Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

『杜ノ国の神隠し』『ダ・ヴィンチの翼』『このすばらしきスナーグの国』『最後の三角形』…紙魚の手帖vol.14(2023年12月号)書評 三村美衣[ファンタジイ]その1


 二〇二〇年に、カクヨムのWeb小説コンテストから『雲神様(くもかみさま)の箱』でデビューした円堂豆子(えんどう・まめこ)。新刊『杜ノ国の神隠し』(講談社文庫 七五〇円+税)の舞台は、奈良時代あたりの日本を思わせる〈杜ノ国〉だ。この国の中心は水ノ宮と呼ばれる社(やしろ)で、豊穣(ほうじょう)の女神を祀(まつ)っている。杜ノ国の郷(さと)は、水ノ宮に十年ごとにひとり、神子(みこ)となる子供を差し出す。村人もそれが贄(にえ)であることには、とうの昔に気がついていたが、仕方のないことと受け入れてきたのだろう。しかしついに、彼らは子供を宮に差し出すことを拒否する決意を固めた。その蜂起前夜、杜ノ国に大学生の真織(まおり)が迷いこむところから物語は始まる。立て続けに父母を亡くした彼女の心はからっぽで、生きる意欲を亡くしていた。ところが社の神域に出現した彼女は、意図せず、神官・玉響(たまゆら)から依り代(よりしろ)の印を奪い不老不死を手に入れてしまう……。


 人が贄の儀式に疑問を抱きはじめたとき、神はどうするのか。人と神の思考は当然ながら同じではない。その認識のズレが、現代人である真織の視点から描かれるのだが、面白いのはフラットなはずの彼女が、生死を超えた神子となってしまったところだ。人から乖離し始めた彼女は、不死身の身体だからと、敵の攻撃を一身に受ける標的となり、手足をもがれようが意にも介さない。登場人物が皆理性的すぎる不満はあるが、既(すで)に続編の刊行も決まっているとのこと。残虐性や暴力性にさらに踏み込んだ展開を期待したい。

 上田朔也(うえだ・さくや)『ダ・ヴィンチの翼』(創元推理文庫 一〇四〇円+税)は、ダ・ヴィンチが遺した超兵器の設計図を、ミケランジェロの命を受けた密偵が追うという、知の巨人の知恵比べのようなワクワク設定だ。フィレンツェやフランスの密偵、ヴェネツィアの魔術師、薬物で強化されたヴァチカンの刺客が入り乱れて、イタリア各地をめぐる。『ヴェネツィアの陰の末裔(まつえい)』と同じ、魔術によって改変されたルネッサンス期のイタリアを舞台にしているが、今回は前作とは異なり、少年が主人公のジュヴナイルテイストであり、独立した物語として楽しむことができる。まるで楽器を調律するように傷を治し、身体を整えていく癒(いや)しの魔法描写がいい。


 トールキン家の子供たちの愛読書で、『ホビット』を書くきっかけとなったE・A・ワイク=スミスの『このすばらしきスナーグの国』『新版 ホビット ゆきてかえりし物語』で注釈を執筆したダグラス・A・アンダーソンによって、この本の存在がトールキンのファンに広まり、一九九五年に復刻された。ただし本書『このすばらしきスナーグの国』(野口絵美訳 徳間書店 二一〇〇円+税)はその本ではなく、児童文学作家ヴェロニカ・コッサンテリによる再話版である。孤児院育ちの少年・少女が、スナーグの世界に迷い込む冒険譚で、ナンセンスな言葉遊びのセンスは『不思議の国のアリス』、展開は『ピーターパン』を思わせる。確かにスナーグがホビットを、旅の仲間となるゴルボはビルボやピピンを連想させる。果たしてトールキン一家が愛したという原典の方ではどうなのか、気になって仕方ない(のでAmazonでポチりました、kindle版もあります)。


『最後の三角形 ジェフリー・フォード短篇傑作選』(谷垣暁美[たにがき・あけみ]編訳 東京創元社 三五〇〇円+税)は、『言葉人形』につぐ日本版オリジナル短篇集の第二弾。ファンタジイ、SF、ミステリ、ホラーなどバラエティに富んだ短篇が十四篇収録されている。集中のベストはネビュラ賞とSFマガジン読者賞を受賞した「アイスクリーム帝国」だ。共感覚を持つ「僕」が、コーヒー味のアイスクリームを食べたときに見える女の子に惹かれ、逢瀬(おうせ)を重ねる。日常と幻想の境界が揺らぐ不安や焦燥感の果てに、なぜかいきなり、まったく別のフェイズに立たされ唖然(あぜん)とする。此岸(しがん)と彼岸が入れ替わったとか、そういうありきたりな解釈では追いつかない不思議な読み心地が、フォードならではの面白さだろう。


