今月の本の話題

2010.04.05

ホスト探偵団シリーズ最新刊、『Dカラーバケーション』いよいよ刊行&ワカマツカオリ・ポストカード発売 加藤実秋『Dカラーバケーション』[2010年4月]

1月から放送されてきました、ドラマ版「インディゴの夜」も無事に大団円を迎え、あとは4月末から全国22か所で開催される舞台版を待つばかり。

ちょうど桜の季節、人気イラストレーターのワカマツカオリさんが手がけた美しい桜が舞い散るカバーで〈インディゴの夜〉シリーズ最新作『インディゴの夜 Dカラーバケーション』が登場します。

前刊『ホワイトクロウ』で改装をはかったclub indigoに、また新しい動きが。なんと風営法の改正により、営業形態を二部制にして、ますます人気を集めている状況。若手ホストが接客する「二部」と、ジョン太たち既存のホストが接客する「一部」という営業だが、それぞれのホスト同士は世代間のギャップなのか、いまいちしっくり来ていない。

そんな中、若手ホストと常連客にまつわる事件が発生し、しぶしぶジョン太やアレックスたちが、その謎に挑んでいく「7days活劇」。

さらに、ファン必読なのが、indigoを束ねるマネージャー・憂夜の過去に関する事件を描いた表題作「Dカラーバケーション」など、読みどころ満載の作品集になっています。

今回からミステリ・フロンティアからは卒業となりますが、ワカマツカオリさん渾身のカバーを全面に使用しています。どうぞ、お楽しみに。

また、3月末より、文庫版『インディゴの夜』『チョコレートビースト』で使用した、カバーと扉絵を使った「ワカマツカオリ・ポストカード」が発売になっています。10枚セットで1200円です。特にモノクロだった扉絵は、ワカマツさんが新たに彩色したニューバージョンですので、すでに文庫をお持ちの方もぜひ!

小社ホームページより直接もご購入できますので、原作と併せて、お楽しみいただければと思います。

■「ワカマツカオリ・ポストカード」
http://www.tsogen.co.jp/goods/indigo_postcard.html

(2010年4月5日)

 


本格ミステリの専門出版社|東京創元社
バックナンバー