今月の本の話題

2015.10.05

圧倒的なスケールの異世界ファンタジー ロビン・ホブ〈道化の使命〉堂々完結『白の予言者』3、4巻[2015年10月]

●最新刊『白の予言者』〈3〉〈4〉(2015年10月刊)

 予言を成就させるために、氷に閉じ込められたドラゴンを解放しようとする道化、婚約者との約束どおりドラゴンの首を取ろうとする王子。だが、予言が成就されれば、道化は死んでしまうのだ……。古くからの友情と、主への忠誠の間で揺れるフィッツ。
 そんなフィッツの悩みをよそに、道化を含めた一行は氷上の旅を続けた。フィッツと道化は、物資をとりに浜へもどる。途中氷の穴に落ちたフィッツと道化が見たのは、かつて六公国を覆った悪夢そのままに、生ける死者と化した囚人たちの姿だった。彼らを熔化したのは、道化を偽者と呼び自分こそが真の予言者であるという蒼白の女。女はフィッツに自分の側につくように迫る。

 道化と蒼白の女、真の予言者はどちらか。デューティフル王子はエリアニアと結婚できるのか。六公国と外諸島の和平の行方は。
 大河異世界ファンタジー堂々完結!



『白の予言者』〈1〉〈2〉(2015年9月刊)

 六公国の若き王子デューディフルと、かつての宿敵である外島人の族姫エリアニアとの婚約。外島人の“赤い船団”の襲来と六公国による撃退以来、互いに根強い恨みと反感を抱いてきた二つの国に平和を打ち立てこの縁組みを成立させるためには、デューティフルが黒いドラゴン、アイスファイアの首を切り取りエリアニアに差し出さねばならない。約束を守らんと、王子は神呪字諸島に向け出航する。お供は王妃の顧問官シェイド、王子の従者シック、そして身分を隠したままのフィッツから成るデューティフルの〈技〉の連。さらに古き血族のウェブや、貴族のシヴィル、吟遊詩人コックル、ブリッチとモリーの息子スウィフトから成る王子の〈気〉の連の員も乗り込んでいる。

 苦しい航海の末ようやくたどりついた神呪字諸島。そこでデューティフル王子一行を待ち受けていたのは、どうやら一枚岩ではないらしい、外諸島の氏族間の微妙な緊張と駆け引きだった。一角氏族の族姫である、婚約者エリアニアとの約束どおりドラゴンを討ち取ることが、外諸島の人々に何をもたらすというのか?
 そしてフィッツを驚愕させたのは、六公国に残してきたはずのゴールデン卿こと道化が、自力でアスレヴャルにたどりついていたことだった。このままでは予言どおり道化は死んでしまう。苦悩するフィッツをよそに、道化を加えた王子一行は黒のドラゴン、アイスファイアを求めて氷上の旅に出発する。

 一行の行く手に待つものは? 壮大な異世界ファンタジー〈道化の使命〉三部作最後の幕があがる。



『仮面の貴族』〈1〉〈2〉〈3〉

 フィッツはファーシーア一族を恨むパイボルト一派の罠から、かろうじてデューティフル王子を取り戻すことができた。
 そのおかげで赤船の乱で六公国に大惨事をもたらした外島人との間に平和を築くべく、王妃ケトリッケンがとりまとめた、神呪字諸島の族姫との婚約の儀は、恙なく執り行われることになった。
 バックーキープにやってきた族姫エリアニアはまだ11歳。だが並々ならぬものを内に秘めた少女だった。
 華やかな婚約の宴の影に潜む外島人の思惑は? かつての暗殺者で密偵のフィッツはなんとか探り出そうとする。

 獣と絆を結ぶ〈気〉の力。遠見をし、遠くの仲間と意志を伝えあう〈技〉の力。デューティフル王子はそのどちらもを併せもっていた。だが〈技〉の師となるべき父ヴェリティはすでに亡く、六公国では忌まれるがゆえに〈気〉をもつことは公にはできない。そんな王子を導くことができるのは、同じくふたつの力を持ち、ヴェリティから〈技〉の教えを受けたフィッツだけ。王妃やシェイドに乞われ、王子の教育を引き受けたフィッツ。だが意外なところに〈技〉をもつ人間がもうひとりいたのだ。シェイドの下男であるシック。頭は鈍いが、間違いなく技をもっている。フィッツは彼を王子の仲間として一緒に訓練しようと試みる。

 職人になるべく親方のもとで修行に励んでいるはずの養い子ハップは、ろくに仕事もせず女の子にうつつをぬかし、フィッツの忠告も耳にはいらぬ様子。
 一方、技の訓練を始めた王子との信頼関係は綱渡り状態。〈技〉をつもうひとりの生徒シックもなかなか心をひらかない。思うにまかせぬ若者たちに己のふがいなさを噛みしめるフィッツ。
 いったんはなりを潜めていたパイポルトの一党も再び蠢き始めていた。今度の狙いは王子だけでなく、〈気〉を持ちながら古き一族の旧敵ファーシーアに忠誠を尽くすフィッツ自身と、その主ゴールデン卿。フィッツは王子を、そして六公国の平和を守れるのか?

