今月の本の話題

2016.04.04

ゲラ版読者モニターの感想を掲載!――英米で150万部突破、ニューヨークタイムズベスト1位に輝く大人気ミステリ『ささやかで大きな嘘』リアーン・モリアーティ[2016年4月]

 子ども同士のトラブルがすべての始まりだった!

 海辺の名門幼稚園、その夜のパーティに子供たちの歌声はなく、聞こえるのは罵り言葉と保護者の乱闘の音。そして保護者の一人が死亡した。事故か殺人か? 

 ……事の起こりは六カ月前、シングルマザーのジェーンの息子ジギーにいじめの嫌疑がかかったのだ。本人はきっぱり否定したが、保護者たちは騒然。ジギーをいじめっ子と決めつける者、ジギーの言葉を信じる者に分かれ、なんとなく険悪な雰囲気に。
 ジェーンは園で知り合った二人の友人、マデリーン、セレストとともに、事態に立ち向かおうとする。
 だが、幼稚園で毎年開かれる、資金集めのためのトリビアクイズ保護者懇談会。園の一大イベントが目前に迫るなか、ジェーンの息子のいじめ疑惑は一向に晴れず、ジェーン本人も次第に心がゆれ始める。別れた夫の面影が息子の背後にちらつく。まさか、まさか……。
 一方、ジェーンの友人マデリーンは、別れた夫とその妻の間の子が、自分の息子と同じ幼稚園に通っていることがストレスになり、爆発寸前。おまけに、自分が引き取って苦労して育てた別れた夫との間の娘が、なんと父親のほうに行くと言い出したのだ。
 そしてもう一人の友人、裕福な銀行家の妻で、一見何不自由ない優雅な生活を送っているセレストは、夫の暴力に悩んでいた。
 それぞれ表には出せない秘密を抱えた保護者たちの感情が懇談会で爆発、そして事件が。死んだのは誰か、そして何故?

 オーストラリアで初、刊行と同時にニューヨークタイムズベストセラー1位に躍り出た、人気のミステリ登場。

読者による刊行直前座談会の模様を近日公開!
(2016年4月5日)



読者モニターの皆様の声

◎女性、40代
「犯人」が最後までわからないのは当然として、事件の概要,犠牲者が誰なのか明かされないストーリーは初めてでした。徐々に予想はついていくものの、随所に挟まれる「関係者の証言」を読んで「私の予想間違ってる???」と時々不安になりつつ、下巻に入ってから、どんどん埋まっていく外堀にわくわくしながら、一気読み。
 息子ジギーに別れた夫の陰をみるジェーンが切ない。悪夢のような思い出があるだけに息子の乱暴な面が出るたびに不安に駆られ、「ジギーじゃない」といいながらも100%自信をもてず、それを誰にもいえない。また、息子をみる度、元夫を思い出すのだろうと思うと重い。
 離婚した夫婦の間を子供が行き来するのは、欧米ではよくあるが、子供が同じ幼稚園なのは、お互い大層気まずかろう。どちらかが引っ越す選択はなかったのだろうか。出会ってすぐにトムの店でジェーンにお礼をするマデリーン、すごくいい人なんだけど、セレストからの誕生日プレゼントに大いに期待するあたり、人間味を感じる。
 DV被害者のセレスト、「逃げる」一歩がなかなか踏み出せないのは、日本も外国も同じ。思わず「逃げろ~」とか「言ってしまえ!」と応援していた。
 ママ友トラブル、シングルマザーの悩み、再婚の葛藤、DVにちょっと恋愛を絡ませて内容てんこ盛り、それらがきれいに展開してうまく治まって、すっきり。この本の前に読んでいたのが「夏の沈黙」その前が「ゴーン・ガール」、どっちもでろでろのどろどろだったので、余計にさわやかに感じたのかもしれないけれど。
 事件が起こるまでがとても長いので、あれこれ想像をかき立てられる、新しい感覚の本だった。

