今月の本の話題

2016.04.05

謎のバーテンダーと元ボクサーが企てた「計画」 薬物対策課の刑事は阻止できるのか 福田和代 『バー・スクウェアの矜持』[2016年4月]

バー『スクウェア』に通う大阪府警薬物対策課の刑事・三田。彼は今まで追ってきた事件の陰で、謎のバーテンダー「名無しのリュウ」と、その相棒の元ボクサー・宇多島が暗躍していることを知り、葛藤を抱いていた。三田は彼らが目論む計画に、どう向き合うのか。そして武闘派暴力団が絡む大規模な薬物事件の捜査の行方は? 傷と影を抱える男たちの活躍を描く、連作ミステリ第2弾。(単行本版タイトル『スクウェア〈II〉』改題・文庫化)

* * *

3月に刊行された『バー・スクウェアの邂逅』に続く、シリーズ第2弾にして完結編です!

『邂逅』で起きた数々の薬物事件。その裏で不可解な行動を繰り返す、バー『スクウェア』のバーテンダー・リュウと、その相棒・元ボクサーの宇多島の真意が、とうとう明かされます。リュウの秘められた悲しい過去とは。なぜ、彼らは薬物事件に対して激しい執念を燃やすのか。そして、ある計画を目論んでいることも今巻で判明します。

ふたりに対して親愛と不審を抱き、『スクウェア』に居心地の良さを感じている、薬物対策課の刑事・三田は迷います。彼らを阻止すべきか否か。奇妙な友情で結ばれ、駆け引きを繰り返す三人が、それぞれ下した決断とは?

薬物対策課の個性的な刑事たちを始め、三田と微妙な関係にある歌手・アリサや、『スクウェア』と関わりの深いゲイバー『ギャルソン』のお姉様方といった、オールキャストが勢揃いします。己の正義を自分なりの形で貫こうとする、誇り高い男たちの最後の活躍を、どうぞ見届けてください。



ミステリ小説の月刊ウェブマガジン|Webミステリーズ! 東京創元社
バックナンバー