今月の本の話題

2015.05.08

あの『ぼくの名はチェット』がついに文庫になります! 最強の犬ミステリ、スペンサー・クイン『助手席のチェット』――動物好きの皆様、心してお読みくださいね。[2015年5月]


 今月末発売の創元推理文庫『助手席のチェット』は2010年に『ぼくの名はチェット』のタイトルで出た単行本の文庫化です。

 私立探偵のバーニー・リトル(元刑事でバツイチ、別れた妻と暮らす息子のチャーリーを盲愛しています)の相棒犬チェット。ミックスの大型犬。左右の耳の色がちがうのが特徴のこのチェット、警察犬訓練所を優秀な成績で卒業……するはずでしたが、猫がらみの何かがあって、卒業できなかったという経歴の持ち主。
 とにかく、嗅覚は抜群、ジャンプ力も大変なもの、そしてバーニーを思う気持ちたるや、犬を飼ったことのある方なら感動しますよ! 
 確かに優秀なこのチェット、ただの優等生ではなく、犬らしさ炸裂なのです。
 重要な話の途中でも、床のハンバーガーのかけらに目がいったら、どうしても食べずにはいられません。パクリッ、「おい、チェット、そうだろう?」えっ? そうだろうって何が? え? 今ちょっと食べていて聞いてなかったよ、という具合。犬っぷりが実に見事。
 動物を擬人化した作品は数あれど、こんなふうに犬が犬のままで、しかも語り手だという作品は、まずほかにはありません。
 犬たちがもし本を読めたら、「わお~ん、どうしてぼくたちのことがこんなにわかるんだ!」と大感動するはず。
 そして犬好きの皆様、自分が犬ではないかと思うほど犬が好きな皆様、「大」という字を見ると「犬」と読んでしまう皆様、これを読まずして犬好きと言うなかれ。
 そうです、そこの犬林さん、犬塚さん、犬泉さん……! じゃなかった、犬好きの大林さんも、大塚さんも、大泉さんも迷わず読むべし。
 犬好きの私は何度読んでも、嬉しくて涙が出ます。実は私「大」の字が「犬」に見えるだけでなく、「白描」は「白猫」に見え、「素描」は「素猫」(素猫ってなんだ? スッピンの猫?)に見えてしまうほど猫も好き。要するに動物全般が好きなんですね。犬も猫も、フクロウも、キューピーも、ペンギンも、ウサギもみんな大好きなのです(あ、固いことは言わないでください)。
 そんな私が保証します。
 動物好きなら、絶対満足されること間違いなしの犬傑作、いえ大傑作ミステリなのです。
 ロバート・クレイスの『容疑者』に胸を震わせたあなたも是非!

(2015年5月8日)




【2009年3月以前の「本の話題」はこちらからご覧ください】

海外ミステリの専門出版社|東京創元社
バックナンバー