◎女性、40代
『ママ友』『いじめ』『DV』『ステップファミリー』。
 いまある言葉でいえば、そういった内容を題材とした物語なのですが、その言葉からイメージするドロドロとした雰囲気を単純には見せず、まず人物ありきで物語をじっくりと動かしていきます。
 ミステリー部分も、犯人探しというよりはそのとき何が起こったのか?という物語としての興味をじっくりと追わせるかたちで、謎に向けて物語は進みます。
 ミステリーと謎を軸にして、三人の女性が紡いでいく人間模様。全編を通して、そこはかとなくユーモアがちりばめられている為、くちあたりがよく、700ページ超の物語を飽きることなく一気に読ませていただきました。
 登場人物ひとりひとりの個性や言動、行動を、出来事ありきで人物を動かすような無理なかんじは全くなく、それでいて際立たせたい箇所はしっかりと際立たせている、その文章力。『思い込み』『勘違い』などの感情も、メイン三人の女性それぞれの視点からそれぞれ紡がれていくので、読んでいて、ひとりの感情に囚われることがないので、物語全体の軸が俯瞰の視点によりぶれることなく読み進められます。
 だれることなく着々と事件当日までをカウントダウンで進んでいく手法。少女の首に痣をつけたのは誰かが、次第にわかっていく流れもドキドキし、読み終わったときは、偶然の出来事も不穏な出来事も、悪意のあることも悪意のないことさえも、事件が起こった場所・トリビアクイズ保護者懇談会にむけて、こまかくこまかく、全体をみれば大きな一枚のタペストリーのように編まれていたと感じました。
 内容が日本を舞台にしても成り立つのは、先進国に共通の、現在の教育や家庭のなかにある問題であり悩みなのか。映画化やドラマ化が進行中なのも、これだけ登場人物が魅力的に動いていたら実写で撮りたいだろうなと感じました。
 ラストの「これは誰の身に起きてもおかしくないのです」が、物語の中から突然、自分に向けて指をさされたようでどきっとしました。起きてほしくはないが、幼稚園に子供を通わせている方なら誰しもこの小説の世界に共感、そして震撼することでしょう。

◎女性、30代
 今までのミステリーとは、毛色の異なる作品でした。
 そのせいで、いつもに以上に「誰」が気になり、引き込まれて読みました。
 折々に挟まれる証言で、続きが気になるところに更に拍車がかかり、手の平で転がされっぱなしです。
 当日の章以降は、数々の「嘘」にこう決着が着くのかーと、気分スッキリ!そして、一安心でした。
 読みはじめる前には、お約束のように相反するささやかとおおきなが並ぶの?と感じますが、読後にはなるほど!ぴったりの表現だったと思わずにいられません。

◎男性、20代
ありそうでなかった幼稚園ママ友達が繰り広げる物語。出てくる登場人物それぞれに表で見せる顔と裏で抱えている顔があって面白かった。
 四十歳の主人公は離婚していたり、幼稚園で知り合った若いママの夫はちょっとワケありだったり、金持ちで美人で頭も良い親友とその夫は優しく子煩悩でイケメンで絵に描いたような理想の夫婦に見えるけど、実は…。
 最初に死者がでる騒動があって、各章の最初と最後に事情聴取の場面が出てきて、少しずつ死者と犯人の情報が分かってきて面白い。読み終わった後では、ところどころにヒントがあったことが分かるけど読んでる途中ではきづけなくて残念。三人の妻たちをそれぞれ応援したくなってくる。子育て中のお母さんが読めばもっと共感できて楽しめそうです。

◎女性、40代
 子を持つ親として大変興味深く、面白く読み終えました。本全体にささやかな嘘がちりばめられ(マデリーンの勘違いも含め)、それが悪意のあるなしに関わらずストーリーをうまく動かしているのを感じました。そして、これらのささやかな嘘は私たちの実生活においてもあり得るもので、とても身近に感じます。
 犯人も被害者もわからないまま読み進めなければならない構成のうえ、保護者たちの主観だらけの雑談に翻弄されましたが、被害者は早い段階で想像がつきました。これはミステリーを読んでいて犯人を当てたことのないわたしとしては珍しいことです(今回もまた犯人は分からず被害者だけでしたが)。

◎女性、40代
 もし自分の子供がいじめをしていると言われたら……。誰にも起こりうる余りにも身近な小さな出来事が、大事件に発展していくテンポ良さに、いつの間にかどっぷりとハマっていました。友情も上手くいかない家族の問題も、過去のつまんない男で失敗した恋愛も、なんだか妙に身につまされてしまうのです。マデリーン、セレスト、ジェーン、それぞれの悩みは三者三様。でも自分を正当に評価されたいと頑張って真剣に生きているのです。物語の終わりにそれぞれが自分のあるべき姿を見つけていく姿は格好良かったです。最後まで読めない結末にハラハラし通しでしたが、昨日の敵は今日の友。ママ達の潔さと決断力の強さに、ほれぼれしました。文句なしで面白く、すっきり気分爽快にさせてくれる本でした。

