今月の本の話題

2014.03.05

ロビン・スローン『ペナンブラ氏の24時間書店』24のひみつ【随時更新!(予定)】



きたる4月に刊行されるロビン・スローン『ペナンブラ氏の24時間書店』(東京創元社/単行本)。
サンフランシスコにある一軒の小さな書店を入り口にした、500年越しの謎をめぐるこの物語は、幅広い世代・嗜好の読者におすすめできる一冊です。
この記事では、本書にまつわる情報やトリビアなど「24のひみつ」を、刊行までのあいだ随時更新していこうと思います。お楽しみください(……はて、そんなにたくさんの秘密があったっけかな?)。

ひみつその1:日本版の装画はスカイエマさんが担当!
東京創元社では市井豊『聴き屋の芸術学部祭』や田中啓文『真鍮のむし』などでおなじみの人気イラストレーター・スカイエマさんの手による個性豊かな登場人物たちをお楽しみに。表紙は近日公開予定です。

ひみつその2:原書は夜、光る!
2012年にアメリカで刊行された本書の原書(単行本)は、カバーに蛍光インクが使われており、暗闇で光るようになっています(写真参照)。
残念ながら、日本語版ではこの趣向は踏襲していません。しかし……

ひみつその3:日本語版の装画にも秘密が!
かわりといってはなんですが、スカイエマさんのイラストに、ちょっとした隠し要素が仕込まれています。本書を手に取って「それ」に気づいたかたは、自慢するもよし、ひそかに得意がるもよしです。

以下、ひみつその4~その25は随時更新! 一例を紹介すると……

ひみつその6:著者スローンは○○の作者!
ひみつその9:あの超巨大IT企業が大活躍!
ひみつその17:秘密結社の活動資金源が前代未聞!
ひみつその21:作中で言及される実在の日本人がふたり。村上春樹と、あともうひとり意外な有名人とは……?
どうぞお楽しみに。

※  ※  ※  ※

ロビン・スローン『ペナンブラ氏の24時間書店』
どう見ても閑古鳥が鳴いているのになぜか24時間営業している、奇妙な書店に再就職した青年クレイは、店内いたるところにある謎めいた本の解読に挑んだことがきっかけで、友人たちとともに、500年にも及ぶ謎を解明する旅に出ることになる……すべての読書好きに贈る冒険と友情の物語。

(2014年3月5日)

 

【2009年3月以前の「本の話題」はこちらからご覧ください】

本格ミステリの専門出版社|東京創元社
バックナンバー