■三村美衣(みむら・みい)
書評家。1962年生まれ。文庫解説や書評を多数執筆。共著書に『ライトノベル☆めった斬り!』が、共編著に『大人だって読みたい! 少女小説ガイド』がある。



大人気シリーズの最新刊を一足早く読めるチャンス! アンソニー・ホロヴィッツ『死はすぐそばに』ゲラ版先読みキャンペーン!


大人気シリーズの最新刊を一足早く読めるチャンスです! 

Close to Death
【原書書影】

『メインテーマは殺人』『その裁きは死』『殺しへのライン』『ナイフをひねれば』に続く〈ホーソーン&ホロヴィッツ〉シリーズ最新刊『死はすぐそばに』(原題:Close to Death)を2024年9月に刊行します。

物語の中心となるのは、探偵ダニエル・ホーソーンが、語り手にしてワトスン役のアンソニー・ホロヴィッツに出会う前に手掛けた事件。ちりばめられていたピースが次々と組み合わさって真相が明らかになるシーンは、今回も圧巻の一言です!

そんな『死はすぐそばに』へ、みなさまに熱いご感想コメントをお寄せいただきたく、発売前ゲラ版先読みキャンペーンを実施します。
募集人数は30名で、応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。


募集期間は、2024年7月19日(金)~7月25日(木)です。

※ゲラは、最終稿前のものです。

【あらすじ】
ロンドンはテムズ川沿いの高級住宅地リヴァービュー・クロースで、金融業界のやり手がクロスボウの矢を喉に突き立てられて殺された。門で外部と隔てられた、昔の英国の村を思わせる敷地のなかで6軒の家の住人が穏やかに暮らす――この理想的な環境を、新参者の被害者は騒音やプール建設計画などで乱してきたのだ。我慢を重ねてきた住人全員が同じ動機を持っているといえるこの難事件に、警察から招聘された探偵ホーソーンは……。あらゆる期待を超えつづける、〈ホーソーン&ホロヴィッツ〉シリーズ第5弾!

■ご応募について
・応募資格
7月29日(月)頃に発送する『死はすぐそばに』のゲラをお読みいただき、8月19日(月)までに感想などのコメントをいただける方

・応募URL
以下のURLのフォームからお申し込みください。

※『死はすぐそばに』ゲラ版先読み応募フォーム※

・募集期間
2024年7月19日(金)~7月25日(木)

・募集人数
30名(応募多数の場合は抽選となります)

・結果発表
当選者にはメールにてお知らせの上、ご登録いただいたご住所までゲラをお送りさせていただきます。

・コメントについて
コメントは、こちらでご用意させていただくフォームに、2024年8月19日(月)までにご記入ください。

※いただいたコメントは、書籍の帯、書店用POP、チラシ等の販促物の他、弊社公式ホームページおよびX(旧Twitter)、Facebook等で使用させていただく場合があります。
※ご自身のブログ、X等への書き込み・ご紹介については大歓迎いたします。
※Xで本書のご感想をつぶやかれる場合は、ハッシュタグ「 #死はすぐそばに 」をご使用いただけますと幸いです。
※変更がある可能性がございますので、ゲラからの本文の引用はご遠慮くださいますようお願い申し上げます。


■書誌情報
タイトル:『死はすぐそばに』
著者:アンソニー・ホロヴィッツ
訳者:山田蘭
判型:創元推理文庫
予価:1,210円 (本体価格:1,100円)
予定ページ数:496ページ
装幀:Will Staehle / 中村聡
刊行:2024年9月上旬
※発売日は地域・書店によって前後する場合がございます

■著者紹介
アンソニー・ホロヴィッツ/Anthony Horowitz
イギリスを代表する作家。ヤングアダルト作品〈女王陛下の少年スパイ! アレックス〉シリーズがベストセラーに。また、人気テレビドラマ『刑事フォイル』の脚本、コナン・ドイル財団公認の〈シャーロック・ホームズ〉シリーズの新作長編『シャーロック・ホームズ 絹の家』などを手掛ける。
アガサ・クリスティへのオマージュ作『カササギ殺人事件』では『このミステリーがすごい!』『本屋大賞〈翻訳小説部門〉』の1位に選ばれるなど、史上初の7冠に輝く。
さらに〈ホーソーン&ホロヴィッツ〉シリーズ『メインテーマは殺人』『その裁きは死』でもすべてのランキングで1位に選ばれ、3年連続で年末ミステリランキングの完全制覇を達成。また『メインテーマは殺人』は本格ミステリ作家クラブ設立20周年企画「2010年代海外本格ミステリ ベスト作品」に選出。『カササギ殺人事件』の続編である『ヨルガオ殺人事件』でも3つのランキングで1位に選ばれ、前人未到の4連覇を成し遂げた。