◎女性、20代
 おもしろい!
 まるでドラマを見ているようでした。
 翻訳ものは読みにくいという印象があったのですが、これはすごく読みやすかったです。
登場人物もすごく多いのですがみんな個性が強いので、キャラと名前がスッと入ってきます。  何と言ってもマデリーン!
 お茶目で元気な彼女は、行動も言動も楽しくて飽きることがなかったです。
 マデリーンみたいなお母さん羨ましい!
 マデリーンみたいに(内面外見的にも)年をとれたらなぁ…。と思わず思ってしまいました。女性の憧れです。
 内容としてはDVや離婚再婚の複雑な家庭状況、片親など決して軽くはないものなのに、全体を通してそれを感じさせないのが凄いと思いました。

◎女性、40代
 劇薬注意!登場人物毒吐きまくり!
 昨年までの幼稚園ママ現役時代を思い出し、時にや~ね~(あるある)とつぶやきつつも、最後まで個性的な保護者たちの動向から目が離せませんでした(特に女性だったらどの登場人物の側面も持っているのでは?きっと誰かに共感できるはず)。
 お国柄によって幼児教育のスタンダードはかなり違うと思うのですが、まさかオーストラリアの幼稚園の実態がこんなんでは絶対にありますまい(笑)。
 ただ何かが起こったとき(!)私がいつも感じている「違った背景を持つ者の距離が近づきすぎると時として問題は起こる……」はもしかしたら万国共通なのかもしれません。
だけど親として立ち向かわなくてはならない問題はまだまだこれからよ(たぶん)。彼女たちなら何が起こっても嵐を巻き起こしつつも自分の人生をつき進んでいくのでしょうが…(実に羨ましい)  ただ一点、現代の子どもたち自身が抱えている諸問題(高IQ、発達障害等)については少々喰い足りない感じでそこだけがちょっと残念でした。

◎女性、30代
 どこかで目にした『軽妙なタッチのママ友ミステリ』というキャッチ。キャピキャピしたママ友たちが登場するコージーミステリーだったら苦手かも。コージーミステリー自体は嫌いではないけれど、スーパーで井戸端会議のママ友とかってあまり好きじゃない。応募するべきじゃなかったかも。でもNYタイムズでベストセラーになったということだし、なにかあるはず。そう思いながら読み始めた。読んでみると不安は解消。最初に抱いたイメージを、いい意味で大きく覆された。
 軽妙なタッチで訳されているものの、登場人物たちの抱える問題はわりと深刻。そして彼女たちそれぞれの悩みや心の動きが丁寧に描かれていて、惹きつけられた。マデリーン、セレスト、ジェーン。性格も抱える問題もまったく違う三人。自分の経験や現状と重なる、重ならないに関わらず、女性ならどこかしら共感するものがあるのではないだろうか。私の場合はセレスト、そしてマデリーン。頷いてしまう場面がいくつもあった。そして読んでいる最中も、読み終わった今も、けっこう考えさせられている。
 ミステリという点でもうまくできていると感じた。事件のあった日(トリビアクイズ保護者懇親会)の◯ヶ月前、◯週間前と、順に事件当日に近づいて章が作られ、各章の最後に差し挟まれる当事者たちの証言。ヒントを与えているようでありながら、私はこのせいで余計に事件が予測できなかったような気がした。どんな事件が起き、誰が被害者で、誰が加害者だったのか。ぼんやりしていたものが、くっきりと浮き上がってきたか?と思ったら、実は惑わされていた。(私だけだろうか?)
 このように登場人物たちの魅力と、事件への謎にまんまと心をつかまれ、私のページをめくる手は加速していき、下巻は本当にあっと言う間に読み切ってしまった。少しでも続きを読もうとして会社に遅刻しそうになったほどだ。はじめの不安はどこへやら、やはりベストセラーになるだけのことはある。いままで読んだことのない作家さんだったが、ぜひ他の作品も読んでみようと思った。まだ訳書は出ていないようなので、まずは原書から。いい本・作家さんを知る機会をいただき、とても嬉しい。ありがとうございました。