 圧倒的スケールの異世界ファンタジー〈道化の使命〉第2部。



『黄金の狩人』〈1〉〈2〉〈3〉(2010年1月刊)

 六公国を危機に陥れた外島人の“赤い船団”が撃退されて15年。
 真の王ヴェリティが去って後、王妃ケトリッケンが一粒種の王子を守り育てながら、なんとか平穏に国を治めてきた。

 一方、ヴェリティの兄であった第一王子シヴァルリの庶子フィッツ。暗殺者の弟子にして、今やファーシーア一族の不思議な力である〈技〉を継承する数少ない生き残りとなったフィッツは、〈気〉の絆を結んだ狼と、訳あって育てている孤児の少年と共に、隠遁生活を送っていた。
 そんなフィッツのもとに、かつての暗殺者の師シェイドが訪ねてきた。
 ファーシーア一族の影として、長年国王の暗殺者だったシェイドは、今では王妃の顧問官として、王妃を支えて表舞台で活躍していた。
 シェイドはフィッツに、宮廷に戻って若き王子に一族に伝わる〈技〉の使い方を教えてくれるように頼みにきたのだ。ヴェリティのいない今、教えられるのはフィッツだけだ。しかし自身の〈技〉と知識に自信のないフィッツが承知するはずもなかった。
 ところが訪問者はシェイドだけでは終わらなかった。次にフィッツのもとを訪れたのは、豪奢な身なりの見知らぬ若者。
 贅沢な服に身を包み、黄金色の肌に黄金の髪をした美しい若者。すっかり変わってはいたが、それは懐かしい道化だった。フィッツの祖父にあたる王に仕えていた不思議な白い道化。会わないでいた15年の間に、いったいなにがあったのか。

 そして自らを〈白の予言者〉と称し、フィッツを“触媒と呼ぶ道化の予言を証明するかのように、フィッツの周囲に変化の嵐が吹き始める。
 外諸島との和平のための結婚を目前にして行方不明になった、若き王子の捜索に招喚されたのだ。
 黄金卿こと道化の従僕と偽ってのフィッツの探索行が始まる。
 フィッツは、六公国の希望をになう若き王子を探し出し連れ帰ることができるのか?

〈道化の使命〉三部作堂々開幕。



〈ファーシーアの一族〉をお読みでない方のために。

『騎士の息子』上下

 物語の舞台は中世のヨーロッパを思わせる異世界。そこに〈技〉とよばれる、遠くを見、互いに意志を疎通させる不思議な力を持つ遠視者(ファーシーア)一族が治める六公国がある。沿岸に位置するベアルンズ、バック、リッポン、ショークスの四つの公国と、内陸のティルス、ファロウの二つの公国で成り立ち、そのうえに牡鹿城(バックキープ)に居をかまえる遠視者一族の王が君臨している。
 その国で世継ぎの王子の私生児として生まれた一人の男の子がいた。出自ゆえに庶子(フィッツ)と呼ばれるその子は母親の記憶をもたず、父は彼の存在ゆえに世継ぎの王子の地位を捨て、息子の顔を見ぬままに隠棲してしまう。顧みられることなく、犬や馬を友として厩舎で育てられていたフィッツだが、やがて祖父である国王の命令で密かに暗殺者としての教育を受けることになる。

 折しも長年の宿敵である外島人の赤い船団が、六公国の沿岸地域に頻繁に襲撃をしかけてくるようになった。赤い船団の捕虜にされた人々は、人間としてのいかなる感情も知性も失い、獣以下の存在となり果てて家族のもとに帰される。終わりのない襲撃と同胞を殺さねばならないという苦悩に公国は次第に疲弊してゆく。
 そんな六公国未曾有の危機を前に、これまで一部の王族以外には閉ざされていた〈技〉の訓練が再開されることになった。王子の庶子であるフィッツもようやく参加を許されるが、〈技〉の長はなぜか彼にむき出しの敵意をぶつけてきた。

 王家の影として生きる宿命を背負った少年の成長と試練。魔法と陰謀が渦巻く、壮大な異世界ファンタジーここに開幕!

