今月の本の話題

2016.10.04

ニューウエーブSFの旗手による全短編『J・G・バラード短編全集1 時の声』柳下毅一郎監修/浅倉久志ほか訳[2016年10月]

水没、乾燥、結晶化と様々な災害に翻弄される地球の終末を描いた、『沈んだ世界』『燃える世界』『結晶世界』の三編で構成される〈破滅三部作〉や、ロンドン中心部に聳える階層化された巨大集合住宅を舞台とした黙示録的傑作『ハイ・ライズ』など、奇想天外なアイデアと深い思弁により描かれた長編で、SFのみならず文芸においても大きな影響を与えた上海出身の英国SF作家、J・G・バラード。
倦怠が支配する砂漠のリゾート地〈ヴァーミリオン・サンズ〉――雲の彫刻や自動詩作機械、歌う植物に成長する金属彫刻をめぐる高等遊民たちのドラマを綴る連作をはじめ、初期を代表する傑作と名高い「時の声」、「濃縮小説(コンデンスド・ノベル)」と呼ばれる独自の執筆スタイルを確立した「終着の浜辺」など、その短編群によっても、長編に比肩する評価を得ています。
本全集では執筆年代順に、本邦初訳作を含む97編を全五巻に収録する、日本初の短編全集となります。また、この機に新訳・改訳にあらためた作品も多数含まれます。
本全集は2016年9月より、四ヶ月に一度、順次刊行の予定です。続刊をお楽しみにお待ち下さい。

第一巻収録作品一覧

「プリマ・ベラドンナ」
「エスケープメント」
「集中都市」
「ヴィーナスはほほえむ」
「マンホール69」
「トラック12」
「待ち受ける場所」
「最後の秒読み」
「音響清掃」
「恐怖地帯」
「時間都市」
「時の声」
「ゴダードの最後の世界」
「スターズのスタジオ5号」
「深淵」

※本全集全五巻を購入の方全員にオリジナルトートバッグをプレゼントいたします。
本書の帯に印刷されている応募券を切り取り、最終巻に挟み込まれている専用葉書でご応募下さい。

『J・G・バラード短編全集』内容見本(pdf)

(2016年10月6日)



ミステリ小説の月刊ウェブマガジン|Webミステリーズ! 東京創元社
バックナンバー