◎男性、40代
 かくも女性とは内に秘めたものが多く、戦わざるをえないものが多いものなのか。
男が女性を完全に理解することは無理だろう、と思わせる。
 マスコミは何か事件があれば大々的に取り上げ騒ぎ立て、動機として「さもありなん」と思わせるとてもわかりやすい事柄をあげつらうが、その背景はそんなに単純なものでは決してない。それまで生きてきた人生そのものに理由はある。
『ささやかで大きな嘘』は「どうやって事件がおこったのか」という謎解きではなく、「どうして事件はおこったのか」という謎を複雑に入り組んだ長い時間の中から解こうとする物語だ。
 語り口の饒舌さの中にひっそりと息づく嘘という真実に触れたときに、きっと自分の姿を見つけるに違いない。

◎女性、50代
 出だしは、ちょっと…と思い、すぐ下巻の終わり頃に走りました。えっ、意外におもしろいじゃんと思い、それからあちこちに飛んでしまったので、一時何が何かわからなくなってしまったりもしました。
 最近のミステリは、長い・重いタイプと、コージー系の軽い・お決まり恋愛タイプが多かったです。そんな中で、軽いミステリでありながら、お決まり恋愛でなかったことに嵌りました。DVの描写も単に重苦しいだけでなく、現実味もあったことがよい流れになっていたと思います。

◎女性、30代
 私自身は、独身だし子供嫌い。
 そもそもママ友という種類の人種に興味もないし、どちらかというと嫌悪感が強かった。ニューヨーク・タイムズで一位になったという点以外心惹かれるものはなかったので、なかなか手をつけることができず。
 読み始めた最初は「ママ友ってこんなに暇なの?!」とかメイン人物の心の声とエゴが延々解説されててうっとおしかった。
 そのわりに文章が軽いのでさくさく読み進むことができて、快適ではあった。
 上下巻を六時間ほどで読破。
 ライトノベルばりに文章が軽くて読み応えがなかったけど。
 海岸の街という鮮やかな風景を思い描けるのが、唯一の救いか?
 ミステリ・サスペンスといってる割に事件はずっと起きず、いじめとDVと更年期のヒステリー(?)が延々続くだけの内容。
 現実にそんなことはなかなか起きないし、全体を通してミステリとするには謎が軽すぎ。
 読者はママ世代に限定されると思われる。
 どちらかと言うと、本より映像で観たほうが楽しめる内容なのかもしれない。

◎男性、50代
 さっき読み終わりました。読みやすかったですね。冒頭の描写が、最後にどう繋がるのかと思っていたのですが、こういう結末になるとは思いませんでした。取り上げた題材がいじめやDVだったけど、そんなに内容は暗くありませんでしたね。久しぶりに一気に読めました。内容は良かったです。

◎女性、40代
“殺人は結果なのだ。物語はそのはるか以前から始まっている。ときには何年も前から。すべてが集約されるある点、クライマックスにいたるその時がゼロ時間なのだ”
 これはアガサ・クリスティが『ゼロ時間へ』の中で登場人物に語らせたセリフ。
 この『ささやかで大きな嘘』を読んで、いや、読み始めてすぐに思い出したセリフでした。作者のリアーン・モリアーティは、ホームズのライバルであるモリアーティ教授を思わせる名前に負けず、緻密で美しい殺人をやってのけたです。それもタイトル通りに!
推理小説としては、誰が、どうして、何とために、そして誰に、という謎に注目したいです。勘の良い人間なら、本書のところどころにあるヒントを頼りに、結末を待たずに、その答を知ることが出来るかもしれません。
 それだけなく、最後に、この「ささやかで大きな嘘」とは何のことなのか、それを知ってしまった「あなたならどうする?」という部分があって、人間ドラマとして優れているというか、読む者を惹きつけずにはおかないところがあります。
 本書は、ネタばれにならずに内容を紹介するのが難しい。
 とにかく「読み始めたら、ゼロ時間に向けて、ひたすら読みつづけてみてください」としか言えません。
 そして嬉しいことに、それはそんなに難しいことではありません。
 おすすめです。

