今月の本の話題

2010.03.05

ロマンティックでキュートなミステリめでたく完結! ローズマリー・マーティン『ベベ・ベネット、秘密諜報員になりきる』[2010年3月]

職場の嫌われ者のセクハラピエロが殺された!
こんどはベベが容疑者に


●最新刊『ベベ・ベネット、秘密諜報員になりきる』

 大好きなブラッドリーがこんどは老舗のトイショップの経営者になった。当然秘書室長ベベも一緒だ。
 ところがおもちゃ店という夢いっぱいの職場だというのに、ベベの気分は下降気味。この前の職場でぐっと近づいたかに思えたブラッドリーとの関係は、元のビジネスライクなものに戻ってしまうし、店の人気キャラクターだというピエロのミスター・スキドゥーにはセクハラされる。
 ところが、店じゅうの嫌われものだったそのピエロが殺され、今度はなんとベベ自身が第一発見者兼容疑者に。
 自分が殺したんじゃないからには、犯人はトイショップにいるはずとばかり、やたらと過保護気味なブラッドリーの心配をよそに、変人揃いのトイショップでのベベの捜査が始まる。
 容疑者は、オウムべったりの海賊? 男性恐怖症の氷のプリンセス? 偏執狂の車掌でなければ男に裏切られたラガディ・アン? それともマッチョなカウボーイ? はたまた口をきかないテディベア? 
 なぜかベベを目の敵にしている、いやーな刑事(馴染みのフィネリ刑事じゃない)を相手に大奮闘。
 スイートなミステリ三部作めでたく完結!


『ベベ・ベネット、モデルと張り合う』

 憧れの上司ブラッドリーがモデルエージェンシーの社長に抜擢され、ベベも秘書室長に昇進した。給料もアップしていいことずくめのようだが、世の中そう甘くない。
 プレーボーイのブラッドリーは赴任早々自社のトップモデル、金髪美人のスージーといい仲になり、今日もオフィスであまーい雰囲気。横目でながめるベベのフラストレーションはたまるばかりだ。
 ところがそのにっくきスージーが殺害され、ブラッドリーが殺人容疑で拘束されてしまった。彼の容疑を晴らせるのは自分しかいないと意気込むベベだったが、なにせ相手は百戦錬磨の業界人。親友ダーリーンの助けも得て(当のブラッドリーをはらはらさせつつも)果敢に挑むのだが……

 嘘と欲が渦巻くモデル業界で、純情でお人好しのベベは犯人を見つけることができるのか?  ロマンティックでキュートなミステリ第2弾。


『ベベ・ベネット、死体を発見』

 ベベ・ベネット、バージニア州リッチモンドから憧れのニューヨークに出てきて、現在レコード会社で秘書としてお仕事中。
 仕事は面白いし、上司はとっても素敵だし、まさにいうことなしの毎日だ。
 ある日、ルームメートのダーリーンにダブルデートに誘われたのがトラブルの始まりだった。
 デートの相手はイギリスで人気のロックバンドのメンバー。ところが、ダーリーンの相手がホテルの部屋のバスタブで死んでいたのだ。しかも警察はダーリーンを容疑者としてマークしているらしい。
 冗談じゃない!
 誰とでも仲良くなってしまう特技をいかし、ベベは友人の容疑を晴らすべく奔走する。
 だが、調べ進むうちにわかってきたのは、殺されたフィリップはあちこちでもめごとを抱えていたという事実。バンドのメンバーにマネージャー、それに元恋人と、怪しい人物がてんこもりなのだ。  おまけに、人気のリードボーカルが殺されて、バンドのアメリカデビューの準備を進めていた、ベベの憧れの上司の立場までが危うくなってきた……
 お人よしでちょっと危なっかしいベベが、周囲を巻き込んでの大騒動。キュートなミステリ3部作第1弾。

(2010年3月5日)

 


推理小説の専門出版社|東京創元社
バックナンバー