの文章の存在を知りました。
 坪内祐三がここで書いていることは、しごくまともで、おそらく、他のジャーロの執筆者の誰が書くよりも、正しく『狂った殺意』を把握していると思います。私とは評価は違うけれど、そんなことは、あまり関係がない。私が問題にしたいのは、その坪内祐三でさえ「面白かった。ただし、ミステリとして読んだら、この作品、つまらなかっただろう」と書いてしまう、そのことです。
 このとき、坪内祐三が書いた「ミステリ」という言葉は、執筆当時の2000年の日本の状況(現状とそんなに変わっていないでしょう)をイメージしているのかもしれません。他の場所では「いくらエラリー・クイーンの名作表に入っていたとはいえ、こんなごりごりの純文学をポケミスに加えるなんて、当時のミステリの範疇はとてもアヴァンギャルドだったわけである」と書いています。確かに、ここは「だった」と過去形で、しかも、ご本人がミステリ嫌いと断っているわけですから、他人ごと他所ごとのような書き方なのも、当然のことでしょう。けれど、ミステリがおしゃれな時期は確実にあったのです。そして、そこではミステリとして読むなどという愚昧な行為は行われていなかったのです。
 いわゆる文学作品をミステリに含めるか否かという問題や、ミステリは文学ないしは純文学たりうるかという議論は、さらにそれ以前からありました。ただし、そういう議論がものの役に立った形跡はあまりありません。
『狂った殺意』に話を戻すと、坪内祐三は「実存主義文学として(中略)味読した」と書いていますが、同時に「『嘔吐』『異邦人』に比べてしまったら、かなり分は悪いけれど」とも書いています。私が分からないのはそこで、『嘔吐』『異邦人』と比べてかなり分の悪い実存主義文学に、どれほどの魅力があるのだろうということです。それに、実存主義者たちが評価したのは、ロバート・M・コーツよりも、たとえばホレス・マッコイだったというのは、事実でもあり、またそうなるのは当然なことのように、私には思えます。ついでに書いておきます。コーツはミステリかもしれない作品も書いた作家ですが、マッコイはミステリ作家です。また、坪内祐三はホレス・マッコイの『彼らは廃馬を撃つ』を文学の側から正当に評価しています。もっとも、『彼らは廃馬を撃つ』をミステリとして評価する場合「いかに、ナチュラルにその『動機』を描けていけるかに、ミステリ作家としての力量がかかっている」と書いていて、そこにだけ成功がかかっていると考えるのは、思考を狭くすると私は考えます。ただし、これは少数意見でしょうし、では、ミステリの側が『彼らは廃馬を撃つ』やホレス・マッコイをどう評価したかとなると、ことは複雑になって、ここで書くには問題が大きすぎます。




ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!
東京創元社ホームページ
記事検索
最新記事
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


創立70周年


東京創元社特設サイト