◎男性、30代
 いろんな立場、ステータスの登場人がみんなを巻き込んで行くのが面白い。

◎男性、40代
 オーストラリアの名門幼稚園を巡る一大騒ぎ。園ママたちの友情と反目、飛び交う噂、そして隠されていた秘密……。しかもこれがかなり軽めの筆致で描かれているので、アラフィフ親父はお呼びでない感もあり、実際読み始めた最初はどうしようかと思った。
 だが、読み進めていけば、軽い筆致とは相反し、その内容は意外にヘヴィ。離婚後を経て年頃の娘との関係に悩む母、表面には見えない夫との関係に苦しむ妻、幼い息子との転居を機に一夜の出来事を克服しようとするシングルマザー。主要な三人のキャラクターに共感しない訳にはいかないし、女性読者なら、なおのことだろう。北欧ミステリと違って、内容に反したカジュアルな書きっぷりは逆に新鮮だし、深刻過ぎない描写が読んでいる間に救いを与えてもいる。エンディングの後味が良いのも、エンターテインメント作品として盤石。
 ミステリ的には、園内恒例行事の“トリビアクイズ保護者懇親会”で殺人があったらしいことが冒頭で示唆され、そこから半年前に遡って物語がスタートし、クリスティでいうところの『ゼロ時間へ』向かって進行するというスタイルが面白い。いったい何が起きたのか?誰が被害者で、誰が加害者なのか? 現代版パット・マガーと言うべき、巧みなホワットダニット構成である。ややアンフェアな点がある気もするが、女同士の共感やらドタバタ騒ぎやらで読者の気を逸らしつつ、終盤に意外な事実を明らかにする手際はなかなか巧い。
 ひとつ残念だと思ったのは、各章の終わりに挟まれる関係者へのインタビュー。主要キャラ以外の様々な人物が、目撃談と称して自分勝手な意見、憶測、噂、当てこすりを述べる様がユーモラスで箸休めな部分もあるのだが、これを聞き取るインタビュアーが主要人物の一人であるとか、意外な人物だったみたいな設定を盛っておかなかったのは実にもったいない。疑惑と中傷にまみれた地方都市を描き、語り手の意外性でなお驚かすという意味で、それこそヒラリー・ウォーの『この町の誰かが』のオーストラリア/園ママ版という位置付けにも出来たのに。
 ともあれ、これだけの分量を読ませるページターナーぶりはなるほどニューヨークタイムズベストセラー一位作品である。同じオーストラリア出身のニコール・キッドマンが映像化権を獲得したというのも納得。

◎男性、40代
 シャーロッキアンなので、「モリアーティ」という著者名に惹かれて読者モニターに応募した。当たるとは思わなかったので吃驚した。大変感謝している。
 読者モニター募集HPにあった粗筋で、勝手に心理サスペンスだと思いこみ読み始めたが、あにはからんやコージーテイストのミステリだった。コージーはあまり得意ではなく、序盤に出てくる三人の園ママ(最後までこの表現には慣れなかった)もあまり魅力的ではない。特にお喋りなマデリーンは実生活で最も苦手なタイプ。思わせぶりな父兄たちや警察の独白も今一つピンと来ない。モニター応募は失敗したかと少々失望した。
 だが、三人の隠されていた事情が徐々に分かってくるに連れ、物語は面白さを増してきた。特に上巻の真ん中あたり、セレストの抱える問題が明らかになってから勢いがつき始めた感じがする。下巻はほとんど一気読みだった。DVを受ける側の心境(自己欺瞞と正当化)が丁寧に描かれていて、いわゆる「ダメンズ」好きな女性の心理とはこういうものなのか、と実感した。当初は空気の読めないお喋りオバサンとしか思えなかったマデリーンも、意外にも人情味のある姉御肌ということが分かってからは、何だか可愛らしく思えてきたから不思議。
 父兄や警察の思わせぶりな独白が、結局思わせぶりなままで終わってしまったのは残念だったが、ラストは爽やかで、読後感は悪くなかった。
 それにしても、表向きは綺麗に飾り立てながら、一皮むけば中は妬み嫉みという女性コミュニティの特性は、洋の東西を問わず一緒なんだなあと実感した。

