今月の本の話題

2017.08.18

記憶を保持できない殺人の容疑者。「信用できない語り手」による衝撃のミステリ! ラプラント『忘却のパズル』

親友を殺害したという容疑をかけられた女性。しかし彼女は病気のため、親友のことさえ思い出せないことがある――。

本書『忘却のパズル』は、「記憶を保持できない女性が殺人の容疑者となる」という衝撃的な設定のミステリです。

主人公のジェニファーは64歳。かつて優秀な整形外科医でしたが、現在はアルツハイマー病を患っています。そんな彼女に殺人容疑がかけられます。殺されたのはジェニファーの親友である女性アマンダで、なぜか死体の右手は4本の指が切断されていました。手の外科を専門としていたジェニファーは重要参考人として事情聴取を受けますが、病気のせいで記憶が曖昧になっており、体調次第では親友のことや、子供たちや介護人、自分の名前さえ思い出せないことがあります。

本書はジェニファーの視点で書かれており、彼女の記憶や独白、ノートに書かれた文章やメモ、介護人や子供たちの伝言など、パズルのピースのように断片的な記述によって構成されています。

なにしろ主人公の記憶があいまいで、自分が親友を殺したのかさえわからないというのがこのミステリの魅力につながっています。主人公や登場人物の視点で描かれていながら、記述が本当かどうかわからない、いわゆる「信用できない語り手」ものになりますが、ジェニファーは他人をあざむこうとしているわけではないですし、嘘をついたりもしていません。しかし、これほど「信用できない」主人公は他にいないと思います。何が「本当にあったこと」なのか。ふわふわとした意識の流れから、真相へいたる手がかりをすくいとりながら読み進めていくことになります。そして物語は少しずつ事件の核心に近づいていき、結末では驚愕の真実が明らかになります。

著者のアリス・ラプラントは、自分の母親が長い間アルツハイマー病に苦しんでおり、そのときに学んだ知識や体験をもとに本書を執筆したそうです。「記憶」というものの不確かさを圧倒的なリアリティで描いた功績から、医療・健康を扱ったすぐれた文学に与えられるウェルカム・ブック・プライズを受賞しています。ミステリとしても高く評価され、CWA(イギリス推理作家協会)のゴールド・ダガーの候補や、バリー賞最優秀新人賞とマカヴィティ賞最優秀新人賞の最終候補に選ばれています。

ページ数がけっこうあるので手に取るのをためらう方もいらっしゃるかもしれませんが、実は改行や会話が多く、ひとつひとつの場面が短いので、さくさくと読み進めていけます。他の本ではなかなか味わうことができない、不思議で忘れがたい読書体験をお約束します!

(東京創元社S)

(2017年8月18日)



ミステリ・SFのウェブマガジン|Webミステリーズ! 東京創元社
バックナンバー