今月の本の話題

2018.10.16

夢の世界であたしの命を狙った彼女が学校に帰ってきた。やばい! ケルスティン・ギア『黄色の扉は永遠の階』[2018年10月]

 日本でも大人気を博したドイツ発のタイムトラベル・ファンタジー〈時間旅行者の系譜〉をご記憶でしょうか?
 ある日いきなりタイムトラベラーの能力が発動したグウェンドリンが、気絶しそうなほどステキだけど性格の悪い相棒ギデオンと一緒に時を超えて、盗まれたクロノグラフの謎に挑む『紅玉は終わりにして始まり』『青玉は光り輝く』『比類なき翠玉』の三部作。
 ドイツでは3部作が続けて映画化される人気ぶり、日本でもWOWOWで放映されました。

 その〈時間旅行者の系譜〉の著者が新たに選んだのが「夢」の世界。そう、今度は〈夢の書〉三部作なのです!
 舞台はロンドン。(なぜか著者はドイツ人なのにロンドンを舞台にするのがお好きみたいです。前作もそうでした)

●最新刊『黄色の扉は永遠の階』(2018年10月刊行)

 あたしを殺して魔物に捧げようなんて、正気の沙汰じゃないことしでかして入院してたアナベルが、学院に戻ってきた。もちろん夢の世界にも。夢にかけては、アナベルの実力はヘンリーも、あのアーサーさえも凌ぐ。もちろんアーサーとあたしたちは今も完全に敵同士。アナベルは、自分もアーサーの敵だから、あたしたちとは敵の敵は味方よ、なんて共闘をもちかけてきたけど、なんかうさんくさい。本当の敵はアーサー? アナベル? それとも二人はグルなの? 

 一方、現実の世界ではママと婚約者アーネストの結婚式の計画が進行していた。堅苦しくないこぢんまりした式を挙げたいというママと、盛大な式にするべきだというミセス・スペンサー(アーネストのお母さん)の意見は平行線だし、ナニーのロッティは故郷のドイツに帰ると言いだすし……。夢でも現実でも相変わらず問題が山積み! 

 夢の世界を舞台に繰り広げられるロマンティック・ファンタジー完結。




『黒の扉は秘密の印』(2018年7月刊行)

 夢の世界での危機を切り抜け、フログナル・アカデミーの美形男子4人組のひとりヘンリーとめでたくつき合いはじめたリヴ。学校でも、夢の世界でも大好きなカレとしょっちゅう会えて人生バラ色……のはずだったが、運命の女神はそう甘くなかった。
 母親の恋人チャールズ・スペンサーの母親(別名ラクダー)の大事なトピアリー(別名ミスター・ピーコック)をと妹のミアとふたりで破壊したことが、どういうわけか皆にばれてしまい、伝染病並みの扱いを受けるし、ミアが夢遊病の発作をおこして、あやうく窓から飛び降りそうになるし、夢の世界では〈死の将軍〉と名乗る怪しげな人物にあとをつけられるし……。
 おまけに大好きな彼の秘密主義に苛々し、ふたりの関係もぎくしゃくする始末。どうするリヴ! 
 大人気の学園ファンタジー三部作第二弾。(巻末にロッティのとってもおいしいバニラキプフェルのレシピつき)




『緑の扉は夢の入口』

 母親の仕事の都合で、母親と妹と一緒にスイスからロンドンに引っ越してきたリヴ・ジルバー。八年で六度目の引っ越し……。母親は博士号をふたつも持つ学者で、ほとんど毎年別の大学で教えているせいで、この八年で六回も違う国に引っ越す羽目になっている。 (ちなみにエンジニアの父親は離婚して独り暮らしをしている)
 十年来の夢がかなって、母親がオックスフォード大学で教えることになったので、一家(ママとリヴとミア)は郊外に18世紀に建てられた小さなコテージを借りたのだ。ついに根無し草ではなくなる! 期待に胸を膨らませるリヴだったが、空港で待っていたのはちょっとした(!)計画変更だった。母親の新しい恋人アーネスト・スペンサーのロンドンの家に同居することになってしまったのだ!!
 スペンサー家は父親のアーネスト、双子のグレイソンとフローレンス、家政婦のミセス・ディンブルビー、猫のスポット。そこにリヴの母親アン、リヴ、妹のミア、ふたりのナニーでドイツ人のロッティ、そして愛犬のプリンセス・バターカップが加わったのだから、少々、いや相当ごたついても無理はない。
 夢の田園生活は彼方に消え去り、スペンサー家に同居する窮屈な生活が始まった。

 ロンドンの高級住宅街にあるフログナル・アカデミーに転校したリヴが出会ったのは、全女子生徒憧れの的である、上級生の美形男子四人組。恒例の「秋の舞踏会」で、誰が彼らのパートナーになるかが、女子の注目の的なのだ。
 金髪で天使のように完璧な容姿のアーサー、ハチミツ色のくしゃくしゃの髪に灰色の眼をしたヘンリー、バービー人形のケンそっくりな(編集者はこの“ケン”が美形だという著者の意見にどうしても同意できない)ジャスパー、そしてリヴとミアの義理の兄(になりそうな)グレイソン。
 秋の舞踏会は上級生のための催しだというし、所詮自分は関わりがないと思っていたリヴだが、ある晩夢のなかで、扉がたくさんある長い廊下で見つけたグレイソンのあとをつけ、例の4人組がハイゲート墓地(夢の中だが)に集合しているのを知る。
(夢のなかとはいえ)いったい彼らは墓地なんかで何をしているのだろう……。
 好奇心にかられたリヴは、わけもわからぬままに深入りすることに……。

 不思議な不思議な夢の世界を舞台にした、ロマンティック・ファンタジー三部作開幕!

(2018年10月16日/2018年4月5日)



ミステリ小説の月刊ウェブマガジン|Webミステリーズ! 東京創元社
バックナンバー