今月の本の話題

2016.04.04

制服コレクション 2016 spring

フライ・バイ・ワイヤ 星を撃ち落す その時の教室 王国は誰のもの 本能寺遊戯 少女の時間 図書館の殺人 放課後スプリングトレイン 卯月の雪のレターレター 理由あって冬に出る


2009年に、急に思い立ってしまった企画・制服コレクション。4月は新年度のスタートということで久しぶりに、この一年の制服カバーを振り返ってみたいと思います。


実は、2月10日に行った、青崎有吾さん、田中寛崇さんのトークショー時に司会に暴露されたのですが、なんと昨年の下半期は一作以外制服本カバーだったのには自分自身驚きが隠せません。そんなこんなで、久しぶりに「東京創元社制服コレクション」いってみましょう。2015年4月~2016年3月まで、どんなカバーがあったのか!


2015年からは、4月~5月はおとなしめでした。最初は6月刊行の石持浅海『フライ・バイ・ワイヤ』。爽やかな夏服での自転車の二人乗り(ほんとはダメですね)、作品を読むとなぜ二人乗りなのかは分りますよ。


続いて9月は二作。友桐夏『星を撃ち落とす』と、谷原秋桜子『その時の教室』。夏から秋にかけての雰囲気がよくでてますよね。


10月には安萬純一『王国は誰のもの』。本文中に制服描写がないのになぜなんでしょう? 担当の好みなんでしょうか。


11月、高井忍『本能寺遊戯』。この期間中最多の三人娘、さすがカズアキさん、すばらしい仕上がりです。


12月をとばして、1月には二点。樋口有介『少女の時間』と青崎有吾『図書館の殺人』。冬景色に冬服もいいですよね。


2月は新鋭、吉野泉『放課後スプリング・トレイン』。うーん新鮮ですね。中央の二人は男子高生ではないのに気付いてましたか? 気付いてない方はぜひお買い求めを。


3月、ようやく暖かくなってきました。制服カバー本命の登場です。相沢沙呼『卯月の雪のレター・レター』。セーラー服の少女と黒猫とのマッチングが素敵です。
そして新刊ではありませんが、似鳥鶏『理由あって冬に出る』にはじまるシリーズ全6作の新カバー版。一挙6点、夏服と冬服、コート着用などバリエーションもあり、けーしんさん大変だったでしょうね。仕上がりは鼻血ものです。


もちろん〈ミステリーズ!〉も忘れていませんよ。田中寛崇さんの本領発揮ですよね。


今後も、4月に似鳥鶏『家庭用事件』と文庫版の山本弘『BISビブリオバトル部〈1〉 翼を持つ少女』、5月に円居挽『日曜は憧れの国』、十市社『ゴースト≠ノイズ(リダクション)』と、期待大の作品も控えています。制服ファン(?)の皆様お楽しみに!

(2016年4月5日)







【2009年3月以前の「本の話題」はこちらからご覧ください】

海外ミステリの専門出版社|東京創元社
バックナンバー