全記事一覧

2017.04.21

「おすすめ文庫王国2017」第1位に輝いた『雪の鉄樹』で話題となり、今、最も注目を集める気鋭の著者・遠田潤子。2017年4月に刊行される『冬雷』は、冬雷が鳴る町を舞台に濃密な人間ドラマを描いた、最高...

2017.04.20

2017年4月に刊行される『冬雷』は、因習に縛られた古い町を舞台に、青年が過去の失踪事件の真相を探る長編ミステリです。著者の遠田潤子氏に執筆秘話をメールでお伺いしました。 ――まず、本書のテーマを、...

2017.04.19

「小説の魔術師」の異称をもつ作家・久生十蘭。彼の代表作と謳われる長篇小説『魔都』が4月21日、創元推理文庫から刊行されます。  昭和10(1935)年の元日を軸として、三十時間のあいだに帝都・東京で...

2017.04.18

〈(株)魔法製作所〉ファンの皆様、お待たせいたしました。シャンナ・スウェンドソンの新作〈フェアリーテイル〉いよいよ刊行です!  舞台は同じ現代のニューヨーク。  ブロードウェイで大成功し、一躍スタ...

2017.04.17

お買い得すぎて、盗めない。 (価値のないもの専門の怪盗ニック・談) ライバル〈白の女王〉初登場作品に加え、 本邦初訳エピソードを6編も収録! * 「価値のないもの、もしくは誰も盗もうとはしないもの」...

2017.04.11

『韓非子』の一篇に、「どんな盾も突き通す矛」と「どんな矛も防ぐ盾」を売っていた楚の男が、客から「その矛でその盾を突いたらどうなるのか」と問われ、返答できなかったという話がある。もし矛が盾を突き通すな...

2017.04.10

 ウィーンの女弁護士エヴェリーンとドイツの刑事ヴァルター、ふたつの異なる事件が交わる時、その恐るべき全貌が明らかに……。  見事なストーリーテリングと、魅力的な登場人物で大評判になった『夏を殺す少女...

2017.04.07

今もっとも注目のミステリ作家の一人である芦沢央。2016年に発表した『許されようとは思いません』は各年末ランキングにランクインし、その切れ味鋭いホワイダニットが絶賛されました。さらにこの作品は第38...

2017.04.05

春の訪れを感じるようになった今日この頃。「ミステリーズ!」も充実したラインナップでお届けします。 まず、〈フロスト警部〉シリーズを大特集! いよいよシリーズ最終巻『フロスト始末』の刊行が近づいてきた...

2017.04.01

創元推理文庫から好評発売中の、河野裕先生『最良の嘘の最後のひと言』。本書の刊行を記念して、2月22日から3月21日まで、特設サイトでキャンペーンを行いました。 本書に登場する大企業〈ハルウィン〉の超...
Back Number
さらに昔の記事を見る