今月の本の話題

2009.08.05

英国児童文学の女王ジョーンズの奇想天外なファンタジー ダイアナ・ウィン・ジョーンズ『魔法泥棒』[2009年8月]

 これまで英国における魔法活動は、裁定評議会の面々によって常に綿密に組織されてきた。
 だが、その裁定評議会内部リングの一員(もちろん魔法使いだ)がある日奇妙な事実に気づいた。
 どうやらどこぞの異世界が、地球の産業技術をこっそり盗みとっているらしいのだ。
 そうはさせじと、敵の監視機関(そこにいるのはどうやら男ばかり)を攻めるべく、英国の精鋭魔法使いによる襲撃隊が結成された(でも乗り物はバスだったりする)。
 ところが空間を超える最中に発生した予定外の事故のせいで、襲撃隊で生き残ったのは女性5人だけ。そこに密航者の母子も加わり、地球の魔女たちの奇想天外な襲撃がはじまった!
 対するはいずれも手強いアルス(これが監視機関の名前らしい)の魔法使いたち。ケンタウロスや謎の種族も加わって、さあ、どう迎え撃つ!

 おなじみ英国児童文学の女王ジョーンズによる、ジョーンズらしさ満載の愉快な愉快なファンタジー。

(2009年8月5日)

 


ファンタジーの専門出版社|東京創元社
バックナンバー