今月の本の話題

2015.02.05

躊躇わない女探偵、笹野里子の事件簿。待望の第二弾登場! 芦原すなお『猫とアリス』[2015年2月]

 あっさりと敵の額にリボルバーを押しつけ、何のためらいをみせずに引き金をひく。『雪のマズルカ』で、衝撃的な登場をした女探偵・笹野里子。

 強い女性私立探偵の活躍を楽しみにしている皆さん、お待たせいたしました。シリーズ第二弾『猫とアリス』の登場です。

 笹野里子強さ維持の秘訣、総合格闘技のジム(だからあんなに強いのか)から事務所に帰ると、さえない教師からの依頼が待っていた。教え子の死の原因となった事件を調査してほしい――。調査を進めるとその事件の裏には、里子が「青蛇」と呼ぶ、危険ながらもどこか惹かれる男の存在があった。「青蛇」を巡る五つの事件を中心に、最強の女探偵・笹野里子の姿を活き活きと描いています。

 また、「青蛇」との因縁話だけではなく、いつも里子に適切(?)なアドバイスを与える『月夜の晩に火事がいて』の探偵役・山浦歩(通称:ふーちゃん)も、『雪のマズルカ』に引続き登場します。ふーちゃんとの初めて出会いを描いたエピソード「猫とアリス」は双方の探偵役のファン必読でしょう。

『雪のマズルカ』の新装カバー版にあわせて、今回も旭ハジメさんに、魅惑的な里子の姿を描いていただいています。どうぞお楽しみ下さい。

(2015年2月5日)




【2009年3月以前の「本の話題」はこちらからご覧ください】

海外ミステリの専門出版社|東京創元社
バックナンバー