今月の本の話題

2016.06.06

『アリス殺し』の驚愕再び! 小林泰三『クララ殺し』[2016年6月]

 誰に予想することが出来たでしょうか……〈不思議の国〉の夢に迷い込んだアリスが連続殺人の容疑者になってしまう、暗黒メルヘン×本格ミステリ『アリス殺し』の、何と「続編」が登場です。
 その名も『クララ殺し』『アリス殺し』では同期生である主人公・亜理の捜査を手伝い、密かな人気を博していた理系男子・井森建が事件に遭遇します。さて、今度のヒロイン・クララはどんな事件に巻き込まれてしまうのでしょう?

 ここしばらく、不思議な生き物やアリスという少女が暮らす〈不思議の国〉の夢ばかりみる大学院生の井森は、ある晩の夢の中で、泥水で溺れながら緑豊かな山の中に流れ着く。
 そこには“お爺さん”なる男と、クララと名乗る車椅子の美少女がいた。
 夢の中ではビルという間抜けな蜥蜴になってしまう井森に対して、二人は「向こう側でも会おう」と告げる。翌朝目覚めた井森は、夢の内容を訝しみながらも大学に向かうが、校門の前で、夢で見た車椅子の美少女――現実では「露天くらら」と名乗った彼女から、夢の続きのように話しかけられる。くららは何者かから命を脅かされており、井森に助けを求めるが……

 『アリス殺し』ではアリスの冤罪を雪ぐために協力した井森が、今度は夢の中の“クララ”と現実の“くらら”を守るため、脅迫犯捜しに挑みます。現実世界の犯罪に呼応するように、やがて夢の中の世界でも事件が発生し……二つの世界をまたぐ犯罪計画の意外な真相とは?
 本書は六月末刊行予定です。どうぞお楽しみにお待ち下さい。

『クララ殺し』には初回限定でポストカードが付いてきます!

(2016年6月6日)



ミステリ小説の月刊ウェブマガジン|Webミステリーズ! 東京創元社
バックナンバー