今月の本の話題

2014.12.17

2014年 主要ミステリベスト 東京創元社の作品ランキング

■『このミステリーがすごい! 2015年版』(宝島社)

■海外篇
第2位 ケイト・モートン『秘密』上下
第5位 ダニエル・フリードマン『もう年はとれない』
第6位 ジョエル・ディケール『ハリー・クバート事件』上下
第7位 ヘレン・マクロイ『逃げる幻』
第8位 ミネット・ウォルターズ『養鶏場の殺人/火口箱』
第10位 ヘニング・マンケル『北京から来た男』上下
第14位 ロバート・クレイス『容疑者』
第14位 アレクサンダー・レルネット=ホレーニア『両シチリア連隊』
第17位 ジム・ケリー『逆さの骨』

■国内篇
第15位 十市社『ゴースト≠ノイズ(リダクション)』

■『週刊文春ミステリーベスト10 2014年』

■海外篇
第2位 ケイト・モートン『秘密』上下
第4位 ジョエル・ディケール『ハリー・クバート事件』上下
第5位 ダニエル・フリードマン『もう年はとれない』
第6位 ミネット・ウォルターズ『養鶏場の殺人/火口箱』
第7位 ヘレン・マクロイ『逃げる幻』
第15位 ポール・アダム『ヴァイオリン職人の探求と推理』
第17位 ヘニング・マンケル『北京から来た男』上下
第17位 ロバート・クレイス『容疑者』

■『2015本格ミステリ・ベスト10』(原書房)

■海外篇
第1位 ヘレン・マクロイ『逃げる幻』
第4位 パトリック・クェンティン『女郎蜘蛛』
第5位 ジム・ケリー『逆さの骨』
第6位 ミネット・ウォルターズ『養鶏場の殺人/火口箱』
第7位 マージェリー・アリンガム『窓辺の老人』
第8位 ケイト・モートン『秘密』上下

■国内篇
第8位 青崎有吾『風ヶ丘五十円玉祭りの謎』
第10位 平石貴樹『松谷警部と三鷹の石』

■「ミステリが読みたい!2015年版」(『ハヤカワ・ミステリマガジン』)
■海外篇
第2位 ケイト・モートン『秘密』上下
第4位 ミネット・ウォルターズ『養鶏場の殺人/火口箱』
第5位/新人賞第2位 ダニエル・フリードマン『もう年はとれない』
第6位 ヘレン・マクロイ『逃げる幻』
第9位 ジョエル・ディケール/新人賞第4位『ハリー・クバート事件』上下
第12位 マーガレット・ミラー『悪意の糸』
第15位 ヘニング・マンケル『北京から来た男』上下

■国内篇
第8位/新人賞第2位 深緑野分『オーブランの少女』
第19位/新人賞第5位 十市社『ゴースト≠ノイズ(リダクション)』

■文庫情報誌『IN★POCKET』

■総合部門
第4位 ダニエル・フリードマン『もう年はとれない』
第5位 ヘレン・マクロイ『逃げる幻』
第12位 S・J・ボルトン『緋の収穫祭』
第14位 パトリック・クェンティン『女郎蜘蛛』
第17位 ミネット・ウォルターズ『養鶏場の殺人/火口箱』
第19位 キャロル・オコンネル『陪審員に死を』

■読者部門
第1位 ダニエル・フリードマン『もう年はとれない』
第3位 M・ヨート&H・ローセンフェルト『犯罪心理捜査官セバスチャン』上下
第5位 ジョン・ディクスン・カー『テニスコートの殺人 【新訳版】』
第7位 ジョン・ディクスン・カー『夜歩く 【新訳版】』
第11位 ミネット・ウォルターズ『養鶏場の殺人/火口箱』
第13位 エドワード・D・ホック『サイモン・アークの事件簿〈V〉』
第14位 ロバート・クレイス『容疑者』
第15位 パトリック・クェンティン『女郎蜘蛛』
第15位 マーガレット・ミラー『悪意の糸』
第17位 アーサー・コナン・ドイル『シャーロック・ホームズ最後の挨拶 【新訳版】』

■作家部門
第4位 ヘレン・マクロイ『逃げる幻』
第8位 S・J・ボルトン『緋の収穫祭』
第13位 ダニエル・フリードマン『もう年はとれない』
第15位 キャロル・オコンネル『陪審員に死を』
第18位 ヴィクトル・アルナル・インゴウルフソン『フラテイの暗号』

■翻訳家&評論家部門
第10位 ダニエル・フリードマン『もう年はとれない』
第11位 ミネット・ウォルターズ『養鶏場の殺人/火口箱』
第13位 ヘレン・マクロイ『逃げる幻』
第15位 パトリック・クェンティン『女郎蜘蛛』
第16位 S・J・ボルトン『緋の収穫祭』

(2014年12月5日)




【2009年3月以前の「本の話題」はこちらからご覧ください】

海外ミステリの専門出版社|東京創元社
バックナンバー