◎男性、60代
上巻はゆっくりめに下巻はスピードをあげて読みました。前半のママ友たちのやりとりを読みながら、「これはクリスティーのタッチだな」と思いました。ただ「クリスティーだったら百ページくらいで事件発生となるだろうな」とも思いました。
「アマベラがジギーに向いた。「お名前なんて……」そこで凍りつき、ひたすらとまどい顔になった」上巻
 ここが本書のキーになる場面であるかどうかはともかく、クリスティーの『葬儀を終えて』(1953年)にでも出てきそうなシーンです。
 最近の海外ミステリは長大な作品が多くて、省略というものがなくとにかくなんでも書いてしまう。本作にも途中まではそんな思いを抱いていましたが、下巻それも最後の百ページぐらいは息詰まる展開で、一気に読んでしまいました。終盤で明らかになるある人物の正体を考えると、私が感じたような「クリスティーのタッチ」も案外的外れとはいえないのではないかと思います。また、人間の「善悪」が見る人によって「反転」するというのも、クリスティーの『終わりなき夜に生れつく』(1967年)を想起させる、とは少し考え過ぎでしょうか?

◎女性、50代
 どこでもママ友つきあいは大変、五歳児のママ、二十代から四十歳、年齢層も幅広く、各家庭の財政状況も様々だし。
 上下巻と長編でしたが、マデリーン、セレスト、ジェーンらママたちとその夫たち、登場人物像がよく練られてて、魅力にあふれていました。
 冒頭の、事件が起きたらしい、でも詳細がわからない、事の発端は、とさかのぼって物語が始まり、テンポよくママ友の園つきあいの話と快調に読んでいたら、家庭内DVが明るみに。少々重くなってきました。
 こどもたちの間のちいさないやがらせ・いじめの影に親のおこないが透けてみえるとは。
 ジギーのパパのこと、マデリーンの長女のこと、マデリーンの捻挫で始まり締めが骨折、ジェーンとトムのこと、物語の子葉が効いていました。
 ヘプバーンとエルビスなんて、仮装も粋です。
 DVの悲壮感より、会話や行動の数々にカラッとした嫌味やユーモアがありました。
 四十歳のマデリーンの、現夫と元夫との間に立ち、思春期の娘に悩む姿に共感しました。
 読ませていただきありがとうございました。

◎女性、50代
 最初は、ママ友やいじめなど、あまり自分には関係ない話しだと思っていたのですが、それぞれのキャラクタがとても魅力的でTVドラマ化が進行中ということも納得の飽きさせないテンポの良さがいいと思いました。TVドラマの配役がどのようになるのかとても興味がわきました。高IQ児の話しがちょっと関係なかったかな?とは思いましたが、殺人も最後の最後まで出てこず、倒叙物とは違う、まるでクリスティの『ゼロ時間へ』を彷彿させるように、事件にむかって徐々に進んでいく構成や、パット・マガーの『被害者を探せ』のような被害者や加害者が最後までわからない構成がとても魅力的で素晴らしかったです。

◎女性、40代
 主要グループの三人の女性の誰が主で誰が副と言うか従なのかその辺が、すっきりしない状態で語られているため、読み手は情報がごちゃ混ぜな感じで翻弄されますね。しかし、それが肝なので仕方がないのか?
 上巻を読んでいる間は、結局のところ誰が被害者で、誰が犯人なの?と言う興味で読み切り下巻に突入。これだけ、訳ありなメンバーが同一空間に集まって、何も起こらないはずが無いんじゃない?って思うけれど、結局のところ、幼稚園の保護者がメインではあるけれど、園児起因じゃない事件ではあるし関わった女性達が、自分の判断で、行動を起こし、これからの人生について選択して歩み始めるというというところまで語られているため、その点がとても好感が持て、読後の印象がいいのも良い点だと思います。
 そして、背負っている背景や趣味や嗜好が全く共感出来ない女性達の話にも関わらず、女性達の発言や気持ちや意見の随所で「ウンウン!そうだよねー」と共感して頷く内容であるのも不思議な気がします。国が違っても、置かれた状況や趣味や嗜好が違っていても、共通する部分ってあるんだなと言うのが実感かもしれません。

◎女性、40代
 軽いミステリかと思っていましたが、外国のママ友達の人間関係とはこういうものか、日本と同じようなところもあるのだなあと感じました。若干格差が大きいのかなあ、そうだ! きっといるんですよね、外国には、寄付をたくさんするセレブママ達が。そういう人達がやれイジメだの環境だの言い出すのです。ミステリというよりはママ友群像劇。結婚とは、家族とは、そんなに簡単なものではないのかもしれない。


ミステリ小説の月刊ウェブマガジン|Webミステリーズ! 東京創元社
バックナンバー