今月の本の話題

2017.05.16

その謎、即刻解決します。ただし、「お宝」をくれるなら 『ウサギの天使が呼んでいる ほしがり探偵ユリオ』

『浜村渚の事件ノート』では数学好きの中学生、『ヘンたて』では奇妙な建物を研究する学生、『西川麻子は地理が好き。』では地理マニアの参考書編集者といった、個性的な名探偵を生み出してきた青柳碧人さん。
その最新シリーズ『ウサギの天使が呼んでいる』では、トレジャーハンターが名探偵として活躍します!

トレジャーハンターといっても、主人公のユリオが興味を持つモノは、骨董品や貴金属類、財宝ではありません。ボウリング場の巨大ピンの看板、戦闘機のプロペラ、綿あめの機械などガラクタと呼べそうなものばかり。節操なく色々なモノをほしがり、ショッピングサイト《ほしがり堂》の経営者として、ほしい人に売る仕事をしています。

そんな彼がほしがるモノをゲットしに行くと、なぜか決まって事件に巻き込まれてしまいます。身元不明のゾンビの死体の謎、ゴミ屋敷に隠された秘密など、ほしがり探偵は苦労人の妹・さくらと共に、お宝をめぐる5つの事件に挑みます。

毎話登場するガラクタにまつわるうんちく、事件の意外な真相、ユリオのお宝に対するポリシーなど、読み応えは抜群。
また、「いかにしてユリオという名探偵が誕生したのか」を語ったあとがきも必見です。ミキワカコさんによる、黙ってさえいれば格好いいユリオが描かれたカバーイラストもご堪能いただければと思います。

ポップな連作ミステリを、どうぞお楽しみください!


(2017年5月16日)



ミステリ小説のウェブマガジン|Webミステリーズ! 東京創元社
バックナンバー