今月の本の話題

2017.02.13

大人気のビブリオバトル青春小説シリーズ第2巻が文庫化!

〈Webミステリーズ!〉誌上で絶賛連載中の人気シリーズ《BISビブリオバトル部》の第2巻『幽霊なんて怖くない』の文庫版をお届けいたします!

今回は、ちょっと季節外れですが夏休み中のお話です。

***

夏休みを迎えた美心国際学園(BIS)ビブリオバトル部は、造り酒屋を営む武人の家で夏合宿を開催する。夜、武人の両親や祖母を招待して行われたビブリオバトルのテーマは〈恐怖〉。部員たちはロウソク一本の明かりのなか、それぞれ得意ジャンルを生かしてとっておきの怖い本を紹介するが、投票段階にはある不思議な出来事が……。

***

今回表紙を飾るのは、流冥弐久寿(るめい・にくす)。金髪碧眼の美少女で、メールマガジン部に所属しています。
前作をお読みの方はご存じだと思いますが、そう、この子、ビブリオバトル部じゃないんです! BB部の活動時はいつもみんなと一緒にいて、ちゃっかり部に溶け込んでいますが、校内の出来事を取材してメルマガに流すのが彼女の活動。「BB部に張り付いてレポートするのがあたしの使命なんだから」(本書25ページ)ということだそうです。
学年は中等部8年。このお話の舞台である美心(びしん)国際学園は中高一貫校なので(作中には出てきませんが、学年の数え方からしておそらく初等部も存在すると思われます)、普通の学校で言うところの中学2年生ですね。BB部の銀くんと同学年です。「コスプレ一歩手前」と言われるファッション、物怖じしない性格は、個性あふれる登場人物のなかでもひときわ存在感を放っています。
そんな彼女のビジュアルが初公開されたのは、『翼を持つ少女』の文庫版でのこと。単行本収録のキャラクターシート(登場人物紹介)には弐久寿の姿はありません。『翼~』の文庫化の際、作者の山本弘先生から「ぜひキャラクターシートに弐久寿を入れてください!」とご要望があり、本シリーズの装画とキャラクターデザインを担当してくださっているpomodorosa先生に描き下ろしをお願いしました。
実は、今回表紙に弐久寿が抜擢されたのも、pomodorosa先生によるご提案がきっかけなんです。「誰に表紙を任せようか……部長の聡はイケメンだけどファッションが地味だし、明日香さんかミーナかな……」と悩みながら打ち合わせにうかがったところ、「弐久寿、どうですかね!?」と先生から意外な名前が。「弐久寿ですか? 確かにファッションも派手で目立つし、一人で表紙をはれるキャラクターではありますが、BB部じゃないし……」と最初は申し上げましたが、その場で描いていただいたラフがあまりに可愛かったのと、山本先生の「いいですね!」という一言で大決定。メルマガ部らしく大きなカメラを提げ、お茶目にポーズを決めた弐久寿を描いていただきました!

解説は、『TOKYO BLACKOUT』『火災調査官』のミステリ作家・福田和代先生にお願いしました。神戸でビブリオバトルを主催しておられる福田先生ならではの、熱のこもった解説です! こちらもぜひご注目ください。

『BISビブリオバトル部2 幽霊なんて怖くない』は、2月24日発売です。どうぞお楽しみに!

(2017年2月14日)



ミステリ小説の月刊ウェブマガジン|Webミステリーズ! 東京創元社
バックナンバー