今月の本の話題

2013.06.05

万華鏡のなかの世界。摩訶不思議な謎の宴。ミソピーイク賞受賞。『孤児の物語Ⅱ 硬貨と香料の都にて』キャサリン・M・ヴァレンテ[2013年6月]

 スルタンの皇女は婚礼の日を迎えようとしていた。
 皇女は、魔物と呼ばれる女童が弟に物語を語って聞かせた〈庭園〉で、結婚式をあげたいと望んだ。その日〈庭園〉は婚礼のごちそうと人々であふれ返った。宴のために着飾らされた童子は、女童のもとに逃げこみ、そして再び瞼に書かれた物語は始まる……。万華鏡のなかの世界。摩訶不思議な謎の宴。

「十二枚の硬貨の物語」「飢えた王の物語」「毒師の物語」「宦官とオダリスクの物語」「茶作りと靴作りの物語」「蜥蜴の教訓の物語」「硝子の王女の物語」「踊る娘たちが下りていった物語」……

 飽くことなく語られた魔物の物語のすべてが最後に収束し、ここに大団円を迎える。
 万華鏡のなかの世界。摩訶不思議な謎の宴。ミソピーイク賞受賞の超大作。
 人気イラストレーターMichael Wm. Kalutaの挿絵多数収録。



「わたしが読むことができた最初の話をしよう。左の瞼のしわに刻まれていたものを」

 スルタンの庭園にひとりの女童がいた。瞼と目のまわりが深い藍色、陶器の壺に入れたインクのような群青色をしていた。魔物の眷属なのか? スルタンも、その女童が魔物であるかどうか決めかね、庭園にひとり棲まわせておいた。

 そんな孤独な女童のもとに、スルタンの息子が近づいた。童子は女童に物語をねだり、女童は、瞼に書かれた物語を夜々語って聞かせるのだった……。


●特製PDF(クリックするとPDFをダウンロードできます)
1301-01_01.png
1301-01_02.png


(2013年1月8日/2013年6月5日)




【2009年3月以前の「本の話題」はこちらからご覧ください】

ミステリ・SF・ホラー・ファンタジーの専門出版社|東京創元社
バックナンバー