今月の本の話題

2010.02.05

時を超えた切ない恋と陰謀の物語タイムトラベル・ファンタジイ決定版 スーザン・プライス『500年の恋人』[2010年2月]

 パブで忙しく働いていたアンドリアは、思わずわが目を疑った。目の前にいるのは、彼のはずはない。心を裂かれる思いで五百年前の世界に残してきた最愛の人ピーア、スターカーム族の美しき若者ピーアのはずが……。
 極秘のプロジェクトは中止になり、スターカームの世界に通じていた〈タイムチューブ〉は閉鎖されたはず。
 いぶかしむ彼女に、プロジェクトの責任者でかつての上司ジェイムズ・ウィンザーが、もう一度トンネルの向こうで働いてみないかともちかけてきた。
 愛しいピーアにもう一度会える……。アンドリアの胸は高鳴るが、それは新たな悲劇の幕開けだった。
 時を越えた恋と戦いを描いたガーディアン賞受賞の傑作タイムトラベル・ロマンティック・ファンタジー『500年のトンネル』続編!


『500年のトンネル』
 21世紀の私企業が莫大な費用をかけ極秘裏に開発した〈タイムチューブ〉。トンネル様の装置を抜けると、瞬時に別次元の時空間に移動することができる。調査隊が乗り込んだ先は16世紀のイングランド/スコットランド辺境地帯。そこでは戦いに明け暮れる荒くれ者のスターカーム一族が待っていた!
 21世紀人は〈エルフ〉として畏れられる存在となり、〈人の国〉と呼ばれる16世紀側に対して未来の産物である「鎮静剤」を大量に提供、見返りに天然資源を要求する。共通言語のない異世界同士、契約など成立するのか?

 21世紀から派遣された女性研究員アンドリアは、16世紀の美しく勇敢な若者ピーアと出会い、互いに唯一無二の存在となった。たとえふたりの帰属する世界が天と地ほども異なっていたとしても……。
 無機的な21世紀と人間臭に満ちた16世紀のあいだに勃発した、時空を越える戦争にはばまれ、ふたりが苦難の末に選びとる道とは? 

 ガーディアン賞受賞のタイムトラベル・ファンタジー。

三村美衣による、スーザン・プライスの同シリーズ作品『500年のトンネル』解説を読む

(2010年2月5日)


ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!
バックナンバー