今月の本の話題

2012.04.05

世界で一番愛されている少女探偵、ナンシー・ドルー登場! キャロリン・キーン『ナンシーの謎の手紙』[2012年4月]


●最新作『ナンシーの謎の手紙』

 寒さで凍えそうな老いた郵便配達夫を見かね、自宅に招いて暖かいココアをふるまったナンシー。
 ところが、その親切があだとなり、玄関先にあったはずの手紙がカバンごと盗まれてしまったのだ。なかにはロンドンから送られてきたらしい謎の手紙や、父のカーソン宛の依頼人からの書留も入っていた。
 慌てたナンシーは、手紙を取り戻すべく調査を開始する。
 調べてみると、盗まれたなかにあった謎の手紙が、遺産を相続したナンシーと同姓同名の別人を捜して欲しいとの依頼だったことが判明。
 手紙の盗難と正体不明の遺産相続人、ふたつの謎をめぐり、おなじみベスとジョージの親友ふたりとボーイフレンドのネッドも加わり、ますます好調少女探偵シリーズ第8弾。解説=はやみねかおる



『日記の手がかり』

 ナンシー、ベス、ジョージの仲良し3人組が、カーニバルで出会った母子。父親が行方不明で生活も苦しいらしい。幼い女の子ハニーのあまりの愛くるしさに、なんとか助けてあげらないものかと相談しつつの帰り道、3人は不審な火事に遭遇する。
 家人が留守らしい立派な屋敷が、爆発音とともに火の手に包まれたのだ。なんとか原因を調べようと屋敷の裏手にまわったナンシーは、慌てて逃げるひとりの男を目撃。さらに男が潜んでいたあとに謎の手帳が落ちているのをひろって、がぜん探偵心を刺激される。
 手帳に書いてあったのは、よりによってスウェーデン語。馴染みのパン屋さんの協力を得てなんとか解読したはいいが、そこには意外なことが書かれていた!

 親友ふたりに、新たに知りあった気になる男の子ネッドも加わって、少女探偵ナンシーの捜査が始まる。世界中で愛され続けているロングセラーシリーズ。

 大人気シリーズ第7弾。解説=山崎まどか




『レッド・ゲート農場の秘密』

 親友ベスが買ったひと瓶の香水、それが、ナンシーを新たな事件に導くことになろうとは……。
 親友のベスとジョージと一緒の買いもの帰りに知りあった少女ジョアン。
 彼女がおばあさんと住んでいるレッド・ゲート農場が、存続の危機にあると知り放っておけなくなったナンシーは、援助の手をさしのべるべく、早速三人での農場滞在を決める。
 他の下宿人も決まりひと安心と思ったのも束の間、農場の土地を強引に手に入れようとする男は出没するわ、敷地の一部にあやしげな新興宗教の集団がすみついているわ、なんだか周囲はきな臭いことばかり。
 すっかり探偵心をくすぐられたナンシーは、早速農場のまわりの探索をはじめるのだが…… 。

 大人気シリーズ第6弾。解説=太田忠司




『シャドー牧場の秘密』

 親友のベスとジョージが滞在しているシャドー牧場で休暇を過ごすことになったナンシー。
 ところが牧場では物がこわれたり事故がおきたり、伝説のアウトローの呪いがかかった幽霊の馬が出現したりと、気味の悪いことが続いていた。
 さらには、空港でナンシーの荷物が盗まれかけ、ベスとジョージが乗ってきた車は砂漠で立ち往生と、まるでナンシーの牧場行きを妨害してでもいるかのようなことが次々とおこる。
 だが、そんなことでひるむようでは少女探偵の名がすたる。がぜん闘志をかき立てられたナンシーが、友人とともにシャドー牧場の謎に挑む! 

 大人気シリーズ第5弾。解説=青木純子




『ライラック・ホテルの怪事件』

 友人エミリーが婚約者と一緒に近々オープンする〈ライラック・ホテル〉に招待された、ナンシーとヘレン。ところが、カヌーでホテルに向かう途中、不審な男にカヌーを引っくりかえされてしまう。思わぬ災難にびっくりのふたり。だが、不審な出来事はそれだけではなかった。 オープン前のホテルでは、幽霊がでると従業員が辞めてしまうし、ホテルの内外でどうも怪しい事件が頻発しているらしい。 エミリーに頼まれて調査をはじめた折もおり、ナンシーたちのバンガローが放火される始末。 一方ナンシーの留守宅が盗難にあい、さらにはナンシーの偽物が勝手に買いものまでしているらしい。いったいなにが起きているのか? 犯人の目的は?

 ナンシーの偽物あらわる! 好評シリーズ第4弾。解説=菅浩江




『バンガローの事件』

 親友のヘレンと湖でボートに乗っていたナンシーは、ものすごい嵐に遭遇、ボートが転覆して危ういところを、天涯孤独の少女ローラに助けられる。
 持ち前の明るく積極的な性格で、さっそくローラと仲良くなるナンシー。だが恩人ローラは、亡くなった母の友人という後見人との初めての面会に、不安をつのらせていた。
 ナンシーの見たところ、どうやら後見人夫妻はあまり愉快な人たちではなさそうだ。おまけにどうも態度がおかしい。
 ちょうどその頃、ナンシーの父ドルー弁護士は、銀行の有価証券盗難事件を手がけていた。ナンシーも調査に協力するのだが、調べるにつれ、事件は意外な展開をみせはじめる……。

好調、少女探偵ナンシー・ドルー・ミステリ第3弾。解説=坂木司




『幽霊屋敷の謎』

『古時計の秘密』事件で、少女探偵として名をあげたナンシー。今度は友人ヘレンの依頼で、彼女の大叔母とその母親の老婦人が住む幽霊屋敷の調査にのりだすことになった。
 屋敷では二週間ほど前からありとあらゆる奇妙な現象が立て続けに起きているうえ、なんと盗難まであり、ふたりの老婦人は怯えきっているという。
 ナンシーは、さっそくヘレンとともに屋敷に行って綿密な調査を始めるが、“幽霊”の正体はいっこうにつかめない。
 一方、鉄道橋建設のための土地買収の件で、鉄道会社側の弁護士を務めるナンシーの父の身にも、危険が迫っていた。

 正義感が強く、行動力抜群の少女探偵ナンシーが大活躍する、シリーズ第2弾。




『古時計の秘密』

 ナンシー・ドルー18歳。正義感が強く好奇心旺盛な高校生。
 弁護士である父から贈られた、お気に入りのコンバーチブルでドライブ中、あやうくトラックにぶつかりそうになった女の子を助けたことから、女の子を育てている老姉妹と知り合いに。
 姉妹の窮状を見かねて事情を訊くと、これまで援助の手を差し伸べてくれていた金持ちの老人が亡くなり、最後に老人をひきとった欲深な一家が遺産を独り占めしてしまったのだという。
 よくよく調べてみると、困っているのは、老姉妹だけではなかった。ひとり暮らしで、満足に医者にもかかることのできない老女や、歌のレッスンを受けたいのにお金のない娘とその姉、みんな欲深な金持ち一家のせいで、困っていたのだ。
 その傲慢な一家の鼻をあかし、みんなに遺産がいきわたるようにすべく、ナンシーは隠された遺言書捜しに奔走する……
 魅力的な少女ナンシーが、大人顔負けの活躍で事件を解決する。長年にわたり世界中で多くの人々に愛され続けてきた、少女探偵ナンシー・ドルー・ミステリの記念すべき第1作刊行!
(2007年10月5日/2012年4月5日)


ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!
バックナンバー