* * * * *
『帝王の陰謀』上下

 山の王国での出来事ですっかり身体を壊してしまったフィッツ。思うようにならない自分の身体に若いフィッツはいらだちを隠せない。このままでは自分は暗殺者としても、王の臣下としても使いものにならない役立たずになってしまう……。
 しかもフィッツにはひそかに心に想う女性がいた。かつてバックキープの町で一緒に遊んだ、幼なじみの蝋燭店の娘モリーだ。
 フィッツはやっとの思いでバックキープの城に戻った。そして思いがけないことに、そこでモリーに再会する。だが王家の私生児と一介の侍女、周囲がふたりの仲を認めるわけはなかった。

 一方、六公国を取り巻く情勢も厳しさを増していた。赤い船団の襲撃は相変わらず続き、溶化される者も増える一方だった。継ぎの王ヴェリティは赤い船団を迎え撃つ船の建造に力を尽くし、同時にもてる〈技〉のすべてを注ぎ込んで襲撃を未然に防ごうとする。そんななか山の王国からひとり嫁いできた王妃ケトリッケンは、慣れない宮廷での暮らしに孤独を深めていた。

 どれほど手をつくしても、自分の力では赤い船団の襲撃を防ぎきれないと知ったヴェリティは、伝説の「旧きもの」を探し出し助力を乞いにいく決心をかためる。
 遠い昔、やはり外島人の襲撃に苦境に陥ったウィズダム王が、伝説の旧きものを探しにいき、彼らの助力を得て侵略者を追い払ったという。ヴェリティは藁にもすがる思いで、沿岸地帯が冬に閉ざされ、襲撃が途絶えている間に旧きものを探し旅立つのだった。

 ヴェリティの出立を密かに喜んでいるものがいた。第三王子リーガルである。王は体調が優れず、継ぎの王は不在、留守を託された王妃はまだ異国の宮廷に慣れていない。まさに好機到来。

 フィッツはリーガルの陰謀から六公国を、そして自分自身の身を守る事ができるのか?

『騎士(シヴァルリ)の息子』ではノージーとスミシーという、フィッツと絆を結んだ犬たちの存在が光っていましたが、今回は狼が登場。
 フィッツがバックキープの町の市場にある動物商の店で出会ったチビ狼。狭い檻のなかに閉じこめられ、やせ衰え、人間に対する凶暴な怒りではち切れんばかりの幼い狼、フィッツはそんな狼に自分の姿を重ね合わせてしまいます。そしてどうしても見捨てることができず、もうやるまいと決心していたにもかかわらず再び禁じられた〈気〉の絆を結んでしまうのです。このチビ狼とフィッツの深い絆は、今後の物語の展開に深く関わってきます。

 もうひとつ、忘れてはならないのが道化の存在。謎めいたことしか言わず、いつもフィッツをいらいらさせますが、フィッツを“触媒”と呼び、自分の運命は彼に深く結びついているのだと主張します。まだまだ謎の多い人物ですが、今後のキイ・パーソンになってくることは間違いなし。チビ狼とともにご注目ください。

* * * * *
『真実(ヴェリティ)の帰還』上下

 王位に野心を燃やす叔父のリーガルに捕らえられたフィッツ。命だけはなんとかとりとめたものの、払った犠牲はあまりに大きかった。ブリッチとシェイドをのぞいて、フィッツが生きていることを知るものはいないのだ。

 一方、バックキープでは、シュールード王は殺され、旧きものを求めて旅立った正統な継ぎの王ヴェリティは行方が知れない。身の危険を感じた継ぎの王妃ケトリッケンは、間一髪でリーガルの魔手を逃れて山の王国に旅立ったものの、付き従うことができたのは道化ただひとり。王位は簒奪者の手におち、沿岸諸公国は見捨てられた。
 フィッツは、死んだと思われていることを利用してリーガルに復讐すべく、絆を結んだ狼だけを伴い、単身内陸の地を目指す。だが、そこに待ち受けていたのは、リーガルと〈技〉をもったリーガルの連だった。

 リーガルの罠からフィッツを救ったのは、なんと行方不明となっている正統の王ヴェリティの、圧倒的な〈技〉の力だった。
「わがもとに来よ」ヴェリティの呼びかけに、すべてを投げ出してこたえようとするフィッツ。だが、王はどこにいるのか?
 一方、フィッツを捨てたはずの恋人モリーは、密かに彼の娘を産んでいた。このままではファーシーアの血をひく自分の幼い娘が、後継者争いに巻き込まれる。六公国に対する義務と我が娘への愛情の板挟みに苦悩するフィッツ。

 リーガルの魔手が迫るなか、フィッツは果たして王を見つけ、六公国を救うことができるのだろうか? 圧倒的なスケールと、驚愕の結末。
 〈ファーシーアの一族〉は、ついにクライマックスへ。

(2010年2月5日/2015年9月7日)



【2009年3月以前の「本の話題」はこちらからご覧ください】

ファンタジーの専門出版社|東京創元社
バックナンバー