今月の本の話題

2012.01.06

名探偵はヨガ修行中!? 乱歩賞作家が描く連作ミステリ 新野剛志 『素人がいっぱい ラブホリックの事件簿』[2012年1月刊]

渋谷の片隅で、デリヘル「ラブホリック」で店長をしている僕・石川勇吾は、ヨガの修行をしている大伴宗介との奇妙な共同生活をしている。ヨガ修行の間に、渋谷のいろいろな店でアルバイトをする毎日の宗介。とはいっても、勇吾の部屋に宗介が転がり込んできた居候なんだけど……。

そんなある日、店に面接にやってきた女の子を巡って不思議な事件に巻き込まれる。何と彼女は、殺人事件の被害者の名を騙っているらしい。そこにどんな意味が? 右往左往する僕を尻目に「ラブホリック」にもたらされる不可思議な事件を、宗介が鮮やかにひも解く!

本作は宗介の名探偵ぶりに加えて、渋谷の風俗店という “ちょっと大人の世界”を舞台に、様々な人間模様を描いた傑作ミステリに仕上がっています。ミステリの王道でもある、安楽椅子探偵もの。そこに現代的なエッセンスを加えた新たな連作ミステリのスタイルをご堪能くださいませ。

(2012年1月6日)

 

【2009年3月以前の「本の話題」はこちらからご覧ください】

本格ミステリの専門出版|東京創元社
バックナンバー