今月の本の話題

2012.03.05

樋口有介の真骨頂、柚木草平シリーズ 『捨て猫という名前の猫』いよいよ文庫版で登場[2012年3月]

『ピース』で大ブレイク
樋口有介の真骨頂、柚木草平シリーズ
『捨て猫という名前の猫』いよいよ文庫版で登場

 昨年から続く『ピース』(中公文庫)の大ブレイクによって大注目の、樋口有介の最新文庫『捨て猫という名前の猫』が新登場。
 シリーズ第9作ですが、時系列的には『誰もわたしを愛さない』に続く作品にあたります。担当になったばかりの小高直海のもとに、「秋川瑠璃は自殺じゃない。そのことを柚木草平に調べさせろ」と若い女性の声でかかってきた電話が今回の事件の発端。街を歩けば、芸能スカウトが群がるような美少女の死を巡る謎に、柚木草平は巻き込まれていきます。事件調査のために関係者を訪ねると、関係者は美女ばかりで、相変わらず柚木を深く苦悩させます。
 また、小高直海以外にも、吉島冴子、山川六助、「ナンバー10」の葉子、「クロコダイル」の武藤、さらに番外編『片思いレシピ』では主役をはった娘の加奈子ちゃんと、シリーズキャラクター総出演。著者の真骨頂、ライフワークミステリともいえる〈柚木草平シリーズ〉最新作にして最高傑作をお楽しみください。
(2012年3月5日)




【2009年3月以前の「本の話題」はこちらからご覧ください】

本格ミステリの専門出版社|東京創元社
バックナンバー