今月の本の話題

2013.01.08

堂場瞬一登場 『穢れた手』[2013年1月]


穢れた手
書籍の詳細を見る
 刑事・鳴沢了シリーズ、警視庁失踪課高城賢吾シリーズ、警視庁追跡調査課シリーズ等々を勢力的に発表しつづけ、多くの読者の心を掴んでいる堂場瞬一さんの書きおろし長編が登場します。

 幼なじみで共に警察官になった同期の刑事、高坂と桐谷。
 その高坂が捜査情報漏洩、収賄容疑で逮捕されるという事態に。しかし、高坂は完全黙秘の末、処分保留のまま釈放されることになった。
 彼とは長い時間を共に過ごし、きつい経験も共有してきた。彼への信頼は揺るぐことがない。桐谷は友人の名誉を回復すべく、ひとり捜査を開始する。
 ところが事件関係者が殺され、事態は思いも寄らぬ展開を見せる。

 刑事たちの自負、組織のエゴ、組織と個人の軋轢に常に鋭い視線を向ける著者が描き上げる、警察深部の闇と刑事の友情の物語をご堪能ください!

 また、〈Webミステリーズ!〉では著者による「ここだけのあとがき」も公開しました。こちらもぜひどうぞ。

(2013年1月8日)




【2009年3月以前の「本の話題」はこちらからご覧ください】

ミステリ・SF・ホラー・ファンタジーの専門出版社|東京創元社
バックナンバー