今月の本の話題

2016.01.06

名探偵は、銀座の文壇バーにいる! 軽やかな安楽椅子探偵ミステリー第2弾 竹内真 『ディスリスペクトの迎撃』[2016年1月]

 銀座にある文壇バー『ミューズ』の常連客、大御所ミステリー作家のサンゴ先生こと辻堂珊瑚朗。葉巻と酒をこよなく愛し、お店のお姉さんにちょっかいを出す先生は、実は不思議な事件について鮮やかに推理する、名探偵でもあったのです!

 『シチュエーションパズルの攻防』に続く、サンゴ先生シリーズの第2弾をお届けいたします。ライバル作家・藤沢先生が持ち込んだ、チェスセットに仕掛けられた謎を解く「チェスセットの暗号」、サンゴ先生原作のドラマをめぐって起きた、奇想天外な“誘拐”の解決に乗り出す「ポー・トースターの誘拐」など、五つの事件を収録しています。
 サンゴ先生の名推理も相変わらず発揮されていますが、今回は本シリーズの語り手であり、『ミューズ』のボーイ・了も、事件解決に奔走しています。もちろん、藤沢先生や『ミューズ』の経営者であるしたたかなミーコママといった、おなじみのメンバーとの掛け合いも絶好調です。

 また、加藤木麻莉さんによる『ミューズ』での華やかな光景を描いた美麗なカバーイラストも、あわせてご堪能いただければ幸いです。サンゴ先生の活躍をどうぞお楽しみください。

(2016年1月7日)



ミステリ小説の月刊ウェブマガジン|Webミステリーズ! 東京創元社
バックナンバー