全記事一覧

2017.09.19

超絶美形の絵師・有村礼と、彼が描く絵を心から愛する雑誌記者・里見高広。ふたりの青年を中心に華麗なる明治の世を描く〈帝都探偵絵図〉シリーズの第四弾、三木笙子『怪盗の伴走者』が満を持して文庫化となります...

2017.09.14

●最新刊『湖の男』  その白骨は、干上がった湖の底で発見された。発見したのは、たまたま湖の調査に訪れたエネルギー庁の研究員。湖の水位が異常な速さで下がっている原因を調べているところだった。もし水位が...

2017.09.13

デビュー作ながら、「このミステリーがすごい!」「週刊文春ミステリーベスト10」「本格ミステリ・ベスト10」にランクインし、絶賛を浴びた第26回鮎川哲也賞受賞作『ジェリーフィッシュは凍らない』。 待望...

2017.09.12

「上善如水」と聞けば、日本酒を思い浮かべる人はかなりの酒好きと思えますが、これは本来、老子の言葉で、水に「最上の善」を見出して、「他人よりも上に行こう」「他人を蹴り落してでも上を目指そう」とかではな...

2017.09.11

東京創元社では品切れ中の文庫作品を対象として、毎年"復刊フェア"を開催しています。 ここから紹介するのが、2017年9月下旬よりおこなわれる本年度フェアの復刊作品全10点です。ご購入の参考にどうぞ。 ...

2017.09.06

 両親を交通事故で失い、ひとり伯父の家に引き取られた綾乃。ひとりぼっちの綾乃には、誰にも言えない秘密の親友がいた。  それは幼いころ洞穴の割れ目で眠っていたところを見つけた、掌に載るくらいの小さな白...

2017.09.06

「モリーに宇宙服が出はじめたのは春だった。」――肌が宇宙服に変わって飛んでいってしまう人々、恋人に贈られた手編みセーターの中で迷子になる男、誰もが常に金魚鉢を抱えていなければいけない星でのバカンス、...

2017.08.30

 人間精神的に弱っていると、自分を持ち上げてくれる人に影響されやすくなります。今作の主人公・不破真尋も、数年前に事件に巻き込まれ心に大きなトラウマをずっと抱えたまま、ひっそりと暮らしています。目立た...

2017.08.25

 はるか昔、大きな戦があった。戦は長く続き多くの血が流れ、誰にも止めることができないほど世は乱れた。あまりの乱れに、ついに島々が怒り、天変地異が次々と起こった。ある島は火を噴き、ある島は海に沈み、残...

2017.08.23

珠玉の犯人当て 異様な心理実験、矛盾する目撃証言 亡命化学者殺し解明の鍵はどこに? 名探偵ウィリング博士登場の本格ミステリ * 本書『月明かりの男』は1940年に発表されたヘレン・マクロイの第二長編...
Back Number
さらに昔の記事を見る