全記事一覧

2017.05.29

 受験勉強を終え、希望に満ちあふれた気分で向かうキャンパス。数多くのサークルや部活動の勧誘を掻き分けてオリエンテーションや授業に向かう新入生の様子は、4月の大学の風物詩です。もちろん、若い読者の方は...

2017.05.29

 徒然草の五十二段に、仁和寺の法師の話がある。  仁和寺の法師が、年取るまで石清水八幡宮に参詣したことがないことを心残りに思っていた。あるとき思いたって出かけた。極楽寺や高良神社に参詣して、思いを遂...

2017.05.25

 第1部『堆塵館』を読んだ読者の皆様から、「続きが待ちきれない!」「早く2巻を!」と悲鳴があがる〈アイアマンガー三部作〉  その熱いご要望にお答えして今回もゲラ版読者モニターを実施しました。  ロン...

2017.05.23

2017年5月に刊行される『開化鐵道探偵』は、明治12年、鉄道トンネル工事で続発する妨害事件の謎を描く長編ミステリです。著者の山本巧次氏に、執筆秘話をメールにてお伺いしました。 ――まず、本書のテ...

2017.05.19

その石は 幾多の名で呼ばれている。  聖なる生命の石  王の羅針盤 フィーンの至宝  大いなるダイヤモンド 光の剣…… されど 銀色狼が歌い 瑠璃色の鳥が舞う 遙か遠いランゲフニーでは  それは 唯...

2017.05.19

〈サラファーンの星〉は不老長寿の種族フィーンの聖なる石をめぐる四部作です。サラファーンの星と呼ばれるその石を、人間の王子ダイロスが奪ったことで世界の均衡が崩れて戦争が始まりますが、第三部となる本書で...

2017.05.16

『浜村渚の事件ノート』では数学好きの中学生、『ヘンたて』では奇妙な建物を研究する学生、『西川麻子は地理が好き。』では地理マニアの参考書編集者といった、個性的な名探偵を生み出してきた青柳碧人さん。 そ...

2017.05.15

 サンデー・タイムズのベストセラー第1位、日本語版も第3回翻訳ミステリー大賞受賞、第3回 AXNミステリー「闘うベストテン」第1位 という大好評をもって迎えられたオーストラリアの作家ケイト・モートン...

2017.05.11

 第16回本格ミステリ大賞受賞作『死と砂時計』が、この度、文庫化されることとなりました。‬ * * *  あらかじめ死が決定している人間を、なぜ殺さなければならないのか?‬  本書の劈頭を飾る第一話...

2017.05.10

2008年からスタートした『年刊日本SF傑作選』は、おかげさまで今年10冊目を迎えます。 ということで、いつもよりひと足早く、目次を公開いたします! 『行き先は特異点 年刊日本SF傑作選』目次 (収...
Back Number
さらに昔の記事を見る