■訳者紹介
山田蘭/Lan Yamada
英米文学翻訳家。アンソニー・ホロヴィッツ『カササギ殺人事件』『ヨルガオ殺人事件』『メインテーマは殺人』『その裁きは死』『殺しへのライン』『ナイフをひねれば』、アガサ・クリスティ『スタイルズ荘の怪事件』、ジャニス・ハレット『ポピーのためにできること』、D・M・ディヴァイン『悪魔はすぐそこに』、ポール・ギャリコ『トマシーナ』、ルイス・ベイヤード『陸軍士官学校の死』、ラドヤード・キップリング『ジャングル・ブック』など訳書多数。
 
【会社概要】
株式会社 東京創元社
〒162-0814
東京都新宿区新小川町1-5
https://www.tsogen.co.jp
 
【お問い合わせ先】
tss@tsogen.co.jp


その裁きは死 ホーソーン&ホロヴィッツ・シリーズ (創元推理文庫)
アンソニー・ホロヴィッツ
東京創元社
2020-09-10



抽選で「泡坂妻夫先生デザインのトランプ」が当たる!〈日本推理作家協会賞 翻訳部門賞〉の愛称(ニックネーム)を考えてみませんか?


みなさまこんにちは。翻訳班Sです。今回は東京創元社の話題ではなく、〈日本推理作家協会賞・翻訳部門賞〉についてのお知らせがありまして、記事を書いています。



日本推理作家協会は70年以上の伝統を持つ推理作家団体です。そして2025年から、協会創立以来の歴史を誇る〈日本推理作家協会賞〉に〈翻訳部門賞〉が設けられることになりました。その年に日本国内で刊行されたもっとも優れた海外ミステリを選び、作者および翻訳者を表彰するという、素晴らしい賞です!

賞が正式に始まる2025年に向けて、昨年、今年と二度にわたる試行がおこなわれました。第1回の『1794』『1795』(ニクラス・ナット・オ・ダーグ/ヘレンハルメ美穂訳)、第2回の『トゥルー・クライム・ストーリー』(ジョセフ・ノックス/池田真紀子訳)という受賞作が決定し、通算3回目となる来年、〈日本推理作家協会賞・翻訳部門賞〉はいよいよ正式に新たなスタートを切ります。

この記念すべき節目にあたり、推理作家協会では新たな部門賞の愛称(ニックネーム)を募集することとなったそうです!

みなさんから寄せられた案を参考に選考し、結果は今年11月に開催予定の江戸川乱歩賞と日本推理作家協会賞の合同授賞式にて発表を予定しているそうです。

そしてなんと!!! 応募者全員の中から抽選で、推理作家で奇術師としても有名な故・泡坂妻夫先生がデザインされたトランプが当たるそうなのです。す、すごい!! これはとんでもなく貴重なのでは!?

泡坂妻夫デザイントランプ
【創立50周年を記念して、故・泡坂妻夫氏デザインで限定制作したトランプ(2組セット)】

素敵な賞の愛称を考えて、どしどし応募いたしましょう! ぜひみなさまで〈日本推理作家協会賞・翻訳部門賞〉を盛り上げていただけますと幸いです。

[概 要]

〈日本推理作家協会賞・翻訳部門賞〉の愛称(ニックネーム)募集

(募集期間)
  2024年7月15日から8月31日まで
(応募方法)
  下記のQRコードもしくはリンクから応募フォームを開き、必要事項を記入してください。
  (Googleフォームを使用しています)

愛称応募フォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfPvG6CTvMHXYmEAhKgqTZTORZyiTSO1Pb1g5sBYjWma1wWtA/viewform?pli=1

(賞品)
  「泡坂妻夫デザインのトランプ」(30名様)ほか。
  ※当選者の発表は、賞品の発送(秋ごろを予定)をもって替えさせていただきます。
東京創元社ホームページ
記事検索
最新記事
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


創立70周年


東京創元社特設サイト