今月の本の話題

2011.03.07

主婦探偵ジェーン、結婚式を演出する!? ジル・チャーチル『眺めのいいヘマ』[2011年3月刊]

主婦探偵ジェーン、結婚式を演出する!?
大人気コージー・ミステリ、快調シリーズ第11弾


 主婦探偵ジェーン・シリーズ、最新刊の登場です。

 本書の原題は"A Groom with a View"。お察しのとおり、E・M・フォースターの小説"A Room with a View"『眺めのいい部屋』)が元ネタです。
 前作『カオスの商人』で語られた、クリスマスのクッキー交換パーティに感激したという女性リヴィ・サッチャーから、ジェーンはあるお願いをされます。それは、4月におこなわれる自分の結婚式を演出してほしいという、なんとも大胆な申し出でした。依頼を引き受けたジェーンは、親友のシェリイやその他の関係者と協力して、すてきな式にしようと準備に奔走します。

 そしていよいよ、式まであと数日を切るに至って、準備は万端ととのって――はいませんでした。ブライズメイド(花嫁の付き添い)用のドレスが仕上がっていないのをはじめ、あれこれ残った課題を、ジェーンたちは会場となるリヴィ一族所有の狩猟小屋に持ちこんで、なんとか間に合わせようとします。しかし、その最中にもクセのある関係者たちのあいだで新たなトラブルが発生し、ついにはめでたい式の直前だというのに、死者まで出てしまうのでした。
 はたしてジェーンは、降ってわいた事件に決着をつけ、無事に結婚式を最後まで演出することができるのか? その顛末は、ぜひご自身でお確かめください。

 主婦探偵ジェーン・シリーズ第11弾『眺めのいいヘマ』は、3月11日刊行予定です。
 なお、現在発売中の雑誌〈ミステリーズ!〉vol.45には、ジェーン・シリーズ唯一の短編である「秘(ひ)はまだ遺(のこ)る」が掲載されています。ファンのかたは、こちらも忘れずチェックしてください。
 
※  ※  ※  ※

 クリスマスに催したクッキー交換パーティに感心したという新婦リヴィの願いで、彼女の結婚式をプランニングすることになったジェーン。親友のシェリイも引きずり込んで、会場の狩猟小屋に向かうと、そこには物的・人的トラブルが山盛りで待ち構えていた。そしてついには、準備に集まった関係者から死人が出てしまう!
 主婦探偵が結婚式の裏方と同時進行で、降って湧いた事件を調査する人気シリーズ第11弾。
(2011年3月7日)

 

【2009年3月以前の「本の話題」はこちらからご覧ください】
推理小説の専門出版社|東京創元社
バックナンバー